講義・講演

「いのちの授業」を行いました

 7月10日(水)中学2年生を対象に「いのちの授業」を行いました。

 誕生学アドバイザーである渋谷容子先生を講師としてお招きし、命の始まりの大きさ、命をつなげる力、変わってゆくからだと心について、また自分を守るための意識を育むための知識をスライドやVTRを用いて分かりやすく講演して頂きました。

 赤ちゃん抱っこ体験、妊婦疑似体験も実施しました。両親からの愛情を受け取りここまで育てられてきたこと、自分を大切にするために今必要なことを学習し、命について、性について、性的マイノリティーに限らず、多様性を認め合い、誰もが自分らしく生きられるということを考える良い機会となりました。 

 

 

TITLE 高2MLP(医療系探究講座)で外部講師による特別授業を行いました 

 6月10日(月)と17日(月)の2週連続で、昨年度に引き続き、外部の方を講師にお呼びして、特別授業を行いました。 

 6月10日は、札幌弁護士会の諏訪先生、土田先生、福田先生に出前出張授業「患者の権利とドナーの権利~臓器移植について考える~」をしていただきました。最初の1時間で、臓器移植法改正の歴史や臓器移植の現況と問題点について講演していただき、次の1時間で、グループに分かれてディベート方式でのワークショップをして、内容を深めました。 

 また、17日には北海道大学遺伝子病制御研究所で分子神経免疫学分野の半田助教に、基礎医学について講義をしていただきました。半田先生は北大の医学部でも大学生に教えているため、高度な医学知識を高校生にも分かりやすく説明してくださいました。研究医の方から話を聞くのが初めてだった生徒も多く、講義後のアンケートには、医学研究という分野に新しく興味を持った生徒が多くいました。 

 

 

 

 

 第1回保護者会セミナー開催

 2024年6月8日(土)、保護者会主催による「第1回保護者会セミナー」がNリンクで開催されました。セミナーは卒業生の保護者の方、6名を講師に招き、「保護者の受験体験談」の交流を図る内容でした。 

 講師の方々には、「志望校の選択と決定時期」「塾選びについて」「親として大変だった時期。また、どのように乗り越えたか」など実際に体験したことを伝えていただき、これから受験を迎える在校生の保護者の方々へのメッセージも込めた講演内容となりました。 

 当日は81名の保護者の方々に参加いただきましたが、講演の感想では「受験生の保護者の生の声を聞くことができて良かったです」など、非常に好評でした。講師を引き受けていただいた皆様、企画運営をしていただいた保護者会事務局の皆様、大変ありがとうございました。 

 第2回目は11月に予定していますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。 

中学校で交通安全教室をおこないました

 5月17日(金曜日)の6時間目に交通安全教室が行われました。

 北広島市の市民生活課より、2名の職員の方が講師として来校し、中学生の交通事故の実態や、事故の状況などを報告がありました。その後、DVDの上映ののち、交通事故や自転車の利用のルールの確認を行いました。

 交通事故にあわないように気を付けるのはもちろんのこと、自転車は軽車両であることの自覚を持ち、事故の被害者だけではなく加害者にもならないように心がけることを改めて学ぶ機会となりました。

 一年間、全生徒が無事故で安全な生活を送れることを願います。

 

【中学部】中学3年生いのちの授業を行いました

 令和6年2月21日(水),中学3年生を対象にいのちの授業を行いました。15歳のいのちに贈る 今と未来のためについて、誕生学協会 いのちの授業・誕生学プログラム認定講師、渋谷容子先生を講師としてお招きし、学びました。

 命の始まりの大きさ、命をつなげる力、変わってゆくからだと心について、また自分を守るための意識を育むための知識をスライドやVTRを用いて分かりやすく講演して頂きました。    

 15歳の自分が今考えるべきこと、両親からの愛情を受け取りここまで育てられてきたこと、自分を大切にするために今必要なことを学び、命について、性について、性的マイノリティーに限らず、多様性を認め合い、誰もが自分らしく生きられるということを考える良い機会となり、笑顔あふれる授業となりました。 

