SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

SSH通信 第12号

SSH通信 第12号 ※PDFファイルが開きます。

青少年のための科学の祭典(北広島大会)を開催

 12月7日(土)、本校の生徒(1年SSHクラス、2年SSHクラス、中学校・高校の科学部員)による、小学生を対象にした理科実験イベント『青少年のための科学の祭典北広島大会』を中高一貫校舎体育館及び理科室で開催しました。
ファイル 75-1.jpgファイル 75-2.jpg
 このイベントは今年で4年目を迎えましたが、生徒主導でブース運営をする試みは今年が初めてでした。生徒達は“地域の小学生に理科の楽しさや面白さを伝えること”を目的に各ブースで子供達に実演しました。また、昨年に引き続き千歳科学技術大学、今年から北海道大学院の学生さん達の出展もいただきました。
ファイル 75-3.jpgファイル 75-4.jpg
 今後も多くの子供達に触れあい、理科の楽しさや面白さを伝えることで“理科好き”になって欲しいと思っています。
ファイル 75-5.jpgファイル 75-6.jpg

各ブースのテーマ

■札幌日本大学中学校・高等学校
(中高一貫校舎 体育館)
1.偏光フィルムで遊んでみよう!
2.片栗粉で遊ぼう!
3.ダイヤモンドダスト(雪の赤ちゃん)を見よう!
4.ループコースターを体験してみよう!
5.ひむしで遊ぼう!
6.ふしぎな万華鏡づくりに挑戦!
7.発泡入浴剤をつくろう!
8.盲斑をさがそう!
9.磁石で遊んでみよう!
10.パラシュートをつくろう!
(理科室)
11.サイエンスショー
12.かがみをつくろう!
13.ぷよぷよをつくろう!

ファイル 75-7.jpgファイル 75-8.jpg
ファイル 75-9.jpgファイル 75-10.jpg

京都大学高大連携事業「学びコーディネーターによる出張授業」

ファイル 74-6.jpgファイル 74-5.jpgファイル 74-4.jpgファイル 74-3.jpgファイル 74-2.jpgファイル 74-1.jpg

 平成25年10月31日(木)1年8組(SSHクラス)のSS基礎で、『動物の幸せを科学する』~「動物福祉」をテーマに、人に飼育され、利用されている動物たちの幸せを、科学的な視点からどのように考えていくべきか~を実施しました。
 講師をお願いした、京都大学野生動物研究センターの特別研究員小倉匡俊先生には、短い時間でしたが静かな口調の中にも、研究にかける熱意が伝わる大変すばらしい講義をしていただきました。
 また、入試企画課の西谷健司副室長から、京都大学の特徴、入学するための勉強法などを聞きました。どの生徒もメモを取りながら熱心に聞き入り、充実した時間を持つことができました。
 今後の進路設計、課題研究など大いに役立ててまいりたいです。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>