SSH
SSH活動のトップへ 実験・実習・授業
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 実験・実習・授業

実験・実習・授業

雪結晶生成実験 ポスター発表

ファイル 62-1.jpgファイル 62-2.jpg
 平成25年7月16日(火)、5月30日(木)課題研究基礎として授業で行った雪結晶生成実験・観察(平松式)について、ポスター発表を実施しました。
 1年8組(SSHクラス)の生徒を対象に、後期(10月)から行う課題研究の準備、口頭発表の練習の機会としました。
ファイル 62-3.jpgファイル 62-4.jpg
 各班でポスターを作成し、個性を活かした発表を行いました。発表の内容・方法はまだまだ改善の余地が見られましたが、活発な質問が相次ぎ、応答も的確であるなど大いに盛り上がった発表会でした。
ファイル 62-5.jpgファイル 62-6.jpg
 生徒達は、研究・発表に一層興味を持ち、学んだたくさんの知識を今後の課題研究活動で発揮してくれると思います。
ファイル 62-7.jpgファイル 62-8.jpg

フィールドワーク(生物)を実施 ~本年度、2回目~

ファイル 55-1.jpgファイル 55-2.jpg
 平成25年6月22日(土)、1年SSHクラスの希望者12名と2年SSHクラスの希望者9名、及び科学部生徒6名で、今年第2回目となるフィールドワーク(生物)を実施しました。

 この活動は、ゴマシジミという蝶とそこに共生する昆虫・植物の生態を知る事を主な目的として、通算で4回目になります。
ファイル 55-3.jpgファイル 55-4.jpg

 今回は、7月後半から羽化するゴマシジミの個体数調査の方法(ルートセンサス法)を知ること、また昆虫採集の基本的な方法を知るためにこのような実施を計画しました。
ファイル 55-5.jpgファイル 55-6.jpg

 前回同様、小雨の降るあいにくの天気でしたが、雨の中に見られる様々な昆虫の種類と生態について、玉川大学坂本先生から詳しいお話を聞かせていただきながら、この時期羽化が始まっているベニシジミを採取・マーキングしてから、昆虫自体を傷つけないように離すという実習を行いました。

 その後、この研究フィールド内のアリの種類と数を調査するために、坂本先生、北広島森の倶楽部の皆さんと共に、捕獲トラップを仕掛けてじっと時期を待ったところ、様々なアリの姿が見られました。同じ地域でも水分量や日当たり、植生などによって分布しているアリの種類と個体数が変化していることが簡単に見て取れました。
ファイル 55-7.jpgファイル 55-8.jpg

 また、クシケアリの巣を掘りゴマシジミ幼虫や女王アリ捕獲を行ったところ、今回は巣の中にゴマシジミ幼虫と女王アリがいました!これは今後、科学部生物班の活動の活性化に繋がる結果となります。

 こうしている内に天候も回復し、本日のフィールドワークを終了することができ、生徒達は満足げな顔をしてフィールドを後にしました。
ファイル 55-9.jpgファイル 55-10.jpg

 ゴマシジミは、レッドリスト2011準絶滅危惧種に指定されている蝶です。今後も採取や生息環境をこわさないよう、貴重なフィールドがある北広島市で独自の研究を進めていきます。

科学部2年・SSHクラス1年生徒で赤毛米の田植えを実施

ファイル 58-1.jpgファイル 58-2.jpg
ファイル 58-3.jpgファイル 58-4.jpg
 平成25年6月8日(土)午後から、科学部2年とSSHクラス1年の生徒で赤毛米の田植えを実施しました。
ファイル 58-5.jpgファイル 58-6.jpg
 今年も札幌日本大学高等学校近所にある片桐さんの水田の一部をお借りでき、“北海道米の原点”である赤毛種の苗を植えました。秋に稲刈りし、脱穀を行う予定です。
ファイル 58-7.jpgファイル 58-8.jpg
※苗は、赤毛種を13年にもわたって、唯一栽培する住田さんにわけていただいたもので、大切に育てたいと考えています。
ファイル 58-9.jpgファイル 58-10.jpg

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>