学園ホーム高等学校ホーム > 学校紹介 > 進路指導

進路指導

進路バックアップシステム

個別に対応したきめ細かい進路指導

付属高校の特性を活かし、日本大学と連携した学部説明会・大学模 擬授業、最新情報を提供する進路ガイダンス、大学受験科目に連動した科目選択説明会などを実施しています。

また、生徒一人ひとりの個性に応じて希望をかなえられるよう、個別に相談できる個人面談、三者懇談などを通じて、生徒・保護者・学校が三位一体となり進路実現をバックアップします。

全国を視野に入れた指導体制

スパイラル学習システムと連動し、受験対応力を高める場として課外講習・夏期講習・冬期講習などを行い全国レベルの実力を身につけることができます。

さらに、進路決定の指針となる全国模擬試験が年間行事予定に組み込まれているのも特徴です。
ほかに、英検・漢検などの各種検定対策や推薦入試・AO入試対策として小論文指導にも力を入れています。

3つの推薦入試制度で、80%以上が日本大学への進学可能

平成27年度に実施される推薦入学試験から日本大学への推薦入試制度が新しくなります。
(平成25年度高校入学生から対象)
日本大学付属高校の生徒は全員(一学年約9000名)「基礎学力到達度テスト」を受験します。

「基礎学力到達度テスト」は、高校3年間で4回(1年生4月、2年生4月、3年生4月および9月)行われ、その結果などをもとに3つの方式による推薦が行われます。

1. 基礎学力選抜方式

高校2年の4月、3年の4月、3年の9月に実施される「基礎学力到達度テスト」の結果による推薦制度です。

2. 付属特別選抜方式

調査書の内容、取得資格および部活動・生徒会活動等に重点を置いた推薦制度です。

3. 付属推薦国公立併願方式

基礎学力選抜方式と同様に3回の「基礎学力到達度テスト」の結果による推薦制度ですが、国公立大学に合格した場合のみ、推薦を辞退できる制度です。

ページの先頭へ