SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

「第11回高校生バイオコン2018」で審査員特別賞を受賞

 2018年10月20日(土)、東京工業大学すずかけ台キャンパス(神奈川県横浜市)において東京工業大学生命理工学院主催「第11回高校生バイオコン2018」が開催されました。私たちがこのコンテストに参加した目的は、東京工業大学との連携を通じて小中学生向けの教材開発について学び、その成果を地域の子供たちに還元するためです。全国から10校(発表件数14)の高校が集まり、今年度6月から取り組んできた研究成果を発表しました。本校から、2年生3名が参加し、プレゼンテーションを行いました。発表テーマは、「コンブのDNA抽出」に関する小中学生向け教材開発で、製作した実験キットについても紹介しました。発表後はお試しタイムで、実際に開発した教材を試してもらいました。その結果、審査員特別賞を受賞することができました。今回の参加は、「小中学生向け教材開発」といった新分野への挑戦の大きな第一歩になったと思います。
 今回の経験を今後の科学イベント活動に活かし、教材開発の取り組みをバイオ分野だけでなく、様々な分野へ展開していけるように努力を積み重ねていきます。
ファイル 325-1.jpg

北海道ハイテクノロジー専門学校の出張実験

 2018年10月13日(土)、1年SSH生徒を対象とし、北海道ハイテクノロジー専門学校バイオテクノロジー学科長の伊藤先生に来校いただき、DNAの構造や仕組みについて講義、また細かな実験器具を実際に用いる電気泳動実験を実施しました。
 生徒たちは、マイクロピペットや電気泳動装置などの実験器具の使い方を丁寧にご指導いただきながら、わずかな量のDNAを慎重に扱い、電気泳動によるDNAの移動を確認することができました。
 参加した生徒の中には、まだ生物基礎を履修していない生徒もいましたが、熱心に講義を聴き、実際に観察することで身近に感じることができたという声があり、とても貴重な機会となりました。
ファイル 324-1.jpgファイル 324-2.jpgファイル 324-3.jpg

日大理工学部出前授業「香料の合成実験」が行われました

ファイル 323-1.jpg ファイル 323-2.jpg
ファイル 323-3.jpg ファイル 323-4.jpg
 2018年10月6日(土)、日大理工学部の青山忠准教授による香料の合成実験「有機化学からの招待~香料の合成~」が行われました。
 参加した生徒が高校1年生であったため、有機化学をまだ学習していませんでしたが、目的の物質を作ることが出来ました。
 実験ではフルーツに含まれているにおいのもとであるエステルの合成を行い、実験室中にバナナの香りを漂わすことが出来ました。教授の丁寧なご指導の下、3種類の方法で合成しましたが、別々の方法から同じ香料を合成しました。
 今後のSSHの研究活動において、参考になる実験を体感させていただき、貴重な1日となりました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>