SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

科学部が青少年のための科学の祭典(千歳大会)に参加

 11月11日(日)に、科学部の生徒7名が千歳市民文化センターで行われた『青少年のための科学の祭典 千歳大会2012』に参加しました。
ファイル 30-1.jpgファイル 30-2.jpg
 「かがみをつくろう!!」のブースを出展し、小学生を対象に簡単な分かりやすい実験を実施し、多くの子供達へ理科の楽しさを知ってもらおうと子供達と触れ合いました。
ファイル 30-3.jpgファイル 30-4.jpg
 来場者は主催者発表で、昨年と同様に約2,600名と多くの来場者があり、活気のある大会に参加でき生徒達も多くの刺激を受けました。
ファイル 30-5.jpgファイル 30-6.jpg
ファイル 30-7.jpgファイル 30-8.jpg

SSH通信 第6号

SSH通信 第6号 ※PDFファイルが開きます。

千歳科学技術大学 実験研修を実施

 平成24年10月25日(木)、1年7組(SSHクラス)が千歳科学技術大学との連携の下、専門的な観点で実験を行う大学実験研修を行いました。二つのテーマで希望を確認の上、生徒達はいずれかを選択し実験を行いました。
ファイル 29-1.jpgファイル 29-2.jpg
 テーマ1「光の波動性を探る ~ナノメートルオーダの測定への挑戦~」では、光の波動性に伴って生じる分光・回折現象を白色光源、レーザ光源、回折格子を使った実験を行いました。
ファイル 29-3.jpgファイル 29-4.jpg
 その後、レーザ光や白色光源の分光によって作られる様々な色の光の波長の測定を行って、光の色と波長との関係の理解を目指すとともに、CDやDVDの記録溝の間隔の測定に挑戦し、簡単な実験によって1ミクロンより短い長さを測定しました。
ファイル 29-5.jpgファイル 29-6.jpg
 また、テーマ2「発光ダイオードの原理と光通信 ~光デバイスのしくみを探る~」では、まず発光ダイオードを発光させて、通電電流と発光強度の関係を測定しました。
ファイル 29-7.jpgファイル 29-8.jpg
 その後に、発光ダイオードの発光強度を音声信号によって変調することによる光通信(アナログ振幅変調通信)を体験し、現代社会における光デバイスの応用例を学びました。また、いくつかの異なる発光ダイオードを使った送受信実験を通じて、光の色とエネルギーの関係についての理解を深めました。
ファイル 29-9.gifファイル 29-10.jpg
   (実験後、各班で発表の様子)

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>