SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

サイエンスツアーⅡ

ファイル 135-1.jpgファイル 135-2.jpg
 2年SSHクラスを対象に、最先端の研究施設および大学研究室を訪問し、現在進めている課題研究テーマと連動した視察・実験・観察等を行うとともに課題研究発表を行い、大学教授等研究者の方々より指導・助言を受け、研究の充実を図ることを目的とし、サイエンスツアーⅡを行いました。

研修日程

・8月2日(日)移動
・8月3日(月)日本大学工学部・日本大学東北高校理科部の生徒と交流
・8月4日(火)日本大学(理工学部・文理学部・生産工学部・生物資源科学部)研究室訪問
        ※課題研究グループに分かれ研修
・8月5日(水)JAXA筑波宇宙センター(筑波研究学園都市)

日本大学工学部

ファイル 135-3.jpgファイル 135-4.jpg
 日本大学工学部では、人と地球の未来のために「ロハスの工学」をテーマに教育・研究・開発を行っています。ロハス(LOHAS)とは「健康で持続可能な生き方、暮らし方」を意味し、東日本大震災後の地域復興に関するさまざまな取り組みについて知ることができました。
 次世代工学技術センターで施設見学および研修を実施し、また日本大学東北高校理科部の生徒と交流を図り、互いに研究発表を行いました。短い時間でしたが交流を深め合いながら充実した時間を過ごすことができました。

日本大学理工学部・文理学部・生産工学部・生物資源科学部

ファイル 135-5.jpgファイル 135-6.jpg
ファイル 135-7.jpgファイル 135-8.jpg
 課題研究テーマと連動した大学研究室・施設を訪問し、それぞれ生徒が進めている課題研究の口頭発表を行い、大学教授等研究者の方々より指導・助言を受け、研究の深化・充実を図ることができました。

JAXA筑波宇宙センター(筑波研究学園都市)

ファイル 135-9.jpgファイル 135-10.jpg
 スペースドームで、様々な人工衛星や国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の実物大モデルおよび宇宙ステーション補給機「こうのとり」の試験モデルの展示を見学しました。また、歴代の日本人宇宙飛行士を育てた宇宙飛行士養成エリアで研修を行いました。

サイエンスツアーⅠ

ファイル 134-1.jpgファイル 134-2.jpg 
 1年SSHクラス生徒対象に、物理・化学・生物・地学・数学・情報の各分野における先端研究を学び、1年後期から実施する「課題研究」の研究テーマ設定の参考とすることを目的とし、サイエンスツアーⅠ(洞爺・函館)を行いました。

研修日程

・8月3日(月)洞爺湖有珠山ジオパーク・函館プラネタリウムの会
・8月4日(火)北海道大学水産学部・はこだて未来大学
・8月5日(水)函館国際水産・総合研究センター

洞爺湖有珠山ジオパーク

ファイル 134-3.jpgファイル 134-4.jpg
 有珠山・昭和新山と、その周辺地域でフィールドワークを行いました。洞爺湖有珠山ジオパークは、2000年の有珠山噴火災害からの早期復興に向け、災害にあった施設をそのまま残す火山遺構と現在も噴火を繰り返す土地で災害と共に生きる意識をもつ事を大きなテーマにかかげている施設です。隆起によって住めなくなった家など、噴火によって起きた様々な災害を目の当たりにして、改めて自然のもつエネルギーを感じ取り、いかにして自然を理解し、共生することができるのかということについて考える良い機会となりました。

はこだて未来大学

ファイル 134-5.jpgファイル 134-6.jpg
 本校の卒業生(24期生)の案内で大学内の施設見学を行いました。その後、学部生の方が講師・アシスタントとなってプログラミング実習に取り組みました。実習ではプロセッシングと呼ばれるプログラミングの言語を用いて、イラストや図形を描いたり、作成した図形をプログラムによって動かすなど、大学の講義で行っている実習を体験することができました。自分の作ったプログラムが動くことに感動を覚え、情報科学に触れる良い機会となりました。

北海道大学水産学部

ファイル 134-7.jpgファイル 134-8.jpg
 チョウザメやティラピアをはじめとする魚類の養殖に関する研究施設において説明を受けた後、食品微生物の研究と食の安全性の確保に関する研究、海苔の養殖に関する研究、海流と植物プランクトンなどの分布に関する研究など多岐にわたる研究についての講義を聞くことができました。その後、水産科学館の訪問を行い、海の生物や水産科学についての理解を深めることができ、後期からの課題研究に向け意欲を高める研修となりました。

第5回国際野生動物管理学術会議(IWMC)において英語でポスター発表

ファイル 136-1.jpgファイル 136-2.jpg
ファイル 136-3.jpgファイル 136-4.jpg
 平成27年7月28日(火)、第5回国際野生動物管理学術会議(IWMC)で科学部生物班が高校生ポスター発表を行いました。国際野生動物管理学術会議(IWMC)とは、世界最大の野生動物学の学術団体であるアメリカ野生動物学会と、日本哺乳類学会の共催の野生動物保護を目的とした会議です。これまでの科学部生物班が目的としていた準絶滅危惧種であるゴマシジミ(チョウ)の保護についての研究成果を世界に発信する機会になりました。
 生徒たちは英語でのポスター発表を行い、ゴマシジミとそれにかかわるアリや植物の調査結果を報告し、今後のゴマシジミの保護・管理方法について聴衆者と討論しました。 
 その後、参加した高校生や海外の研究者たちとの交流会もあり、英語を中心としたコミュニケーション能力の成長につながる一日となりました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>