SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

アジアサイエンスキャンプ2018に参加

ファイル 318-1.jpgファイル 318-2.jpg
 2018年8月3日(金)~9日(木)、インドネシアのマナドにおいて「アジアサイエンスキャンプ2018」が開催されました。アジアサイエンスキャンプは、ノーベル賞受賞者をはじめ一流の研究者やアジアを中心とする国々から優秀な高校生が参加し、直接科学の面白さを体験するための先進的科学技術体験合宿です。アジアを中心に、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド、エジプトなどからも、優秀な高校生が集まり、交流を深めました。本校から宮本悠史君(2年)が参加し、科学講演を聞いたり、参加者達とディスカッションをしたりしました。トップレベルの考え方に直接数多く触れることで、これまで想像もできなかったような貴重な体験をすることができました。参加中、英語を含めたコミュニケーション能力の不足を痛感し、普段から他者とコミュニケーションをとっていくことの重要性を再認識しました。また、合宿中に4つの課題が与えられ、5名1チームで課題「Recovery」についてポスターを作成しました。トルコ、インドネシア、韓国、および中国の高校生と協力して作成したポスターが、上位2チームに与えられる賞を受賞することができました。
 今回の経験を今後の国際学会等でのプレゼンテーションや、質疑応答を通じてのディスカッション等に活かしてほしいと思います。

「女子中高生夏の学校2018~科学・技術・人との出会い」に参加

 2018年8月9日(木)~11日、国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町)において「女子中高生夏の学校2018~科学・技術・人との出会い」(定員80名)が開催されました。全国から多数の中高生、科学研究者・技術者、大学生・大学院生が集まり、2泊3日の合宿研修が行なわれ、交流を深めました。本校から1年生SSH選択者2名が参加しました。合宿研修を終えた生徒2名の感想を以下に紹介します。

 「女子中高生夏の学校」は、合宿研修期間中に科学研究者・技術者、大学生等と交流し、自分の将来について考えを深めるイベントです。私はこの女子中高生夏の学校に参加したことで様々な地方に住んでいる友人ができました。また、実際に企業等で活躍している理系の女性の話を聞くことができました。私が最も印象に残っている話は、子育てを重荷にせず仕事と両立している人の話です。このように普段の生活ではできないような経験をたくさんすることができました。このイベントに参加して本当に良かったです。(1年 管野紗那)

 「女子中高生夏の学校」は理系に興味がある、理系の進路を考えている女子中高生が全国から集まり、実験や実習を通して理系の面白さに触れるための企画でした。その企画の中には、理系の様々な分野に進んだ大学生や専門の先生方と自由に質問や相談等の話をする機会がありました。今まで知らなかった分野でたくさんの面白い実験、研究を見せていただいたり、自分が学びたいと思っている学問について違った角度から研究する道もあるというアドバイスをいただいたりしました。今回のこの夏の学校で得た知識や発想、経験を今後の研究に生かし、さらに密度の濃い内容にできるように頑張りたいです。(1年 今村美咲)

「ポスター発表賞」受賞 平成30年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会

ファイル 317-1.jpg
 2018年8月8日(水)~9日(木)、神戸国際展示場(兵庫県神戸市)において、平成30年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会が開催されました。今年度の大会には、国内SSH参加校208校、海外招へい参加校11校の高校が参加しました。本校を代表してSSH選択者3年生2名、2年生1名が大会に参加し、これまで取り組んできた課題研究について発表し、「ポスター発表賞」を受賞しました。受賞は昨年度の「奨励賞」に続き、3年連続となります。
 課題研究発表や科学を通じての交流など今後もSSH活動が続きますが、初心を忘れることなく努力を積み重ねていってほしいと願っています。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>