SSH
SSH活動のトップへ 実験・実習・授業
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 実験・実習・授業

実験・実習・授業

生徒課題研究発表会

 平成25年2月27日(水)、1年7組(SSHクラス)と中高一貫校舎の1年生(1年8組・9組・10組)で、中高一貫校舎体育館にて生徒課題研究発表会を行いました。
ファイル 46-1.jpgファイル 46-2.jpg
 これは、後期の10月より課題研究に取り組んできた発表の機会です。6件の口頭発表と26件のポスター発表を行い、参加者からの質問に答えるなど実りのある発表会となりました。
 生徒達は、科学的な考察・判断・検証能力を習得してきたものを発表し、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を高めることを目標とし実施しました。
ファイル 46-3.jpgファイル 46-4.jpg

口頭発表+ポスター発表

1.物理(雪氷研究)  雪氷発電 ~ペルチェ素子の利用~
2.物理(宇宙物理学) 電波望遠鏡の製作 ~太陽電波の観測~
3.物理(構造力学)  橋の強度についての研究
4.生物(生態系)   周囲の生物との共生を学ぶ ~ゴマシジミの保全について~
5.地学(天文学)   地球脱出シミュレーション
6.数学(数理解析)  確率と統計 ~ゲームの理論~
ファイル 46-5.jpgファイル 46-6.jpg

ポスター発表

7.物理(雪氷研究)    雪結晶の生成と観察
8.物理(雪氷研究)    雪で調べる対流熱の仕組み
9.物理(雪氷研究)    雪の保存と利便性
10.化学(有機化合物) セッケンの研究 ~札幌日大石けんをつくろう~
11.化学(有機化合物) 医薬品の化学 ~解熱鎮痛剤・アセチルサリチル酸 
12.生物(食品分析)  食べる事の本質を学ぶ ~食べて健康になる成分の発見
13.地学(気象学)   宇宙から見た地球 スペースバルーン ~対流圏からの脱出
14.化学         合成着色料の分析
15.物理         新エネルギーによる発電
16.物理         リサイクルによる省エネルギーの検証
17.生物         ミドリムシの光走性
18.地学         惑星および月の表面の調査
19.生物         動物の行動 試行錯誤学習
20.地学         北半球と南半球の違い
ファイル 46-7.jpgファイル 46-8.jpg

 これまでの課題研究を通じて、理科・数学についての基礎知識の拡充をはじめ論理的思考力が向上し、また科学的思考力や探究心がさらに喚起され、研究方法や発表方法について理解が深まりました。
ファイル 46-9.jpgファイル 46-10.jpg

Voice

◆Voice1
・これまでにたくさんの発表会に参加させていただいたが、そこでの経験を今回活かすことができた。これからも色々な経験を積んでいき、今後の自分の発表に役立てていきたい。
◆Voice2
・たくさんの他の人達の発表を見て、発表の仕方や自分達の研究と比較するなどして、いろんな事を吸収したいと思った。
◆Voice3
・ご来賓された方々や校長先生に頂いたアドバイスはとても的を射ていて、研究について考えるきっかけになったし、研究を続ける意欲がわいた。
◆Voice4
・口頭発表の手法やパワーポイントの作り方、各班の工夫を学ぶことができたし、ポスター発表でも一貫校舎のみなさんからたくさん吸収することが出来た。
◆Voice5
・今回の発表会でとてもいい刺激を受けて、それをもっと体験して自分のものにしたいと思ったから。
◆Voice6
・発表会に向け休日も返上し頑張ってきた。そのため、一つの目標に向かって努力することの心地よさを久々に感じることが出来た。

東北・北海道地区SSH指定校発表会に参加

 平成25年1月26日(土)27(日)、宮城県仙台第三高等学校にて開催された「平成24年度東北・北海道地区SSH指定校発表会」に2年生1名、1年生3名が参加しました。
ファイル 43-1.jpgファイル 43-2.jpg
 この発表会は、東北・北海道地区のSSH指定校の代表生徒が、それぞれの学校における研究成果の発表を行い議論することで相互に刺激し合い、これからの活動や研究の質的向上と内容の深化を図ることを目的としています。
ファイル 43-3.jpgファイル 43-4.jpg
 札幌日本大学高等学校では、ポスターによる研究発表を3テーマ行い、科学部2名による発表が1テーマ、また1年SSHクラスの2名が各1テーマ発表しました。
 参加した生徒は、大勢の前で研究発表をしている他SSH校の発表者との交流で、自分たちの行っている研究と、他校の研究を比較して不足している点をまとめ、その上で今後自分たちの実験をどのように進めていけば良いか等、多くのことを学ぶ機会となりました。
ファイル 43-5.jpgファイル 43-6.jpg
 生徒達は、2月27日(水)本校で行う生徒課題研究発表に向けて、更に研究活動を進めています。
ファイル 43-7.jpgファイル 43-8.jpg

青少年のための科学の祭典(北広島大会)を実施

 12月1日(土)、本校で小学生を対象にした理科実験イベント『青少年のための科学の祭典 北広島大会』を実施しました。
ファイル 34-1.jpgファイル 34-2.jpg
 このイベントは今年で3年目を迎え、中高一貫校舎体育館及び理科室で“小学生に理科の楽しさや面白さを伝えること”を目的に開催しております。
ファイル 34-3.jpgファイル 34-4.jpg

各ブースのテーマ

1.ループコースターを体験してみよう!
2.「万華鏡」をつくろう!
3.ぷよぷよをつくろう!
4.ひむしで遊ぼう!
5.盲斑をさがそう!
6.NSS(日大宇宙ステーション)でミッションに挑戦!
 ~火星探査ロボット・ロボットアームを動かそう~
7.偏光フィルムで遊んでみよう!
8.光で音を飛ばしてみよう!
9.発泡入浴剤をつくろう!
10.液体窒素で遊ぼう!
11.サイエンス&マジックショー!
12.ゼネコンを使った電気分解!

科学部

 科学部では、「ぷよぷよをつくろう!!(人工いくらづくり)」というテーマで実験を実施しました。
ファイル 34-5.jpgファイル 34-6.jpg
 また、1年7組の生徒は、「ループコースターを体験してみよう!」というブースで子供達と触れ合うことができました。
ファイル 34-7.jpgファイル 34-8.jpg
 会場は小さなブースが多数あり、子供達が自ら興味のある実験をできるように工夫しております。
ファイル 34-9.jpgファイル 34-10.jpg
 今後も多くの子供達に触れあい、理科の楽しさや面白さを伝えることで“理科好き”になって欲しいと思っています。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>