SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

SSH海外科学研修①

 2018年11月4日(日)、本校生徒17名が韓国に向けて海外科学研修に出発しました。
 SSH海外科学研修は、韓国(仁川)にある本校の姉妹校である仁川科学芸術英才高等学院(IASA)と共同研究を行い、IASAの生徒たちとの科学交流および韓国と日本の科学技術の違いや農業技術の違いなどを学ぶことを目的としています。この日は、移動のみで21:00頃、無事にナンド地区のホテルに到着しました。生徒たちは、遅くまで、翌日のプレゼンテーションの準備に取り組みました。    

11月5日(月)  IASA 1日目

 IASAでは、まず研修内容についての説明を受けました。その後Welcome Ceremonyが行われ、IASAのオーケストラによる歓迎演奏、校長先生の挨拶、IASA代表生徒によるパフォーマンスがありました。また、本校の代表生徒である猪股麻里華さん(2年)が挨拶を行い、生徒全員で盆踊りを披露するなどの交流を行いました。

 IASAの授業では、英語を織り交ぜながらゲーム感覚で楽しめるような授業などもあり、生徒たちは一生懸命に取り組んでいました。
午後からは、ベルギーのゲント大学教授による、有機化合物の内部に金属原子を入れた新しい化合物の合成とその応用についての講義を聴講しました。また、有機化合物の合成においてCO2を利用することで温暖化にも貢献できるという内容でした。英語による大学の研究レベルの話を理解しようと、両校の生徒たちは、一生懸命講義に集中していました。講義終了後、あらかじめ与えられていたテーマ「環境問題」に沿って、両校生徒が4チームにわかれて英語でプレゼンテーションを行ない、日韓両国の環境問題について質疑応答を行うなど充実した時間となりました。

 次に、生徒たちは2つのグループに分かれてMath Projectに参加しました。この授業は空間図形に関するアクティブラーニングであり、生徒たちは二次曲線と双曲面について学ぶグループとオイラーの定理について学ぶグループに分かれ、両グループとも模型を組み立てながらそれぞれの単元について理解を深めました。

 数学の授業後には、夜から特別講義がありました。天文部の生徒たちによる星空のレクチャーを受けた後、校舎屋上にて実際の天体観測を行いました。IASAの校舎は天体観測ができるよう開閉式の天井がありましたが、残念ながらこの日の夜空は。大気汚染によるスモッグが多く、厳しい条件でしたが、火星などいくつかの星については観測することができました。星空のもとでIASAの生徒達と交流を深めるとても良い時間を過ごすことができました。

ファイル 343-1.jpgファイル 343-2.jpg
ファイル 343-3.jpgファイル 343-4.jpg
ファイル 343-5.jpgファイル 343-6.jpg

生物フィールドワークを実施

ファイル 331-1.jpgファイル 331-2.jpgファイル 331-3.jpg
 2018年11月4日(日)、科学部生徒2名を含む4名で、フィールドワークを実施しました。
 この活動は、ゴマシジミという蝶とそこに共生するハラクシケアリ・植物(ナガボノシロワレモコウ)の生態を知る事で準絶滅危惧種のゴマシジミを保護することを主な目的としています。
 昨年は気温が7℃でとても寒い中での活動でしたが、今年は天候に恵まれ気温17℃という暖かい中で活動ができました。今回の目標はハラクシケアリの巣の観察でした。まずアリの巣をスコップで掘り起こしながら探し、巣の中のようすを観察するために透明なアクリル板を設置しました。今回も東京から国立環境研究所の坂本洋典先生にお越しいただき、また、北広島森の倶楽部からも4名の方々の協力をいただきました。
 午後からは、科学部のポスター発表を行い、それについての質疑応答を行いました。坂本先生や、森の倶楽部のみなさんからたくさんの貴重なアドバイスを頂きました。
 当初の目的も達成され、生徒たちも大満足で今回の活動を終えることができました。
 ゴマシジミは、レッドリスト2011準絶滅危惧種に指定されている蝶です。今後も採取や生息環境をこわさないよう、貴重なフィールドがある北広島市で独自の研究を継続していきたいと考えています。

SCIENCE CASTLE 2018 in SINGAPOREで発表

ファイル 330-1.jpg ファイル 330-2.jpg
 SCIENCE CASTLE in SINGAPOREは、シンガポール、マレーシア、日本を中心とするアジア諸国から、自らのテーマに情熱を注ぎ、課題研究を行う中高生が集結する発表会です。国境を超えた交流を通じて知的好奇心を養い、共同研究にもつながる機会を生み出すことを目的として、2018年11月2日(土)、Platform E(Singapore)で開催されました。今大会から、インドネシアおよびフィリピンが加わり、参加国は5か国となりました。

 本校から科学部・SSH1年1名、2年2名が参加しました。大会全体で、オーラル12件、ポスター41件の発表がありました。本校はオーラル12件の中に選ばれ、発表および質疑応答を行いました。また、ポスターも2件発表し、海外の専門家や高校生と積極的に議論しました。
 
 11月1日(木)は、A*STARの発明品などを展示したfusion Worldおよび下水の浄水化施設NEWaterを見学しました。11月3日(土)は、大会参加生徒が10グループに分かれ、午前中は与えられたテーマでディスカッションを行い、ポスターを作成し、午後はポスター発表を行いました。また、大会期間中、科学部の課題研究である地磁気に関する実験も行ってきました。

 今後も海外高校生と十分な交流を行うため、英語だけでなく参加国の言語も少しずつ話せるようにし、私たちの研究が共同研究につながっていくようにさらに努力を積み重ねていきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>