 講演後は,両親からの直筆の手紙と保健室から9年間の成長記録が手渡されました。

 

 

1年SGL・MLP『北方領土語り部講演』を行いました

 1年生SGL・MLPの生徒が、内閣府北方対策本部北方領土啓発次世代ラボの講師 鶴田岳也さん(本校卒業生,在校時北方領土サポーターとしてビザなし交流で択捉島を訪問)他2名の講師の方から北方領土問題の歴史等について講義を受け、元島民の方から当時の島の生活や引き揚げた際の様子についてお話を聞きました。

 その後、グループに分かれ、「もし、北方領土が返ってきたならあなたは何をしたいですか?」という問いについて話し合い、発表をしました。生徒にとって、日本を取り巻く情勢について理解を深める機会となりました。

 また、この「北方領土語り部事業」について、北海道新聞に記事が掲載されましたので紹介させていただきます。

 

 

「北方領土語り部事業」について、北海道新聞に記事が掲載されましたので紹介させていただきます。

 北海道新聞の記事はこちら

 北海道新聞社許諾D2401-2501-00027624

 また、1月19日に北海道新聞北広島版にも掲載されていますので紹介させていただきます。

 北海道新聞の記事(北広島版)はこちら

 北海道新聞社許諾D2401-2501-00027663

1月10日教育講演会のお知らせ


『EUがあなたの学校にやってくる』講演会を実施しました。

 11月10日(金)、ディミトリオス・カラミツォス-ジラス駐日ギリシャ共和国大使をお招きし、『EUがあなたの学校にやってくる』講演を開催しました。 EUの成り立ちから、その理念と現状、EU・ギリシャと日本・北海道の関わりに至るまで、詳しくお話してくださいました。今、話題となっているウクライナとギリシャ・EUとの関わりについても触れられており、最新の国際情勢を材料に、生徒たちに現在の世界について考えるヒントをいただきました。

 2時間近くの講演は、知的好奇心を刺激される内容で、生徒は真剣に聞き入り、質疑応答では積極的に質問をしていました。生徒の質問一つ一つに対して笑顔で丁寧に答えてくださるジラス大使の姿がとても印象的でした。たいへん有意義な講演会となりました。

 

 

 

 

 

 

韓国の姉妹校との国際科学交流を実施

 2023年11月1日(水)~3日(金)の3日間、韓国にある本校の姉妹校の仁川科学芸術英才高等学校(IASA)の生徒13名が来校し、SSH選択の生徒たちと科学交流を行いました。

●11月1日(水):1日目

 IASAの生徒たちはこの日の午後に本校に到着しました。本校到着後後すぐに、SS未来創造Ⅰの授業に参加してもらい、1年生SSH選択者60名と科学交流を行いました。この日のSS未来創造Ⅰの授業は、大阪教育大学の仲矢史雄先生をお招きし、「BLACK BOX」の中を探るというワークショップにより、科学研究の手続き(未知な対象へ科学的に合理的にアプローチし、仮説を立て、論証し、研究者間で協議して、もっとも合理的な結論に達する)を体験し、今後の課題研究にフィードバックすることを目的とした授業でした。生徒たちは共通言語である英語を使いながら、また時には日本語、韓国語、身振り手振りを交えながらコミュニケーションをはかり、「BLACK BOX」の内部構造について議論を交わしました。ワークショップのプレゼンテーションでは全て英語で質疑を行い、初めは英語を用いたコミュニケーションに不安そうにしていた生徒もどんどん発言するようになり、科学コミュニケーション力も高めることができました。

