SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

平成28年度SSH科学講演会が開催されました

 平成28年5月24日(火)13:45~15:00、札幌日本大学高等学校高校校舎体育館にて、札幌医科大学 医学部附属フロンティア医学研究所 神経再生医療学部門 医学博士 佐々木祐典先生をお招きして、全校生徒を対象とする平成28年度SSH科学講演会「北海道発の再生医療 -脳梗塞と骨髄損傷の後遺症改善を目指して-」を開催しました。当日は晴天にも恵まれ、保護者の方々も含め約1000人の参加がありました。

 講演会の要旨は次のとおりです。「近年の生命科学の進歩によって、体のなかに存在する幹細胞(かんさいぼう)が発見されました。この幹細胞を体の外に取り出し、培養し、それをまた静脈から点滴で患者さんの体内に戻すことによって、多くの難病を治療しようという試みが始まっています。札幌医科大学では1990年代より、幹細胞のなかでも骨髄に存在する幹細胞(骨髄幹細胞)に着目して、脳梗塞や脊髄損傷などの体に障害が残りやすい疾患に対する治療法を開発するために、動物実験や臨床研究を行ってきました。現在は、これまでの基礎・臨床研究の良好な結果を受けて、患者さん本人から採集・培養した骨髄幹細胞を“お薬”として製品化して、多くの患者さんに使ってもらえるように、厚生労働省と話し合いをしながら、医師主導治験という形式の臨床試験を、脳梗塞と脊髄損傷の患者さんに対して行っています。今回の講演では、札幌医科大学で行っている脳梗塞や脊髄損傷に対する骨髄幹細胞を用いた再生医療の実際についてわかりやすく紹介し、疾病制圧の実現に向けた再生医療の今後の展望についても触れたいと思います。」
 
 講演は再生医療に関するとても興味深い内容であり、生徒達は強い関心をもって聞くことができました。 講演後の質疑応答においては、生徒からのすべての質問に、佐々木先生は一つ一つ丁寧にわかりやすく答えてくださいました。再生医療について普段は聞くことのできない興味深いお話ばかりであり、大変中身の濃い講演会となりました。佐々木先生、お忙しい中、講演をしていただき誠にありがとうございました。
ファイル 171-1.jpg ファイル 171-2.jpg

第2回日本気象学会ジュニアセッションでポスター発表を行いました

 平成28年5月21日(土)、国立オリンピック記念青少年センター(東京都渋谷区)において「第2回日本気象学会ジュニアセッション」が開催されました。
 午前中のポスターセッションには全国から事前審査を通過した11校(16件)が集まり、日頃の研究成果を発表しました。セッションでは、2時間をかけて活発な議論を交わしました。午後からは、気象講演会に参加し、6名の専門家から台風に関する研究の現状と課題についての講演を聞きました。最後にパネルディスカッションがあり、台風に関するこれまでの基礎知識をいろいろな角度からさらに深めることができました。
 ポスターセッションでは、本校から小野寺栞里さん(3年)、浦川叶君(3年)、および村木廉君(3年)が「温度差で生じる流体の運動」の発表を、前田光稀君(3年)および小幡桃子さん(3年)が「気象条件と太陽の可視光との関係について」の発表をそれぞれ行いました。いずれの発表も、この1年間に取り組んだ研究成果をまとめたものであり、中間報告という形で発表しました。
 ジュニアセッション会場には、気象学会に参加していた数多くの有名な研究者および大学の先生がポスターの前に集まり、彼らの発表にとても熱心に耳を傾けてくれました。データのまとめ方や今後の研究の進め方などについて、彼らは数多くの具体的で有益な助言をいただくことができました。
 また、他校の生徒達との交流も深めることができ、2時間がとても短く感じられる充実した発表会となりました。
 今回発表した研究成果を後輩達が引き継ぎ、さらに内容を充実させて来年度も学会発表ができるように努力を積み重ねていきたいと思います。
ファイル 170-1.jpg ファイル 170-2.jpg
ファイル 170-3.jpg ファイル 170-4.jpg

日本物理学会Jr.セッションに参加 奨励賞を受賞

ファイル 169-1.jpg ファイル 169-2.jpg
ファイル 169-3.jpg ファイル 169-4.jpg
 平成28年3月21日(月)、東北学院大学泉キャンパスにおいて日本物理学会 第12会Jr.セッションが開催されました。本校から第1次審査および第2次審査を通過した4件が、第3次審査(最終審査)として行われる午前中のポスター発表に挑みました。物理学会への参加は今回が初めてでしたが、専門の先生方や参加した高校生達と120分間にわたって議論を戦わせるとともに、お互いに交流を深めることができました。
 午後からは、ノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章先生を囲んで1時間にわたって交流会が行われました。本校の加藤くるみさん(2年SSHクラス)がニュートリノの応用に関して、また佐藤滉大君(1年SSHクラス)が研究生活に関してそれぞれ積極的に質問をしました。直接、梶田先生に質問ができたこと、梶田先生からとても丁寧な答えが返ってきたことに生徒達はとても感激しました。
 表彰式では、河原林正思君(2年SSHクラス)が発表した「磁石球間及び磁石球/鋼球間における磁気力と距離の関係(第1報)」が奨励賞(102件の発表の中で25位以内に相当するもの)を受賞しました。授賞式では、梶田先生から直接、賞状および梶田先生のサイン入りの著書を手渡され、堅く握手をしました。これには、全員が感動しました。また、表彰式後、梶田先生との写真撮影をすることができました。
 日頃の研究成果が全国レベルで高い評価を受けたことは、生徒達にとって大きな自信となりました。また、1年生にとって今回の発表経験は、大きな刺激になったとともに、今後の研究の進め方を考える上でとても参考になったはずです。生徒達はこの1年間、興味をもって毎日こつこつと取り組んできたことが、全国大会で高い評価を受けることができました。わからないことを一つ一つ明らかにしていくことで、未知の領域(先端領域)にどんどん踏み込んでいって欲しいと思います。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>