SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

平成27年度課題研究について

課題研究テーマ「ガウス加速器の加速メカニズム」

 私たちは、磁気的現象に興味を持ち、一人一人が異なる目標を設定し、ネオジム磁石を用いた課題研究に取り組んでいます。現在は、この課題研究と、締切りが目前に迫る物理チャレンジの実験課題(摩擦係数を測ってみよう)を並行して進めています。毎日、とても忙しい日々が続いていますが、先輩たちが残した成果を超える新たな発見を求めて全員が真剣に取り組んでいます。放課後は物理室に集合し、遅くまで残って実験をし、基礎データをこつこつと積み上げています。基礎データを取るための実験装置はすべて自分達のアイディアによる手作りで、身の回りにある物を利用して作っています。自分たちが作った装置で、美しいグラフが描けたときはとても感動します。世界中で誰も持っていないデータを私たちは今たくさん持っていることに興奮すると同時に、普段の授業では経験できない物理の面白さ、素晴らしさを体感しています。そして、このことが原動力となって、私たちは皆それぞれの目標に向かって日々、確実に前進しているのだと思います。これまでの成果は近いうちに学会発表をしたり、論文にまとめたりする予定です。
                    2年SSHクラス 河原林正思・棧翔之介・遠藤良

ファイル 127-1.jpgファイル 127-2.jpg
 河原林正思君(2年)が独自に開発した装置で磁力を測定しているところです。彼は手作りの装置をつくることに関しては、誰にも負けない技術を持っています。

ファイル 127-3.jpgファイル 127-4.jpg
 棧翔之介君(2年)がこれまでに取った数多くのデータをもとに運動量、運動エネルギー、磁力による位置エネルギー、反発係数、摩擦力など基本的な物理量を計算し、結果を整理しているところです。

その他、研究について

 他に電磁誘導の研究をしている生徒、ネオジム磁石球を含む球体の摩擦力を研究している生徒など、ネオジム磁石に関わる研究に精力的に取り組んでいます。

学会発表・物理チャレンジについて

学会発表用の資料および物理チャレンジの実験課題レポート作成

ファイル 128-1.jpgファイル 128-2.jpg
 佐藤解君(3年)が学会発表用のパワーポイントおよび物理チャレンジの実験課題レポートを並行して作成しているところです。佐藤解君は2年間ケルセチンの研究をしてきましたが、3年生になっていろいろな分野の研究にチャレンジしています。

北海道大学低温科学研究所において研修を実施

ファイル 126-6.jpgファイル 126-5.jpgファイル 126-4.jpgファイル 126-3.jpgファイル 126-2.jpgファイル 126-1.jpg

 平成27年6月16日(火)、北海道大学低温科学研究所の研究室・施設において、1年SSHクラス生徒33名が研修を行いました。この研修は、1941年に北大初の附置研究所として設立された低温科学研究所で最先端の研究に触れ、知的好奇心を喚起することを目的に行いました。
 はじめに、宇宙実験(氷の結晶成長)に用いた微小重力環境による氷結晶生成の小型実験装置が置かれた教室で、古川義純特任教授より特別講義『結晶は生きている』および北海道大学の概要・魅力についての講義を受けました。
 その後、生徒はグループに分かれ、各研究室や-20℃の低温実験室・-50℃の超低温保存室を見学しました。-50℃の超低温保存室では、南極大陸で全長3,000mを超えて掘削された、約70万年前の氷が含まれる「氷床コア(過去に降った雪が固まった氷の柱)」が保管されており、その氷を用いた様々な測定・実験についての説明を受けました。また、雪氷新領域部門・相転移ダイナミクス実験室では、氷の成長過程を分子レベルで捉える原子間力顕微鏡を用いた研究などが行われており、研究員の方々から熱意あふれる研究についての説明をいただきました。
 また、『石鹸膜内での氷の成長実験』を行い、丸い針金の枠に張った石鹸膜を冷蔵庫に入れて冷却し、氷の結晶の成長の様子を観察しました。実験における観察の重要性や実験の進め方などについて説明をいただき、後期(10月~)から始まる課題研究に向けて、研究に対する意欲が高まる有意義な研修となりました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>