SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2019)最終審査会で発表

ファイル 405-1.jpg
 ジェイセック(JSEC/高校生科学技術チャレンジ)は、2003年に始まった科学技術と数学の自由研究コンテストです。全国から直接応募を受け付け、専門家の審査委員による書類審査とプレゼンテーション審査で優秀な研究作品が表彰されます。今年度は、全国から267件の研究作品の応募がありました。その中で、本校科学部 抵抗率研究Gが応募していた研究作品「外部電源なしで金属パイプの抵抗率を測定する方法」が最終審査32件に選ばれ、12月14日(土)および15日(日)の2日間にわたって、未来科学館でポスター発表を行いました。

 この研究は科学部の先輩達から7年間にわたって引き継いできた継続研究であり、これまでの研究成果に今年度、新たに得られた成果を加えた作品です。この研究はまだ途中の段階にあり、多くの実験がさらに必要ですが、これまでに数多くの研究成果が得られています。当日は、代表を一人欠いての発表になりましたが、二人で力を合わせて研究内容が多くの人に伝わるように頑張りました。質疑応答を通じて幾つかの課題も見つかり、また他校の発表者との交流を通じて、多くの刺激を受けることができました。吉藤健太郎さんとも直接お話ができ、研究意欲をさらに高めることができました。

 今後も、抵抗率の研究がさらに深化するように、信頼できる実験データを一つひとつ積み重ねていきます。学問および応用面に少しでも貢献できる研究を目指し、後輩達と協力しながら粘り強く取り組んでいきます。

異能vation通信 第1号

異能vation通信 第1号 ※PDFファイルが開きます。

令和元年度課題研究活動 東京大学で成果発表(日本原子力文化財団主催)

ファイル 402-1.jpgファイル 402-2.jpg
 2019年12月15日(日)東京大学工学部2号館において、課題研究活動「成果発表会」が開催され、本校からSSH・科学部の1年9組大越温斗君、1年8組山口隼季君が「放射性廃棄物の最終処分」をテーマに、これまで見学してきた「幌延深地層研究センター」「泊原子力発電所」の報告や発電所から排出される温排水の環境に対する考察、さらに放射線遮蔽条件などについて研究の成果を発表しました。

 審査委員長の東京大学大学院教授の飯本武志先生からは、施設見学において単なる報告にとどまらず、現場にいる人がどのように考えているのかなどを自分の言葉で発表している点を評価していただきましたが、研究のねらいが今ひとつ明確になっていなかった点や放射線遮蔽効果の先行研究をもう少し調べるともっと良い発表になるという大変有益な助言もいただきました。今後の研究に活かしていきたいと思っています。

 また、先生からは成果発表に関わる全体的なアドバイスとして、次の5点をあげられました。

 ① 原稿を見るのは良いとするが、聴衆の目を見て話さなければメッセージは届かない。
 ② 資料をコピペした場合は、どこから引用したか必ず明らかにしておかなければ盗用になる。またその情報の正確さはきちんと調べたかが問われる。
 ③ 発表時間は必ず守ること、ルール違反になる。基本的にオーバーした場合評価は0点。
 ④ 使っている言葉の定義を間違えてはいけない。研究そのものの信頼性が問われる。
 ⑤ 「ケーススタディ」にとどまるな。「○○内における~」と範囲を狭めることはよくあるが、ここから一般化、普遍化していくことが大切。

 この5点は東大のマスターコースの学生にも当てはまるそうです。
 本校でも今後の成果発表会において、チェックしていきたいと考えています。
 各高校の発表後、班に分かれて活動を振り返るグループワークを行い、大変有意義な一日を過ごすことができました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>