SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

[課題研究]千歳科学技術大学へNMR測定

 7月19日(金)放課後に2年7組の生徒2名が、課題研究『ケルセチンの抽出効率と有効利用』の一環で、NMR測定のために千歳科学技術大学に行ってきました。
ファイル 59-1.jpgファイル 59-2.jpg
 ケルセチンというタマネギの外皮から取れる色素を抽出し、精製したものを同定するためにNMR測定をしました。
ファイル 59-3.jpgファイル 59-4.jpg
 測定結果と文献値を比較し、目的のケルセチンが精製できたことがわかりました。
ファイル 59-5.jpgファイル 59-6.jpg
 今回の測定では、千歳科学技術大学の河野敬一先生に指導・助言をいただきました。本当にありがとうございました。

雪結晶生成実験 ポスター発表

ファイル 62-1.jpgファイル 62-2.jpg
 平成25年7月16日(火)、5月30日(木)課題研究基礎として授業で行った雪結晶生成実験・観察(平松式)について、ポスター発表を実施しました。
 1年8組(SSHクラス)の生徒を対象に、後期(10月)から行う課題研究の準備、口頭発表の練習の機会としました。
ファイル 62-3.jpgファイル 62-4.jpg
 各班でポスターを作成し、個性を活かした発表を行いました。発表の内容・方法はまだまだ改善の余地が見られましたが、活発な質問が相次ぎ、応答も的確であるなど大いに盛り上がった発表会でした。
ファイル 62-5.jpgファイル 62-6.jpg
 生徒達は、研究・発表に一層興味を持ち、学んだたくさんの知識を今後の課題研究活動で発揮してくれると思います。
ファイル 62-7.jpgファイル 62-8.jpg

北海道大学総合博物館 訪問研修

 平成25年7月4日(木)、1年8組(SSHクラス)の生徒対象に、北海道大学総合博物館に訪問研修を実施しました。
ファイル 57-1.jpgファイル 57-2.jpg
 この訪問研修は、先端科学に触れる機会をもうけ生徒の知的好奇心を喚起し、探究心の向上、後期から開始する課題研究の参考にすることを目的としています。
ファイル 57-3.jpgファイル 57-4.jpg
 1999年春に開館した北海道大学総合博物館には、130年以上前の札幌農学校時代から収集・保存・研究されてきた400万点にものぼる標本や資料が蓄積されており、その中には新種の発見・認定の基礎となる貴重なタイプの標本が1万点以上あります。
ファイル 57-5.jpgファイル 57-6.jpg
 北海道大学総合博物館職員の方々より、北海道大学の歴史、北海道大学の研究について説明を受け、さまざな研究の伝統についても生徒達に伝えていただき、最先端の研究を多数の実物資料や標本、及び映像で紹介いただきました。
ファイル 57-7.jpgファイル 57-8.jpg
 その後、生徒達は引き続き見学を行い、最先端の研究に触れ、多くのことを学び、今後の課題研究に向け意欲を高めた良い機会となりました。
ファイル 57-9.jpgファイル 57-10.jpg

生徒の声

◆Voice1
『動物の化石や生物の標本をはじめ、たくさんの分野の研究資料や設備をみることができました。また、このような経験を通して自分がこれから研究していくためのきっかけや手がかりが見つかり、これから頑張っていこうと思いました。』
◆Voice2
『近くで化石やがいこつを見て、ほお骨の出具合が違っていたり恐竜の化石で、最もよく動いていたであろう関節の骨が丸くなっていたり、直接見て色々発見することができ面白かったです。また、キノコの定義や重力についてなど、興味をひくものがたくさんあり楽しかったです。』
◆Voice3
『恐竜の化石やウサギの癌の実験は驚きました。鈴木章先生の功績には、自分も刺激を受けました。』
◆Voice4
『パラサウロロフスの化石を見て、骨の動き方や生活についてもっと知りたいと思いました。また、現在も生息しているアオダイショウやロバの骨を見て動物の体の仕組みを知りたいと思いました。化石をよく見ると、所々小さな穴があり、神経や肉(筋肉)が通っていたのではと考えることができました。』
◆Voice5
『タンパク質の立体構造が地図の等高線のようだったり、2.5m以上の石貨を見て、とても驚きました。市川厚一さんや松村松都市さん、クラーク博士のような偉大な博士について知ることができました。北大で実施した、日本最初のリンパ球を使った遺伝子治療によって助けられた人がいるという事は、すごいと思いました。また、色々な種類の動物やハ虫類の骨がどのようになっているかがよくわかりました。』
◆Voice6
『牛と馬の骨格の違いがよく分かった。口蹄疫が数年前に流行り、牛がやられていたから偶蹄目がかかっていたんだなぁと思いました。遺伝子の免疫の病気についての壁のものが、とても面白かったです。また、狂牛病がプリオンタンパク質によるものらしいところ、遺伝子のない病原体による伝染病があるところがすごく面白かったです。』
◆Voice7
『いろいろな展示物があり、その中で骨格標本がとても面白かったです。ハムスターの骨はとても小さくて細いのに高いところから落ちてもなぜ骨が折れないのか疑問に思ったり、ゴマアザラシの頭蓋骨を見て人間の頭蓋骨に比べて脳が入る大きさが小さくて、やはり人間は他の生物とは違うとあらためて感じました。』
◆Voice8
『博物館の中で一番興味をもったのは、松村松年という日本産の約1200種の昆虫に名前をつけた方で、自分も何か新しいものを発見し、後世に残るような名前をつけたいと思いました。』

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>