実験・実習・授業

SSHフィールドワークを実施

 2019年9月28日(土)にSSH選択生徒13名が参加して、SSHフィールドワークが行われました。  このフィールドワークでは、野幌丘陵と呼ばれる場所に立地している札幌日大高校の周辺地域の地質とその成り立ちについて学ぶほか、支笏火砕流堆積物から支笏火山の活動の様子を学ぶ目的で毎年行われています。

 当日のルートは、①旭山記念公園、②藻南公園、③石山緑地公園、④北広島エコミュージアムセンター、そして⑤西の里砂採取場でした。

 当日はバスに乗り、まず旭山記念公園から札幌周辺の地形全景を学びました。旭山公園からは札幌の地形である山地、扇状地、丘陵を一望することができました。

 その後、札幌市南区にある藻南公園で豊平川に入り、河岸段丘の観察をしながら海底火山堆積物などを探したほか、石英斑岩と呼ばれる鉱物採集を行いました。

 石山緑地公園では、支笏火砕流堆積物である札幌軟石や溶結凝灰岩の観察を行いました。

 午前中に札幌市内を巡検し、午後からは北広島市エコミュージアムを訪問しました。ここでは野幌丘陵の成り立ちのほか、北広島市周辺で発見されたキタヒロシマカイギュウの骨格模型のほか、貴重な化石標本を見せていただく機会がありました。

 最後に西の里砂採集場を訪問し、クロスラミナを観察したのち、貝化石の発掘に挑戦しました。何名かの生徒が、砂を削り取る中でいくつかの貝化石を発見し、そのたびに歓声が上がりました。  今回のフィールドワークでは、普段何気なく通り過ぎている道の起伏などが、火山活動や地殻変動などの自然現象によって形成されていることを知る良い機会になりました。

北海道ハイテクノロジー専門学校による出前授業を実施

 2019年10月5日(土)の午後からおよそ2時間にわたって、北海道ハイテクノロジー専門学校による出前授業が行われました。この出前授業は毎年SSH選択生徒を対象に行われているもので、DNAの制限酵素処理と電気泳動処理を体験する授業です。毎年本校にお越しいただいているバイオテクノロジー学科の伊藤先生によるDNAの構造や仕組みに関する講義や実験器具の取り扱いなどを学んだあと、生徒たちが実際に実験に取り掛かりました。

 マイクロピペットや電気泳動装置などのように普段使いなれていない実験器具を取り扱うために、最初はぎこちない様子が見られましたが、TAとして来ていただいた学生さんのアドバイスもあり、どの操作も無事に終えることもできました。

 DNAの電気泳動が終了した後は、それぞれの班ごとにDNAのバンドを確認し、目的のDNAを見つけることができました。実験の最後には、伊藤先生から生物学だけではなく将来の進路選択についての貴重なお話をいただくこともでき、生徒たちにとっては有意義な授業となりました。

「東京理科大学 第11回坊ちゃん科学賞 研究論文コンテスト(高校部門)」で優秀賞および優良入賞を受賞

 東京理科大学が主催する「坊ちゃん科学賞」は、

・理科、数学、情報の授業や科学クラブなどでの自然科学に関する調査
・科学技術、環境・生態保護、災害、省エネ関係、実験器具の開発、及び地域に根ざした研究テーマ等これらに関する興味と関心、知的探求心などをもって取り組んだ個人・グループでの研究成果

を論文にまとめ、発表する研究論文コンテストです。今年度は、全国83校から195編の論文の応募があり、9月20日(金)、「第11回坊ちゃん科学賞」研究論文の審査が行われました。その結果、本校科学部が提出した以下の2編の論文が優秀賞(全国で5編)および優良入賞(全国で23編)を受賞しました。

優秀賞 :「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」
優良入賞:「ネオジム磁石球を用いた非磁性金属の抵抗率測定法(第2報)」

このうち、優秀賞の受賞者は、10月27日(日)に東京理科大学神楽坂キャンパスにおいて行われる発表会でプレゼンテーションを行います。この発表会で総合的な審査により最優秀賞が決定します。研究成果をわかりやすく正確に伝えられるように、頂点を目指して頑張ります。

第18回アジア太平洋化学工学連合会議(APCChE2019)Student Programでポスター発表

2019年9月23日(月・祝)、札幌コンベンションセンターにおいて開催されたStudent Program in APCChE 2019に参加し、国内外から参加した大学生の方々に混じってショートスピーチおよびポスター発表を行いました。  APCChE 2019は、SDGsへの貢献をテーマとして開催され、実学である化学工学のSDGsに対する新たな試みを支援すべく、Student Programが企画されました。中国、韓国、フィリピン、インドネシア、マレーシアからも大学生が参加し、35件のポスター発表が行われました。本校からSSH・科学部を代表して2年生1名、1年生2名が参加し、”The power of sawdust to support the future of the earth”について専門の先生方など参加者の前で発表し、質疑応答を行いました。
 この研究は、私たちと正和電工株式会社との共同研究になります。水を使わずにし尿処理が可能なバイオトイレで使われているオガクズに注目し、オガクズのアンモニア揮散防止効果について研究をしています。オガクズの有効活用による資源循環型社会を目指し、SDGsに貢献できるように課題解決に向けて取り組んでいるところです。
 今回、化学工学のSDGsへの貢献をテーマとするStudent Programに参加できたことで、SDGsへの関心をさらに深めることができました。札幌日大高校 SSH・科学部は、これからも様々な分野の課題に積極的に挑戦していきます。

