学園ホーム高等学校ホーム > スクールライフ > 国際交流

国際交流

グローバルな視野を持った国際的な人材を育成

21世紀に入り、「グローバル」という言葉はさまざまな場面で使われています。グローバルな視野を持つためには、海外の文化・言語、そして何よりも人間同士のふれあいが重要であると考えています。

本校では、開校10周年記念事業としてオーストラリアの3校と姉妹校提携し、短期・中期・長期の留学生派遣・受け入れといった交流事業を行っています。また、日本大学の提携校であるイギリス ケンブリッジ大学にて実施される「日本大学付属高校語学研修プログラム」に毎年3名を派遣しています。海外において、異文化に触れ、今の自分を見つめ直すことで、ひとまわり大きくなった自分を感じることができるはずです。

海外留学制度を利用し、のべ290名が貴重な留学体験をしています。

姉妹校
オーストラリア
イラワラ・グラマー・スクール (ウーロンゴン/ニューサウスウェールズ州)
ナサリア・セカンダリー・カレッジ (ナサリア/ビクトリア州)
ヘイルベリー・カレッジ (メルボルン/ビクトリア州)
中国
上海文来高校 (中国/上海市)
青島第58中学(高校) (中国/青島市)
韓国
仁川科学芸術英才学校(高校) (韓国/仁川)
短期留学

姉妹校で2~4週間ほどの研修を行っています。毎年多くの生徒が貴重な海外体験をしています。
※このほか、日本大学の提携校ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジでの語学研修(17日間)にも毎年5名(春3名・夏2名)の生徒を派遣しています。

留学生の声

ケンブリッジ大学イースタープログラム研修
トビタテ留学JAPAN(アメリカ マサチューセッツ州へ留学)
オーストラリア語学研修(イラワラ・グラマースクール,ヘイルベリー・カレッジ)

この学校には、たくさんのチャンスが転がっています。海外に興味があるひとは、色々な留学制度が背中を押してくれ、アジア・欧米・欧州に限らず、たくさんの国や地域へ成長しに行くことができます。

私は、在学中に3度海外留学を経験させていただきました。この経験から大切なことを2つ見つけました。

1つ目は、コミュニケーション力です。

言葉が伝わりづらい環境の中、どうにか相手に自分の気持ちを伝えるため、試行錯誤して会話を交わしたり、初めて会う人と交流を深め、一緒に目標を達成させることが出来ました。その新鮮な体験の中から、人との関わり方と自己表現の仕方を学びました。

2つ目は、たくさんの友達に出会えたことです。

その人脈は、たくさんの国に渡り、自分を成長させてくれたとても大切なものです。

現地の学生、教授、他国から来た留学生や、日本全国の同じ志を持った高校生との交流からたくさんの刺激を受け、留学後この先ずっと高め合える良い関係を築けました。

このような体験から、留学の中でたくさん刺激を受け、チャレンジして自己成長できました。

プレミアSコース 前原 慈英君
(千歳市立青葉中学校出身)

ページの先頭へ