SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

「中高生による科学教室」に参加

ファイル 144-1.jpgファイル 144-2.jpgファイル 144-3.jpg
ファイル 144-4.jpgファイル 144-5.jpgファイル 144-6.jpg
ファイル 144-7.jpgファイル 144-8.jpgファイル 144-9.jpg
 平成27年10月10日(土)、札幌市青少年科学館において「中高生による科学教室」に本校科学部の生徒13名が参加しました。
 午前中は、札幌医科大学佐々木祐典先生による先端科学技術講座「再生医療の可能性」の講演(90分)がありました。札幌医科大学で行われている脳梗塞や脊髄損傷に対する骨髄幹細胞を用いた再生医療について、とてもわかりやすく説明していただきました。中高生からたくさんの質問が飛び出し、質疑応答を通して再生医療に対する理解をさらに深めることができました。
 午後は、中高生科学部による一般の人たちを対象としたポスター発表が行われました。本校を含め12校が参加し、日頃調査研究している成果をミニ実験や展示物を通して紹介しました。生徒達は、研究発表会での緊張とは違って和やかな雰囲気の中、笑顔で対応していたのがとても印象的でした。また、一般の人たちだけでなく、参加した高校生や中学生とも交流を深めることができました。

第54回全道高等学校理科研究発表大会に出場

ファイル 147-1.jpgファイル 147-2.jpgファイル 147-3.jpg
ファイル 147-4.jpgファイル 147-5.jpgファイル 147-6.jpg
ファイル 147-7.jpgファイル 147-8.jpgファイル 147-9.jpg
 平成27年10月8日(木)~9日(金)の2日間、旭川市で第54回全道高等学校理科研究発表大会が開催されました。参加者、発表件数ともに前年度よりわずかに減少しましたが、数多くの高校生の参加および発表があり、盛大に行われました。
 本校からは口頭発表6件、ポスター発表7件、計13件の発表を行い、そのうち9件が賞を獲得しました。

口頭発表

【物理部門】総合賞1件、奨励賞2件
【生物部門】奨励賞1件

ポスター発表

【物理部門】優秀ポスター賞1件、ポスター賞2件
【生物部門】ポスター賞2件

 全員、素晴らしい研究発表でした。特に、塩野隼也君(2年)は日頃からいろいろなことに一生懸命取り組んできました。それが研究においても成果となって現れ、口頭発表で『総合賞』(口頭発表の最高位)を獲得することができました。この結果、11月7日(土)北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟で開催される第6回中学・高校・大学をつなぐ「物理教育シンポジウム」において、研究の成果を発表できることになりました。また、河原林正思君(2年)は二つのテーマで賞を獲得し、そのうちの一つは独自の研究で『最優秀ポスター賞』(ポスター発表の最高位)を獲得しました。加藤くるみさん(2年)は物理と生物の両方の分野で賞を獲得しました。これは見事としか表現のしようがありません。研究の本来あるべき姿をここに見たように思います。
 分野に関係なく、自分が興味をもった課題に素直に取り組む姿勢はとても立派でした。彼ら個人の努力はもちろんですが、科学部全体がもっている研究に取り組める雰囲気が、このような成果をもたらしたと考えています。
 また、同年代の高校生達と数多く交流したことで、今後、彼らが大きく成長してくれると期待しています。今回の高文連をきっかけにサイエンスを通して、本校生徒が他校との交流をさらに広げていってくれることを願っています。

フィールドワークⅡ(地学)を実施

 平成27年9月24日(木)、「火山灰の中から歴史を探る」のテーマのもと、2年SSHクラス及び中高一貫コース1・2年を対象にフィールドワークを行いました。

実施目的

 本校周辺に存在する支笏火山噴出物および恵庭火山噴出物、樽前火山噴出物の重なりや広がりを観察し、支笏火山の活動史や周辺の地形に与えた影響を学習する。それらを通して、私たちの生活の土台となっている自然や地形にも歴史があることを学ぶ。

観察地点と学習内容

1.恵庭市盤尻

ファイル 143-1.jpgファイル 143-2.jpg
・支笏火砕流堆積物(溶結凝灰岩)、恵庭降下軽石層の観察

2.美沢

ファイル 143-3.jpgファイル 143-4.jpg
・支笏湖降下軽石層及び化石林、支笏湖火砕流堆積物、恵庭降下軽石層の観察
 ※支笏湖降下軽石層に埋もれた化石林を発見

3.美々貝塚

ファイル 143-5.jpgファイル 143-6.jpg
・樽前降下軽石層中の縄文遺跡(貝塚)の観察

4.千歳市埋蔵文化財センター

ファイル 143-7.jpgファイル 143-8.jpg
・高橋センター長より「火山灰が作った大地」についての説明

 フィールドワークⅡを通じて、支笏カルデラ・恵庭岳・樽前山から噴出した火山灰や軽石の地層を観察し、火山活動の変遷をたどるとともに、火山灰の中に埋もれた歴史を学びました。また、その地層のある年代(腐植層が見られる年代)に暮らした人類(北海道の先住民族等)を想像することが、科学を学ぶ者にとって大切であることも学習しました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>