SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

重点枠事業

研究開発課題

地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成

目指す生徒像

高度な科学的視点から常識にとらわれずに本質に迫り、新たな価値を創造する人

育てる資質・能力

デザイン的思考力・コラボレーション力・課題解決力

基礎枠事業

研究開発課題

科学的好奇心を醸成し地域特有課題の発見・解決を導き世界に貢献する科学者育成

目指す生徒像

科学的な見方・考え方を身につけ、自分の頭で考え自分の言葉で語れる人

育てる資質・能力

創造力・学びに向かう力・国際性

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

サイエンスキャッスル2016関東大会 で発表

ファイル 210-1.jpg ファイル 210-2.jpg ファイル 210-3.jpg
 平成28年12月24日(土)、TEPIA先端技術館(東京都)において「サイエンスキャッスル2016関東大会」が開催されました。全国から中高生が集まり、12件の口頭発表、137件のポスター発表が行われました。
 本校からは、交通機関の乱れなどにより、1年10組 (SSHクラス) の牧野楓也君だけが参加することになり、牧野君が3件すべての発表を行いました。3件の発表内容は「ガウス加速器における入射球および射出球の運動」についての口頭・ポスター発表、および1年10組 (SSHクラス) 横山貴紀君が発表予定であった「金属パイプ内を落下するネオジム磁石球の速度」についてのポスター発表です。牧野君にとって異なる3件の発表を一人でこなすのはとても大変だったと思いますが、終了時間すぎまで粘り強くそれぞれの発表について丁寧に対応しました。
 今年度の関東大会のテーマは「未来の実になる研究開発」です。今行っている私たちの基礎研究の成果が実際に応用され、新たな世界を開拓できたとすれば、それはとても素晴らしいことです。
 私たちは、発表会などの課外活動における数多くの経験を活かし、将来、様々な課題を解決し、社会に貢献できる研究者になれるように、如何なる厳しい状況下にあっても責任をもって最後まで諦めることなく粘り強く取り組んでいきます。

サイエンスキャッスル2016関西大会

 平成28年12月23日(金)、大阪明星学園中学校高等学校(大阪)において「サイエンスキャッスル2016関西大会」が開催されました。関西を中心に全国から高校生が集まり、口頭発表12件、ポスター発表120件の発表が行われました。
 本校からは1件の口頭発表および2件のポスター発表を行う予定でしたが、大雪のため飛行機が欠航となり、参加することができませんでした。1年10組(SSHクラス)の佐藤琉聖君が「磁石球間および磁石球/鋼球間に働く磁気力と距離の関係」の口頭およびポスター発表を、1年10組(SSHクラス)の三科陽大君が「鋼球/プラスチックレール間の摩擦係数」のポスター発表を行う予定でした。
 今年度はいずれも1年生が入学後、取り組んできた研究成果をわかりやすくまとめ、発表する予定になっていただけに残念な結果となってしましました。
 今年度の関西大会のテーマは「高大連携で加速する研究の芽生え」でした。
 大会には参加できませんでしたが、SSHの卒業生たちが研究者とつながったように、課題研究を通して研究者とつながるきっかけができるように、これからも課題研究に一生懸命取り組んでいきます。

京都産業大学益川塾第9回シンポジウム で発表

ファイル 208-1.jpg ファイル 208-2.jpg
ファイル 208-3.jpg ファイル 208-4.jpg
 平成28年12月18日(日)、京都産業大学神山ホール(京都市北区上賀茂本山)において「京都産業大学益川塾第9回シンポジウム」が開催されました。全国の高校から28校が集まり、43件のポスター発表が行われました。
 本校からは、1年SSH生徒による3件の発表を行いました。牧野楓也君が「IM式加速器における入射球および射出球の運動」、佐藤琉聖君が「磁石球間および磁石球/鋼球間に働く磁気力と距離の関係」、横山貴紀君が「金属パイプ内を落下するネオジム磁石球の運動」について発表しました。今年度はいずれも1年生が入学後取り組んできた研究成果をポスターにわかりやすくまとめ、益川塾の先生方の前で説明し、研究内容について深く議論することができました。
 「ガウス加速器の研究」で始めたネオジム磁石に関する研究も今年度で4年目を迎え、その間にネオジム磁石に関連する研究テーマが5つに増え、それぞれのテーマを少しずつ深化させてきました。そして、そのうちの3テーマが全国規模の発表会で発表できるまでに成長しました。これは、先輩達が取り組んできた研究を後輩たちが継続研究として引き継ぎ発展させてきた結果であり、SSH校ならではの取り組みであるといえます。
 私たちは、先輩から後輩へと引き継ぐことによって長いスパンで研究ができるSSH校の特徴を活かし、これからもネオジム磁石の課題研究に一生懸命取り組んでいきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>