SSH
SSH活動のトップへ 実験・実習・授業
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 実験・実習・授業

実験・実習・授業

青少年のための科学の祭典(北広島大会)を開催

 12月7日(土)、本校の生徒(1年SSHクラス、2年SSHクラス、中学校・高校の科学部員)による、小学生を対象にした理科実験イベント『青少年のための科学の祭典北広島大会』を中高一貫校舎体育館及び理科室で開催しました。
ファイル 75-1.jpgファイル 75-2.jpg
 このイベントは今年で4年目を迎えましたが、生徒主導でブース運営をする試みは今年が初めてでした。生徒達は“地域の小学生に理科の楽しさや面白さを伝えること”を目的に各ブースで子供達に実演しました。また、昨年に引き続き千歳科学技術大学、今年から北海道大学院の学生さん達の出展もいただきました。
ファイル 75-3.jpgファイル 75-4.jpg
 今後も多くの子供達に触れあい、理科の楽しさや面白さを伝えることで“理科好き”になって欲しいと思っています。
ファイル 75-5.jpgファイル 75-6.jpg

各ブースのテーマ

■札幌日本大学中学校・高等学校
(中高一貫校舎 体育館)
1.偏光フィルムで遊んでみよう!
2.片栗粉で遊ぼう!
3.ダイヤモンドダスト(雪の赤ちゃん)を見よう!
4.ループコースターを体験してみよう!
5.ひむしで遊ぼう!
6.ふしぎな万華鏡づくりに挑戦!
7.発泡入浴剤をつくろう!
8.盲斑をさがそう!
9.磁石で遊んでみよう!
10.パラシュートをつくろう!
(理科室)
11.サイエンスショー
12.かがみをつくろう!
13.ぷよぷよをつくろう!

ファイル 75-7.jpgファイル 75-8.jpg
ファイル 75-9.jpgファイル 75-10.jpg

科学の甲子園に参加

 平成25年10月6日(日)、札幌西高校にて開催された『科学の甲子園』に本校1年8組6名、2年7組6名が参加しました。この大会は、北海道教育委員会が主催するもので、数学、理科、科学技術等の知識・技能を用いて、チームで日常生活と関連付けながら科学的に問題に対する興味・関心を高めることを目的としています。
ファイル 73-1.jpgファイル 73-2.jpg
 今回は、札幌西高校、札幌啓成高校、札幌開成高校、札幌日大高校の計4校が参加し、全道大会出場を目指し各種難問に取り組みました。(制限時間は120分、全14問)それぞれが得意分野を活かし、問題にチャレンジしました。
ファイル 73-3.jpgファイル 73-4.jpg

サイエンスキャンプに参加

 平成25年9月14日(土)・15日(日)の2日間、道立教育研究所附属理科教育センターで行われた「サイエンスキャンプ」に、2年生1名が参加しました。
ファイル 66-1.jpgファイル 66-2.jpg
 生徒交流型実験(実験実験屋台)で本校は、テーマ「回路をあてろ!」を行いました。これは、回路のスイッチを入れることで点灯する電球を確認し、どのような回路になっているか当ててもらうという実験です。
ファイル 66-3.jpgファイル 66-4.jpg
 実験観察(物理)では、各班に分かれNASAゲーム(ある緊急状況を想定しそれを乗り切るためにどのような物が必要か考える)を行い、各校の生徒とともに考え、自分たちの意見を伝える方法等を学びました。また、実験観察(地学)ではデジタル四次元地球儀と気象情報可視化ツールを使って台風を調べました。 
 さらに、SSH校の交流の一環としてサイエンスバトルが行われました。理科センターの先生方が作成した問題に対して制限時間内に各校混合チームで回答し、それを全員の前で説明する体験型交流会を行いました。生徒は、他SSH校の生徒と交流し多くの刺激を受け、活動意欲を大きくした研修となりました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>