科学部生物班 第79回日本昆虫学会に参加

 2019年9月15日(日)に弘前大学で行われた、日本昆虫学会、小中高生ポスター発表の部に科学部生物班5名で参加してきました。
 ポスター発表では、大学の先生や、学生の方々から質問やアドバイスをうけ、とても有意義な時間を過ごすことができました。また、一般講演口頭発表者として参加されていた国立環境研究所の坂本先生にもお会いでき、研究に対して助言を頂くことができました。来年度は、京都開催です。一同は、来年に向けて研究をより充実させていきます。

第11回マスフェスタ<全国数学生徒研究発表会>でポスター発表

 2019年8月24日(土)、関西学院大学上ヶ原キャンパス(兵庫県西宮市)において「第11回マスフェスタ」が開催されました。全国から38校(発表件数:56)の高校が集まり、数学分野の日頃の研究成果を発表しました。本校から、2年生1名が参加し、1件のポスター発表を行いました。今年度で4年連続の発表になります。
 発表は、「磁石間および磁石球/鋼球間に働く磁気力と球心間距離の関係」のテーマで、これまで取り組んできた研究成果をまとめたものです。磁気力と距離の関係に関する実験結果を物理の法則及び数学を用いて理論的に導き出し、実験結果を理論的に証明できることを示しました。また、その過程で得られた成果の応用についても紹介しました。私たちの発表内容について多くの方々に興味・関心を持ってもらうことができ、数学の課題研究を通じて他校との交流をさらに広めることができました。
 今回、発表した研究をさらに深化させるとともに、数学的な取り組みを物理分野だけでなく、様々な分野へ展開していけるように努力を積み重ねていきます。

東京工業大学の学生さん3名と林業試験場の脇田陽一さんがご来校

 2019年8月16日(金)、東京工業大学の学生さん3名と林業試験場の脇田陽一さんが来校し、本校から高校生バイオコンに参加する生徒5名が実験に関する打合せを行いました。高校生バイオコンは、独自のアイディアで小中学生向けバイオ系教材を開発し、その出来映えを競い合うコンテストです。4月から課題研究としてオガクズの研究に取り組んでいたグループが5月下旬にコンテストに応募し、参加決定後、オガクズを用いたバイオ系教材開発に向けてこれまで準備を進めてきました。その途中経過を報告するとともに、樹木の専門家である脇田さんからオガクズの実験に関するアドバイスを受けました。今後は、10月12日(土)に行われるコンテストに向けて、良い発表ができるように実験を進めていきます。また、小中学生に興味をもってもらえるように、学生さんたちからのアドバイスを参考にプレゼンの仕方を工夫していきます。
 バイオコンテストを通じて、オガクズを用いた本校独自の教材開発ができるようにさらに努力を積み重ねていきます。

産業技術総合研究所 北海道センターにおいて「高等学校理系クラブ科学屋台」に参加

 2019年8月3日(土)、産業技術総合研究所 北海道センター(札幌市豊平区)において、一般公開プログラムが実施されました。その中に「高等学校理系クラブ科学屋台」があり、本校から1年生2名が参加し、9:30から16:00まで会場に親子で訪れた子供たち一人一人とサイエンスの楽しさを共有しました。
 今年度は、「磁石の不思議な世界を体験しよう!」で磁石を用いたいろいろな実験を行いました。本校が産総研の一般公開プログラムに参加するのは、今年度で3年連続になります。来年度以降も、新たな科学実験を開発し、継続して参加できるようにしたいと考えています。日頃、私たちが行っている科学部の活動を通じて、私たちが経験したサイエンスの楽しさや素晴らしさを一人でも多くの子供たちに伝えられるように、これからも努力を積み重ねていきます。

「SSHシンガポール海外研修」に参加

 2019年7月26日(金)~27日(土) Nanyang Technological University (NTU) で行われたGlobal Link Singapore 2019 に参加しました。Poster Session (Science) には、45件の発表があり、シンガポール、香港、タイ、ベトナム、中国からも高校生が参加しました。本校からSS選択者3年生2名が参加し、発表および質疑応答を行いました。海外から参加した生徒達と課題研究だけでなく、ネットワーキングゲーム、文化交流会や夕食等を通じて交流を深めました。
 7月28日(日)は、GLS2019の会場であるNanyang Technological University (NTU) や アジアを代表する大学 National University of Singapore (NUS) を訪問し、学生によるキャンパスツアーに参加しました。また、シンガポール15番目の貯水池である Marina Barrage などの施設を訪れ、シンガポールの環境への取り組みなど、様々な知見を広めることができました。
 7月29日(月)は、Mitsui Chemicals R & D Centre Pte. Ltd. (MS-R&D) を訪問し、企業研究者からのプレゼンテーションおよび私たちの課題研究のプレゼンテーション、ラボツアーなどを通じて、交流を深めました。また、工場見学では、世界の動向なども含め、教科書等では知ることができない数多くの貴重なお話を伺うことができました。
 私達の研究内容が海外の人達に少しでも多く理解してもらえ、また、シンガポールなど海外の人達との交流がさらに深まっていくよう、これからも粘り強く努力を積み重ねていきます。

日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)に採択

日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)に採択されました。
このプランは、参加者が科学技術の分野で交流を深めることにより、以下を目的としています。

・日本とアジアなどの国・地域との友好関係を強化する。
・日本の教育・研究機関のグローバル化を促進する。
・科学技術イノベーションに貢献しうる海外からの優秀な人材の育成と継続的な交流に寄与する。

 本校では、姉妹校である韓国の仁川科学芸術英才高等学校(IASA)から生徒を招き、「北海道から発信する循環型社会の創造」をテーマとし、来年1月に交流します。
 交流内容としては、北海道内にある様々な企業や大学を訪問し、多面的な視野から興味関心を高め、共同研究や研究発表を行い、より充実した成果をあげることを目標としています。