SSH
SSH活動のトップへ 実験・実習・授業
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 実験・実習・授業

実験・実習・授業

秋の好天に赤毛米稲刈りを実施

 平成25年9月14日(土)午前、科学部2年と1年生で赤毛米の稲刈りを実施しました。
 本校では、北海道米の祖ともいうべき『赤毛米』を昨年から育成しています。
ファイル 65-1.jpgファイル 65-2.jpg
 夏の好天ですくすくと育った赤毛種は、その名の通り穂の部分がうす赤く色づいていました。
ファイル 65-3.jpgファイル 65-4.jpg
 生徒達は、直前に降り続いた雨のため生憎ぬかるんでいる田に入っていきました。手に稲刈り用の鎌を持ち、慣れぬ手つきで作業を行い1時間半ほどでおよそ25,000本の稲を刈り取ることができました。
ファイル 65-5.jpgファイル 65-6.jpg
 この稲は、現在「ハサ」に掛けておりますが、水分調整が済みましたら、足踏み式脱穀機で昔ながらの脱穀をすることにしています。
ファイル 65-7.jpgファイル 65-8.jpg
 田植えも手作業、稲刈りも手作業で行い、先人の苦労をしのびながら勤労の精神を学び、協調性を培うことができたと思います。
 北海道米発祥の地北広島で、多くの方々の支援のもと、赤毛種の栽培を継続していきたいと考えております。
ファイル 65-9.jpgファイル 65-10.jpg
※苗は、赤毛種を13年にもわたって、唯一栽培する住田さんにわけていただいたもので、大切に育てたいと考えています。

SSH生徒研究発表会(パシフィコ横浜)に参加

ファイル 64-1.jpgファイル 64-2.jpg
 平成25年8月7日(水)・8日(木)、パシフィコ横浜において、SSH生徒研究発表会が開催されました。
 本校からは2年生2名、1年生2名が参加し、課題研究テーマ「ケルセチン類の抽出効率と有効活用」について研究発表を行いました。
ファイル 64-3.jpgファイル 64-4.jpg
 生徒は、初日午前中に講演「細胞組織で治療する再生医療テクノロジー」を聴き、午後より研究発表を行いました。また、翌日も研究発表を行い、発表を通じて他校生徒と交流しました。参加した生徒は、緊張しながらも多くのことを学び、今後の実験についての研究意欲をさらに大きくした発表会となりました。
ファイル 64-5.jpgファイル 64-6.jpg

[課題研究]北海道大学大学院工学研究院へ訪問研修

 平成25年7月18日(木)、2年7組(SSHクラス)の生徒対象に、北海道大学大学院工学研究院で訪問研修を実施しました。
ファイル 63-1.jpgファイル 63-2.jpg
 課題研究13班に、北海道大学の大学院生を各班1名配置いただき、大学院生と徹底的に課題研究についてディスカッションしました。そこでの疑問点を抽出し、プレゼンテーションの技術を学ぶ等、研究に欠けている部分を発見させ、今後の課題研究の取組みの充実を図りました。生徒達にとって、とても有意義な時間となりました。
ファイル 63-3.jpgファイル 63-4.jpg
ファイル 63-5.jpgファイル 63-6.jpg
ファイル 63-7.jpgファイル 63-8.jpg
ファイル 63-9.jpgファイル 63-10.jpg

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>