SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

サイエンスキャンプに参加

ファイル 142-2.jpgファイル 142-1.jpg

 平成27年9月12日(土)~13日(日)の2日間、札幌市青少年科学館等3会場で行われた「サイエンスキャンプ」(道内の高校生が参加)に本校の1年生3名、2年生2名が参加しました。

 初日、札幌市青少年科学館において「ドライアイスの霧の塔」など3テーマのブースを出展し、来場者(小学生中心・保護者など)に向けて生徒交流型実験を行いました。来場した子どもたちの理科に対する興味・関心をはぐくみ、豊かな科学的素養を身に付けることができるように取り組みました。
 また、午後からのプレゼンテーションに備え、会場内の展示物を観察しました。

 午後よりNTT北海道セミナーセンターに移動し、札幌市青少年科学館内の展示物の工夫されていた点や関心を抱いた点などについてプレゼンテーションを行い、参加した他校の生徒と交流することができました。

 2日目は道立理科教育センターにおいて、物理、化学、生物、地学の4領域に分かれて実験を行いました。また、生徒たちは北海道大学成瀬延康特任助教による「研究テーマの設定と研究のおもしろさ」の講演を聞き、今後課題研究を進めるうえで研究の参考となりました。午後からは、生徒交流型チャレンジ実習「落下時間最長構造物の作成」を行い、本校の生徒所属チームが最優秀賞に輝きました。

 科学を志す生徒が集まり、協力し課題に取り組み、討論し合い発表するなど、大変有意義な時間を過ごすことができました。

SSH通信 特集号vol.8

SSH通信 特集号vol.8 ※PDFファイルが開きます。

SSH科学講演会を実施

ファイル 140-3.jpgファイル 140-2.jpgファイル 140-1.jpg

 平成27年9月3日(木)5・6時間目、近藤俊三先生(日本電子株式会社技術顧問および日本電子顕微鏡学会公益事業企画推進委員)をお迎えし、全校生徒・保護者を対象としたSSH科学講演会が行われました。今回、『電子顕微鏡が解き明かすミクロの世界-私たちの身体はこうして作られる-』という演目で、電子顕微鏡の研究ならびに教育に長年携わってこられた経験にもとづき、生物や物理の基礎的な内容から応用まで幅広く講演いただきました。特に、細胞死のお話は、電子顕微鏡の写真も素晴らしく生徒達も興味深く聞き入っていました。次から次へと電子顕微鏡の写真がスクリーンに映し出され、近藤先生がこれまでいかに電子顕微鏡の研究に熱心に取り組んでこられたかを生徒達は知ることができ、また好奇心をかきたてられる数多くのお話を聞くことができました。生徒達にとって、今回の講演はとても貴重な機会になりました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>