学園ホーム高等学校ホーム > 学校紹介>特進コース

特進コース

コースの特色

学習効果を最大限に高める、特進コースの環境と指導体制。

北海道大学をはじめとする国公立大学や難関私立大学進学を目標とするコースです。
月曜日・水曜日は7時間授業、第1・3・5土曜日は4時間授業を実施し、週平均の授業時間は34時間を確保。さらに進化した「新スパイラル学習システム」で大学受験を突破する学力を完全サポート。
また、センター試験後は「北大英語」・「樽商大数学」など、大学別二次試験対策講座を開講し、第一志望校突破へ導きます。

コースでの学び

質の高い知識と学力を身につける

現在の大学入試は、読み取る力、考える力のように基礎学力に基づく論理的思考力を重視する傾向にあります。

特進コースでは、本校独自の「スパイラル学習システム」による基礎学力の徹底した習得はもちろん、質の高い知識・教養の習得だけでなく論理的思考力の育成を目指し、自らの知的フィールドを広げながら全国レベルの大学進学に通用する実力を身につけます。

学年の枠を越えたコースフロアー制を導入

国公立大学や難関私立大学入試を突破するためには、学力もさることながら大学に関するさまざまな情報や強い進路意識が不可欠です。

特進コースの特性をより鮮明にし、学習環境を整えるため、校舎3Fは特進コース専用のフロアーになっています。

また、卒業後を見通した学習指導・進路指導を行うため、英・数・国を中心に特進コース担当教員が配置されています。

まっすぐに学ぶための支援体制

夜8時まで利用できる図書館など、自習環境を整備。

札幌日大高校では、校内に自習のための環境を整えています。校舎1階および2階は総合進学コース専用フロア、3階は特進コース専用フロアになっています。

また、新たに、当番教員を配置し安心して本校図書館を夜8時まで利用できる様に自習環境を整備。
2階職員室前には個別指導コーナーが2ヶ所(12席)あり、朝の登校時や、昼休み、放課後部活動の合間を無駄なく利用する事ができ、教科担当の先生に質問しやすいと生徒に好評です。

コースの将来

特進コースの進路目標は、国公立大学および難関私立大学です。

2年次に文系、理系の各クラスに分かれ、一人ひとりの可能性を最大限追求するサポート体制を整えています。

合格実績
道内国公立大学 北海道大学、旭川医科大学、小樽商科大学、北海道教育大学、室蘭工業大学、帯広畜産大学、北見工業大学、札幌医科大学、はこだて未来大学、釧路公立大学、札幌市立大学 ほか
道外国公立大学 京都大学、一橋大学、東京外国語大学、東北大学、筑波大学、弘前大学、岩手大学、山形大学、電気通信大学、首都大学東京、東京海洋大学、金沢大学、茨城大学、宇都宮大学、群馬大学、高知大学 ほか
私立大学 早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学、明治大学、立教大学、法政大学、中央大学、青山学院大学 ほか
日本大学 医学部、歯学部、松戸歯学部、薬学部、法学部、生物資源科学部(獣医学科ほか)、芸術学部 ほか
講習・模擬試験・検定
充実した課外講習

授業中心の基礎学力養成に加え、大学入試への実践力養成を目的とした放課後講習(春期・秋期)・長期休業講習(夏期・冬期)も充実しています。

模擬試験で全国レベルの学力診断

特進コースがめざす進学目標は全国レベル。

1年から3年まで計画的に配置された模擬試験で学力の推移や目標までの距離を測定し、学習計画を立てることができます。

各種検定試験

英検・漢検を中心とした検定試験を推進。問題集による対策や、模擬面接などの対策も充実しています。

※英検については、学校で全員受験としています。

ページの先頭へ