SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

重点枠事業

研究開発課題

地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成

目指す生徒像

高度な科学的視点から常識にとらわれずに本質に迫り、新たな価値を創造する人

育てる資質・能力

デザイン的思考力・コラボレーション力・課題解決力

基礎枠事業

研究開発課題

科学的好奇心を醸成し地域特有課題の発見・解決を導き世界に貢献する科学者育成

目指す生徒像

科学的な見方・考え方を身につけ、自分の頭で考え自分の言葉で語れる人

育てる資質・能力

創造力・学びに向かう力・国際性

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

北海道大学電子科学研究所 長山雅晴教授による特別講義を実施

 平成29年12月12日(火)、北海道大学電子化学研究所の長山雅晴教授に来校いただき、2年SSH選択生徒を対象とした特別講義『漸化式を使っていろいろな現象を数学にしてみよう!』を実施しました。簡単なセルオートマトンや数学Bで習う数列、漸化式を使って様々な現象を数式で表現するという講義を聴講しました。拡散現象や渋滞現象、化学反応を記述する漸化式をつくり、数学が科学技術や社会の中でどのように役に立っているのか、数学という視点から物事を見ることの重要性などを理解することができました。数学を使うことの意義や楽しさを感じる機会となりました。
ファイル 282-1.jpgファイル 282-2.jpgファイル 282-3.jpg

平成29年度科学の甲子園北海道大会決勝大会

 平成29年12月9日(土)、北海道札幌啓成高等学校にて開催された『科学の甲子園北海道大会決勝大会』に本校1チーム(6名)が参加しました。この決勝大会には、全道から12チームが参加し、各チーム3名ずつが筆記・実技競技と総合競技に分かれ、科学的問題を解決する力を競い合いました。また、午後からの総合競技コンテストでは各チームが作成した針金独楽をどれだけ長く回せるか時間を競い合いました。本校の総合成績は第4位と惜しくも入賞できませんでしたが、次年度は優勝目指して頑張りたいと思います。

ファイル 281-1.jpgファイル 281-2.jpgファイル 281-3.jpg

本校科学部が「第4回中高生によるサイエンス広場」に参加

ファイル 283-1.jpgファイル 283-2.jpg
 平成29年12月10日(日)、札幌市青少年科学館において、「第4回中高生によるサイエンス広場」が開催されました。これは、中学校・高等学校の科学部の生徒が、小学生をはじめとする来場者を対象とした簡単な実験や工作などの体験ブースを開設し、来場者たちとコミュニケーションをとりながら原理や使い方などを説明するという科学イベントです。本校から科学部1年生9名が参加し、「パラシュートをつくって、とばしてみよう」、「ちりめんモンスター」および「煮干しの解剖」の3つの体験ブースを開設しました。今回は、10時入場開始から、終了まで小学生をはじめとするたくさんの来場者が訪れました。いずれのブースでも、熱心に取り組む小学生たちとコミュニケーションをとりながら、一緒に楽しく取り組むことができました。
 次回は、来場者の方々に実験や工作をもっと楽しんでもらえるように、一つ一つのブースに工夫を重ねていきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>