SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

「北海道大学総合博物館 研修」を実施

ファイル 93-1.jpgファイル 93-2.jpg
ファイル 93-3.jpgファイル 93-4.jpg
 平成26年6月26日(木)午前中、1年SSHクラス生徒31名が北海道大学総合博物館研修を実施しました。
 
 北海道大学総合博物館では、130年以上の歴史を誇る北大の多様な研究を今に伝えるとともに、最先端の研究をさまざまな実物資料や映像で展示・紹介されています。
 
 生徒は、はじめに博物館のガイダンスを聞きました。次に、古生物の化石・恐竜の展示解説を理学院博士課程の大学院生から説明を受け、熱心に質問する生徒の姿が見られました。その後、グループごとの研修となり、じっくりと博物館内を研修しました。

ファイル 93-5.jpgファイル 93-6.jpg
 憧れの北大のキャンパスを歩き、博物館では開拓者・研究者の息吹を感じる研修となりました。

「海外科学研修(ハワイ)事前学習会」を実施

ファイル 92-4.jpgファイル 92-3.jpgファイル 92-2.jpgファイル 92-1.jpg

 平成26年6月25日(木)、1・2年SSHクラス生徒を対象に、海外科学研修(ハワイ)の事前学習会を実施しました。

 はじめに、生徒は海外での科学研修の意義や目的などについて説明を受けました。その後、本校地歴科教諭がハワイの歴史・文化について講義を行い、また引率する研修担当の本校教諭が、研修内容・行程の説明、およびハワイの魅力について講義を行いました。

 海外科学研修を通じて、生徒が一層グローバルな視点を持ち、異文化を理解して国際社会で活躍できる人材となることを願っています。

SSH通信 特集号vol.3

SSH通信 特集号vol.3 ※PDFファイルが開きます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>