実験・実習・授業

第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2019)最終審査会で発表

 ジェイセック(JSEC/高校生科学技術チャレンジ)は、2003年に始まった科学技術と数学の自由研究コンテストです。全国から直接応募を受け付け、専門家の審査委員による書類審査とプレゼンテーション審査で優秀な研究作品が表彰されます。今年度は、全国から267件の研究作品の応募がありました。その中で、本校科学部 抵抗率研究Gが応募していた研究作品「外部電源なしで金属パイプの抵抗率を測定する方法」が最終審査32件に選ばれ、12月14日(土)および15日(日)の2日間にわたって、未来科学館でポスター発表を行いました。

 この研究は科学部の先輩達から7年間にわたって引き継いできた継続研究であり、これまでの研究成果に今年度、新たに得られた成果を加えた作品です。この研究はまだ途中の段階にあり、多くの実験がさらに必要ですが、これまでに数多くの研究成果が得られています。当日は、代表を一人欠いての発表になりましたが、二人で力を合わせて研究内容が多くの人に伝わるように頑張りました。質疑応答を通じて幾つかの課題も見つかり、また他校の発表者との交流を通じて、多くの刺激を受けることができました。吉藤健太郎さんとも直接お話ができ、研究意欲をさらに高めることができました。

 今後も、抵抗率の研究がさらに深化するように、信頼できる実験データを一つひとつ積み重ねていきます。学問および応用面に少しでも貢献できる研究を目指し、後輩達と協力しながら粘り強く取り組んでいきます。

青少年のための科学の祭典北広島大会を実施

2019年12月14日(土)、本校で小学生を対象にした理科実験イベント『青少年のための科学の祭典北広島大会』を実施しました。このイベントは今年で10年目を迎え、中高一貫校舎体育館及び理科室で“小学生に理科の楽しさや面白さを伝えること”を目的とし、保護者を含め約200名に来場していただきました。
 会場は小さなブースが多数あり、子供達が自ら興味のある実験をできるように工夫しました。1・2年SSH生徒は、「風船ホバークラフトを走らせよう!」などのブースで子供達と触れ合うことができました。(各ブースのテーマは以下のとおり)
 今後も多くの子供達に触れあい、理科の楽しさや面白さを伝えることで“理科好き”になって欲しいと思っています。

各ブースのテーマ

【1・2年SSH生徒による】

  • 1. じぶんだけのかおりをつくろう

  • 2. 錯視を体験!!

  • 3. 空気砲で遊ぼう

  • 4. 煮干しの解剖をしよう!

  • 5. 暗闇で光るスライムをつくろう!

  • 6. パラシュートをつくろう!!

  • 7. 風船ホバークラフトを走らせよう!

  • 8. ぶんぶんごま

  • 9. スーパーボールをつくろう!

  • 10. かがみをつくろう!!

  • 11. 算数であそぼう!

  • 12. アルミのたまご

  • 【千歳科学技術大学理科工房】
    13. 偏光万華鏡をつくってみよう

  • 【北海道大学大学院理学院自然科学史】
    14. ちょっと危ない実験室~酸の力~

「第6回中高生によるサイエンス広場」に参加

 2019年11月23日(土・祝)、札幌市青少年科学館において、「第6回中高生によるサイエンス広場」が開催されました。これは、中学校・高等学校科学部の生徒が、小学生をはじめとする一般の来場者を対象とした簡単な実験や工作などの体験ブースを開設し、来場者たちとコミュニケーションをとりながら、実験や工作に一緒に取り組むという科学イベントです。

 本校科学部は、毎年このイベントに参加させて頂いており、このイベントへの参加を楽しみにし、普段から今年度のブースのテーマおよび内容を考えてきました。本校から科学部1年生4名(千葉柊華さん、堀井彩花さん、坂本光君、坂本悠悟君)が参加し、今年度は「おうちで簡単!森林浴~おがくずから森の香りを~」というテーマでブースを開設しました。

 10時入場開始から、14時終了まで小学生をはじめとするたくさんの来場者が訪れ、熱心に取り組む小学生たちとコミュニケーションをとりながら、実験や工作に一緒に楽しく取り組みました。来場者の方々とのコミュニケーションを通じて、幾つかの改善点や足りない点に気づかされ、この一日で多くのことを学びました。また、オガクズの研究内容について、保護者の方々にポスターによる説明を行い、興味・関心をもってもらうこともできました。

 1年生は、科学部で研究活動を始めたばかりでまだまだ微力ですが、科学部の研究活動に常に興味・関心を持って、お互いに協力しながら楽しく取り組んでいます。その楽しさが一人でも多くの子供たちに伝わるように、週末にはこのような科学活動も行っています。来年度は、来場者の方々に実験や工作の楽しさはもちろんのこと、私たち科学部が取り組んでいる研究内容の一端がもっと伝わるように、ブースの内容にさらに工夫を重ねていきます。

