SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

重点枠事業

研究開発課題

地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成

目指す生徒像

高度な科学的視点から常識にとらわれずに本質に迫り、新たな価値を創造する人

育てる資質・能力

デザイン的思考力・コラボレーション力・課題解決力

基礎枠事業

研究開発課題

科学的好奇心を醸成し地域特有課題の発見・解決を導き世界に貢献する科学者育成

目指す生徒像

科学的な見方・考え方を身につけ、自分の頭で考え自分の言葉で語れる人

育てる資質・能力

創造力・学びに向かう力・国際性

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

第67回コロイドおよび界面化学討論会が開催

ファイル 199-1.jpg ファイル 199-2.jpg
ファイル 199-3.jpg ファイル 199-4.jpg
 平成28年9月24日(土)、北海道教育大学旭川校 (旭川市) において、第67回コロイドおよび界面化学討論会『高校生科学研究ポスター発表』が開催されました。大会には、道内から高等学校4校(9件)が参加し、13:00から15:30までポスター発表が行われました。本校を代表して牧野楓也君(1年10組)が「ガウス加速器における射出球の運動量と質量の関係」について、三浦健太郎君(2年7組)、石ケ森祐君(2年7組)、常陸聖君(2年7組)が「風力発電へのインターネット・IoT技術の応用」について、いずれも物理系分野の研究成果を発表しました。
 発表は討論会に参加していた研究者による一般ポスターセッションと同時に行われ、学会参加者と直接議論するという企画で行われました。牧野君は7月の応用物理学会での発表と勝手が違って、化学系研究者に説明することの難しさを経験しました。三浦君達は8月に始めたばかりの研究を、これまでの途中経過をまとめる形で報告しました。また、参加していた他校の生徒とも交流を深めることができ、化学系分野の人たちにも私達の研究活動を知ってもらうことができました。私達は自分達の専門分野だけでなく、化学系分野の研究者からも多くのことを学びながら、少しでも自分達の知識が広がるようにこれからも努力を積み重ねていきます。

北海道大学SSP(スーパー・サイエンティスト・プログラム)最終選考に上位で合格!!

 北海道大学では、将来を担う「超科学者」を養成するため、高校生を対象に「Super Scientist Program」を開講しています。今年は、1次選抜オーディションに全国から118名の参加があり、通過者は67名でした。本校から参加した4名が1次選抜オーディションを突破し、2次オーディションに挑みました。その中で、SSHクラスの石ヶ森祐君(2年)が第3位(全国)で最終選考(2次通過)に合格しました。今後、北海道大学にて研究を行い、最終的には、論文を執筆し学会発表することを目指していきます。今後の活躍に期待しています。

日本鳥学会2016年度大会が開催

ファイル 200-1.jpg ファイル 200-2.jpg
 平成28年9月17日(土)、北海道大学高等教育推進機構 (札幌市) において、日本鳥学会2016年度大会が開催されました。大会には、全国から高等学校12校(17件)、中学校1校、および小学校1校が参加し、13:00からの研究室訪問に引き続き、16:00から18:15までポスター発表が行われました。
 本校を代表して松島可奈枝さん(2年7組)が参加し、特別枠で「北広島市のゴマシジミ生息地の特徴」について研究成果を発表しました。絶滅危惧Ⅱ類に指定されているゴマシジミとワレモコウ、ハラクシケアリの関係をわかりやすく説明しました。鳥類が専門の先生方からも、素晴らしい内容であり、今後も研究を継続して欲しいとのコメントがありました。
 また、他校の高校生や中学生ともゴマシジミを通して交流を深めることができました。今回は鳥類を対象とする発表会でしたが、特別枠として参加したことで、ゴマシジミについて発表できただけでなく、鳥類に関して数多くのことを学びました。私達は専門であるゴマシジミの研究をさらに深化させるとともに、鳥類など他の動物からも多くのことを学びながら、環境保全に少しでも貢献できるように努力を重ねていきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>