放課後は、歓迎会とホームステイ引き渡し式を行い、ホストファミリーと一緒に帰宅し、日本の家庭生活を体験しました。

●11月2日(木):2日目

 IASAとの交流2日目。この日の午前中は、1年IBコースの英語の授業にIASAの生徒たちが全員参加をした後、ホストファミリーとなっている生徒のクラスの授業にも参加して、多くの生徒と授業交流を行いました。また、3時間目は、科学交流として、本校SSHの生徒たちとお互いの課題研究を発表し、英語での質疑を行いましたIASAの生徒たちの積極性や真剣に質疑を行う姿に引っ張られ、本校の生徒も積極的に質疑を行うようになっていきました。

 午後は北海道大学大学院生命科学院転成ソフトマター研究室の黒川孝幸教授を訪ね、ゲルの最新研究について学ぶとともに、研究室の実験機材や実験方法についての説明を受けました。

北大の訪問が淡った後、IASAの生徒たちはバディの生徒たちとともに札幌狸小路周辺を散策しました。

●11月3日(金):3日目

 IASAとの交流3日目。この日IASAの生徒たちはバディの生徒たちとともに野幌にある北海道開拓の村を訪れ、北海道の歴史を学んでもらいました。その後、新札幌駅周辺を散策し、見送りとなりました。わずか3日間でしたが、本校の生徒たちは英語を共通言語として科学だけでなくさまざまな分野で関わりを持ち、IASAの生徒たちと互いに打ち解けることができました。この経験から多くの生徒たちが英語を用いることに抵抗感がなくなったのが顕著になりました。

来月は本校の生徒たちが仁川を訪れ、IASAで再び科学交流を行う予定です。

【高校部】SGLの授業で特別講演会を実施しました

 高校2年生SGLの授業において、ゲストの講師をお招きして、「グローバルに考え、ローカルに働く」をテーマに、4回連続シリーズの講演会を実施しています。

9月11日 伊藤哲也氏(編集者兼ライター)「地域史を編むという仕事」
 雑誌の編集長などを務めた経験を踏まえ、積極的に異文化に触れ、それを吸収することで、自分自身の属する文化を相対化して考えることができるようになることの重要性を伝えて下さいました。講演の最後には、そうした異なる価値観を知る機会となる十冊程度の書籍を紹介していただき、その本が書かれた裏話などもお話しいただきました。生徒たちにとって非常に興味深く貴重な機会となりました。

9月25日 井上美香氏(フリーライター)「人生を楽しもうー『知る』ことと、物語を『発見』すること」
 北海道における女性ライターの草分けとも言える方の半生を伺い、また当別町史編纂に関わり、戦争中にも関わらず、廃棄命令を無視して保存された敵国アメリカからの青い目の人形や、終戦間際に描かれたのどかな風景は、戦時体制の援農作業を描いた絵であった話、ローカルとグローバルが交わった話など、興味深く生徒たちは聞いていました。生徒たちには、「好き」なことを見つけ、それを掘り下げていくことの重要性を伝えていただきました。


10月2日 宮司正毅氏(元当別町長・株式会社tobe代表取締役) 「北海道におけるGlocalization」

 三菱商事時代の話など、グローバルに働いてきた半生を興味深くお話しをされていました。グローバルに働く上で知っておくべきカントリーリスク、しかし、危機を回避するという視点のみだけではなく、プロジェクトを成功させるためには、「現在の世界の情報をしっかりと知っておくことが重要で、グローバルな動きを認知した上で、自身のプロジェクトの特色・特性を活かしたものを作り出さなければならない」との話があり、当別町長時代の、「グローバルに考え、ローカルに働く」具体的な事例などを交えながら、生徒たちは熱心に学んでいました。

 各講師の方々には、生徒からロイロノートで寄せられた質問に、一つ一つ丁寧に答えていただきました。高校生の素朴な質問にも、真剣に、そして若者に向けた将来へのメッセージを込めて対応していただき、生徒が自分の将来を想像するとても良い機会になりました。

 次回は、13歳の時に満州から家族と共に引き上げを経験した大島眞里子氏をお招きして、「グローバルに生きざるをえなかった私たち」をテーマに講演会を実施する予定です。