科学部地学Mグループが第63回 日本学生科学賞北海道審査会 表彰式に出席

 2019年11月23日(土・祝)11時30分から、読売北海道6階会議室において、第63回 日本学生科学賞北海道審査会 表彰式が行われました。本校科学部地学Mグループ(3-9 石黒駿斗、2-8 高田駿、2-8中山賢人、2-8 丹野将史、1-9 佐々木結音、(3-9 宮本悠史は都合により欠席))が出席し、研究作品「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」に対して、北海道経済部産業振興局科学技術振興室 参事 鶴蒔徹様から北海道知事賞の賞状と盾を授与されました。

 私たちは7年前から、磁石の中で最強といわれているネオジム磁石に強い知的好奇心をもって取り組んできました。ネオジム磁石で科学的にもっと面白いことができないだろうか、と問い続けてきた結果、2年前に地磁気のテーマに辿り着きました。実験を何千回と繰り返し、再現性を何度も確認し、異なる方法で地磁気を測定した結果と私たちの結果とを比較するなど、考えられることは殆んどすべて実行に移した結果、測定データが信頼できるものであることを確信しました。ただ一つだけ、北極あるいは南極での測定を検討しましたが、これは実現が難しいと判断し、実行に移すことができていません。そのため極地にできるだけ近く、測定が実行可能な場所としてヘルシンキを選び測定しました。日本物理学会、応用物理学会、日本地球惑星科学連合、国際学会などで発表し、専門の先生方からのコメント一つひとつを熟考し、自分達のデータや考え方を何度も見直してきました。
 また、わかりやすいプレゼンテーションをするためにポスター、スライド、及び論文の中身を発表するたびに粘り強く改善してきました。今回、これらの努力が少しばかり認められ、北海道で初めて大きな賞を受賞できたたように思います。この研究は取り組み始めてから2年しか経過しておらず、そのため内容にまだ深みがなく、数多くの課題や問題も残されています。それらは科学部の後輩が引き継ぎ、既に取り組みを始めています。

 ネオジム磁石に関する研究は、科学部の中で今年度から重点テーマとして位置付け、今後も科学部で引き継いでいくことになりました。ネオジム磁石に関しては、現在、主なテーマが5つ同時進行しており、今回そのうちの一つ、地学分野と物理分野の両分野にまたがった地磁気の研究で受賞することができました。また、ネオジム磁石の研究として既に全国最高賞を受賞している磁気力と距離の関係及び抵抗率測定法、さらには反磁性の研究やエネルギーへの応用研究など残り4テーマについても、科学部で引き続き、さらなるレベルアップを図っていきます。

 この後、12月22日(日)及び23日(月)に、日本科学未来館(東京都江東区青海)で開催される中央最終審査において、私たちは今回受賞した研究内容についてポスター発表をする予定です。発表会では、先輩から引き継ぎ、さらに私たちが深化させてきた地磁気の研究成果をわかりやすく、正確に伝えられるように全力を尽くします。

第63回日本学生科学賞 知事賞を受賞

 日本学生科学賞(Japan Student science Award, JSSA)は、毎年行われる中学生と高校生を対象とした科学コンクールで、日本で最も伝統と権威のある科学賞で知られています。今回、本校科学部 地学Mグループ(3-9 宮本悠史、3-9 石黒駿斗、2-8 高田駿、2-8中山賢人、2-8 丹野将史)が応募していた研究作品「「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」」が北海道審査会で道知事賞に選ばれました。

 ネオジム磁石の研究は科学部の先輩から7年間にわたって引き継いできた継続研究であり、それを毎年発展させてきました。この研究は2年前から始まり、これまでの研究成果に加え、今年度得られた研究成果を加えた作品です。地磁気の測定のために、国内だけでなく、赤道付近のシンガポールから北欧のフィンランドまで足を運びました。海外での測定は、アジアサイエンスキャンプや国際学会に招待されて発表した際に、宿泊先のホテルで適切な場所を設定し、夜中に行ないました。日中は発表、夜中は測定と慣れない海外で、疲労は極限にまで達していましたが、振り返ってみるとよく集中してできたと思います。まだ、この研究には幾つかの課題が残っていますが、それらは後輩へと引き継いでいきます。

 私たちは、今後、2019年12月22日(日)、23日(月)に日本科学未来館(東京都江東区青海)で開催される中央最終審査でポスター発表をします。発表会では、科学部を代表して、研究成果をわかりやすく正確に伝えられるように、頂点を目指して頑張ります。

第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2019)最終審査会への出場が決定

 ジェイセック(JSEC/高校生科学技術チャレンジ)は、2003年に始まった科学技術と数学の自由研究コンテストです。全国から直接応募を受け付け、専門家の審査委員による書類審査とプレゼンテーション審査で優秀な研究作品が表彰されます。

 今年度は、全国から267件の研究作品の応募がありました。その中で、本校科学部 抵抗率研究Gが応募していた研究作品が予備審査を通過し、一次審査会に進む71件に選ばれました。その後、一次審査会が行われ、次の研究作品が高く評価され、最終審査会出場の32件に選ばれました。

