SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

重点枠事業

研究開発課題

地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成

目指す生徒像

高度な科学的視点から常識にとらわれずに本質に迫り、新たな価値を創造する人

育てる資質・能力

デザイン的思考力・コラボレーション力・課題解決力

基礎枠事業

研究開発課題

科学的好奇心を醸成し地域特有課題の発見・解決を導き世界に貢献する科学者育成

目指す生徒像

科学的な見方・考え方を身につけ、自分の頭で考え自分の言葉で語れる人

育てる資質・能力

創造力・学びに向かう力・国際性

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

海外科学研修・ハワイ研修を実施[Vol 4]

 ハワイ大学に移動し、広大で充実したキャンパスを大学生に英語で説明してもらいました。講義室に移り、2年生・5名が課題研究の内容を英語でプレゼンテーションしました。銀河を研究している講師が彼らの研究をしっかりと聞き、質問してくれました。自分たちの研究を説明すること、英語で伝えることの難しさを体験することができました。
ファイル 191-1.jpgファイル 191-2.jpg    
ハワイ大学・キャンパスツアー       課題研究を英語で紹介①

ファイル 191-3.jpg
課題研究を英語で紹介②

 ハワイ最後の夜、ハワイ研修の報告会・反省会を行いました。一番印象に残っているプログラム、研修態度、生活面、反省点などについて19人全員がスピーチを行いました。時には真剣に、時には笑いもありましたが、自分たちが体験したことを報告しあい、それぞれが充実した研修であったことを確認しました。4泊6日の研修が実りあるものになったのは、学園、保護者、現地スタッフ、事前研修に携わっていただいた先生たちのおかげです。ありがとうございました。

海外科学研修・ハワイ研修を実施[Vol 3]

【4日目】
 4日目は国際交流とプレゼンの日。生徒たちはヒロ高校の生徒と一緒に、数学、化学、歴史、日本語、防衛など様々な授業を受けました。ほとんどの生徒が日本人独りぼっち。緊張しながらもホスト生徒と何とか英語でコミュニケーションしてました。大きなステージのある集会場では1年生3グループが札幌日大、北海道、日本についてスライドと英語で紹介しました。ヒロ高校生による歓迎のフラを鑑賞した後、1年・茶道部の生徒がお茶のお点前を披露しました。ステージの上で行われるお点前に現地高校生も興味津々。ヒロ高校の女子生徒たちも座布団の上でしっかりと正座。美味しく少し苦いお茶を味わっていました。日本とハワイの文化が交流するよい時間となりました。
ファイル 190-1.jpg ファイル 190-2.jpg    
ヒロ高校生徒と一緒に授業          英語で自己紹介

ファイル 190-3.jpg ファイル 190-4.jpg
タイピングの授業             スライドで北海道を紹介

ファイル 190-5.jpg ファイル 190-6.jpg
お茶のお点前を披露            カフェテリアにてランチ

 ヒロ高校のカフェテリアで食事をとった後、ホスト生徒との別れを惜しんで出発。国立天文台ハワイ観測所に移動し、すばる望遠鏡の構造と観測状況のレクチャーを受けました。また1・2年生のグループが恒星についてプレゼンしました。現役の天文学者から質問を受け、事前学習の内容にお褒めの言葉もいただきました。
ファイル 190-7.jpg ファイル 190-8.jpg
国立天文台施設見学①           国立天文台施設見学②   

ファイル 190-9.jpg
恒星についてプレゼン

海外科学研修・ハワイ研修を実施[Vol 2]

【3日目】
 3日目はハワイの動植物と宇宙の日。ハワイ大学・国立天文台の傍にあるイミロア天文学センターに行きました。センターの庭にはハワイ島独特の植物が生育しており、その植物の特徴とネイティブハワイアンの利用方法ついて、ハワイ大学の講師にレクチャーしてもらいました。センター内ではプラネタリウム、科学展示を見てそれぞれが学習。午後からは講義室に移り、ハワイの動植物が絶滅の危機の直面していることを学びました。ここでは生徒たちからよい質問が出ていました。実はこの日も大雨。プログラムの順番を入れ替え、何とか難を逃れました。
ファイル 189-1.jpg ファイル 189-2.jpg    
植物のレクチャー            イミロアセンター内の科学展示

ファイル 189-3.jpg
絶滅危惧種のレクチャー

 ホテルに戻り、マウナケア中腹・オニヅカビジターセンターでの天体観測に向け準備をして雨の中ホテルを出発。年間95%が晴天と言われるマウナケア中腹に到着しても雨は止みませんでした。夕食のお弁当を食べ日没まで待っていたところ、雲の切れ間ができ天頂に一番星を確認。バスに乗って少し移動した頃には札幌では見ることができないような星空になっていました。北海道よりもずっと低い位置に見える北斗七星・カシオペア座。南の空にはさそり座・いて座。天頂を通る天の川もしっかりと確認できました。星空を満喫した1時間後、私たちの天体観測を待っていてくれた雲が東の空から移動し、夜空を半分隠したところで終了。ホテルまで戻っていく道すがらも土砂降り。溶岩の大地にジャングルができる理由がわかりました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>