SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

重点枠事業

研究開発課題

地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成

目指す生徒像

高度な科学的視点から常識にとらわれずに本質に迫り、新たな価値を創造する人

育てる資質・能力

デザイン的思考力・コラボレーション力・課題解決力

基礎枠事業

研究開発課題

科学的好奇心を醸成し地域特有課題の発見・解決を導き世界に貢献する科学者育成

目指す生徒像

科学的な見方・考え方を身につけ、自分の頭で考え自分の言葉で語れる人

育てる資質・能力

創造力・学びに向かう力・国際性

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

Global Link Singapore 2017のOral Sessionおよび Poster Sessionで発表

ファイル 232-1.jpgファイル 232-2.jpg
 平成29年3月21日(火)~22日(水)の2日間にわたって開催されたつくばScience Edge 2017で探究指向賞を受賞することができ、Global Link Singapore 2017への招待権を獲得し、7月23日(日)に行われたOral Sessionでその成果を発表しました。また、Poster Sessionにも参加しました。本校からScience Categoryに2年生5名が参加し、発表しました。私達の研究内容が海外の人達に少しでも多く理解してもらえるように、これからも粘り強く努力を積み重ねていきます。

物理チャレンジ2017 第1チャレンジ実験課題レポートで「実験奨励賞(SA)」を受賞

 物理チャレンジは、20歳未満で大学などの高等教育機関に入学する前の人を対象とした全国規模の物理コンテストです。第1チャレンジでは、「実験課題レポート」(6月16日締切)と「理論コンテスト」(7月10日)がありました。
 今年度の実験課題は「重力加速度の大きさを測ってみよう」であり、全国から1,705通の実験課題レポートが提出されました。その中で、本校科学部の牧野楓也君(SSH選択生徒)が提出していたレポートが奨励賞(SA、全体の1.1%)を受賞しました。4月からおよそ2か月間、取り組み、とてもユニーク方法で重力加速度を測定することに成功しました。まだ、解決しなければならない2,3の問題がありますが、これらについては今後も研究を継続させて解決していきます。
 私たちは、物理チャレンジをはじめ他の分野の科学オリンピックにも参加し、これからも、これまで学習してきた知識を将来に活かせるように、様々なことに挑戦していきます。

3年生SSH徒研究発表会(英語口頭発表)

 平成29年7月18日(火)、SSH3年間の課題研究活動の集大成となる英語口頭発表会が行われました。この発表会は、1年生の後期から取り組んできた自分たちの課題研究について、英語でプレゼンテーションをするというものです。この発表会のために、3年生は英語教諭の指導・助言を得ながら研究内容について発表スライドを作成するなどの準備をしてきました。また、当日に備えて発表練習を何度も行いました。その成果もあり、当日は11班すべてが発表と質疑応答を終えることができました。
 発表会の最後にはクラス委員長である宮崎さんが、3年間の課題研究活動を振り返りながら、発表に関わった方々に英語でお礼を述べ、とても充実した生徒研究発表会となりました。
ファイル 228-1.jpgファイル 228-2.jpgファイル 228-3.jpgファイル 228-4.jpg

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>