 「外部電源なしで金属パイプの抵抗率を測定する方法」(2-8 藤本瑞士君、上原昂大君、今村美咲さん)この研究は科学部の先輩達から7年間にわたって引き継いできた継続研究であり、これまでの研究成果に今年度、得られた成果を加えた作品です。2019年12月14日(土)および15日(日)に開催される最終審査会では、科学部 抵抗率研究Gを代表として、研究成果をわかりやすく正確に伝えられるように、頂点を目指して頑張ります。

一般財団法人「STVグループみらい財団」が本校を訪れました

 本校科学部が地磁気およびオガクズの研究活動をもとに作成した2019年度「STV“高校ブンカ部”応援プロジェクト」応募書類審査の結果、本校科学部が応援先に選ばれ、希望していた備品を一般財団法人「STVグループみらい財団」から贈呈されました。
 2019年11月13日(水)、「STVグループみらい財団」の方々が来校され、16時30分から本校で贈呈式が行われました。科学部は2011年に創部以来、全道高等学校理科研究発表大会に9年連続で発表を行い、全国高等学校総合文化祭 優秀賞をはじめ数多くの実績を積み上げてきました。その過程で、ネオジム磁石1個で、電力を一切使うことなく、金属の抵抗率や地磁気を測定する方法を開発しました。また、正和電工株式会社のバイオトイレに使用されている林産廃棄物であるオガクズに注目し、正和電工株式会社の協力を得てオガクズの基礎研究を始めました。さらに、青少年のための科学の祭典など小学生とともに実験を楽しみながら科学の素晴らしさを伝える科学普及活動にも毎年、取り組んでいます。今回、本校科学部が応援先に選ばれたのは、このような地道な取り組みが評価された結果であると考えています。  「STVグループみらい財団」から贈呈して頂いた備品を研究活動や科学普及活動等に有効に活用させて頂き、科学の素晴らしさをさらに多くの人達に伝えられるように引き続き地道な努力を積み重ねていきます。

第5回「全国ユース環境活動発表大会」で優秀賞を受賞

 2019年11月10日(日)、札幌市において第5回「全国ユース環境活動発表大会」が開催され、今回初めて本校も参加しました。SSH・科学部の2年8組今村美咲さんが「おがくずの再活用」をテーマに口頭発表を行い、優秀賞を受賞しました。この日は、他のSSH活動日と重なり、今村さんが一人で発表を行いましたが、自分の言葉で要点を的確にまとめた大変立派な発表でした。
 この研究は旭川にある正和電工株式会社との共同研究で、水を使わずにし尿処理が可能なバイオトイレで使われているオガクズに着目し、オガクズの特性やアンモニア揮散防止効果等について研究成果を発表しました。

 現在本校では、北海道の重要資源である森林に関わって、資源循環型社会を目指し、SDGsに貢献できるような課題を多く取り上げ、その解決に向けて取り組んでいるところです。

 今後はオガクズ中の菌による有機物の分解能力などにも焦点を当てて研究を進めていく予定です。この日は、各学校の発表に引き続き、環境問題に関するワークショップを通して他の高校の参加者と交流を行い、大変有意義な時間を過ごすことができました。

第11回「坊ちゃん科学賞 研究論文コンテストと発表会」で優秀賞を受賞

 2019年10月27日(日)、東京理科大学神楽坂キャンパスにおいて第11回「坊ちゃん科学賞 研究論文コンテストと発表会」が開催され、SSH・科学部3年9組 宮本悠史 君(代表)が優秀賞5件に選ばれ、共同研究者である3年9組 石黒駿斗 君とともに口頭発表を行いました。受賞論文である「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」について専門の先生方など参加者の前で発表し、質疑応答を行いました。この研究は、7年前に先輩達が始めたネオジム磁石の課題研究を後輩達がこれまで引き継ぎ、深化させてきた努力の結晶といえるものです。宮本君と石黒君はこの3年間、二人三脚で頑張り抜き、研究内容に加え先輩達への思いも込めた素晴らしい発表でした。また、優良入賞を受賞した2年8組 上原昂大 君が研究グループを代表して表彰式に出席しました。
 先輩達から引き継いだネオジム磁石の研究をこれまで粘り強く続けてきて本当に良かったと思います。まだ解決しなければならない課題が幾つか残っていますが、これらの課題は後輩たちが引き継いでいきます。

第3回生物資源科学部長杯「生物研究発表会」に参加

 2019年10月26日(土)神奈川県藤沢市にある日本大学生物資源科学部において、第3回生物資源科学部長杯「生物研究発表会」が行われました。今回は日本大学の付属高校のうち、本校を含め10校が参加しました。本校からは科学部生物班の2名が「部活動別の指の菌について」という研究について発表を行いました。

 発表後は大学の先生方から多くの質問などが寄せられて、活発な質疑応答が行われました。発表会終了後は、発表会に参加した付属校生と大学の先生方との懇親会が催され、そこで表彰式が行われました。参加した10校とも素晴らしい研究が多かった中で、本校の発表は見事に第1位を獲得し、研究の着眼点のユニークさなどが高く評価されていました。今回の受賞は生物班の研究に大きな励みとなりました。