SSH
SSH活動のトップへ 施設等見学・研修
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 施設等見学・研修

施設等見学・研修

サイエンスツアーⅠを実施 ~帯広方面~

 2019年8月1日(木)から3日(土)までの3日間,1年生のSSH選択生徒を対象としたサイエンスツアーⅠを実施しました。科学・農学等の分野に関係する研究施設を訪問し,最先端の研究及び生活に直結した技術を体験しました。

研修日程

8月1日(木) 帯広畜産大学,りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)
8月2日(金) 足寄動物化石博物館,白糠にて化石発掘
8月3日(土) 帯広百年記念館,清水町美蔓バイオガスプラント

研修1日目

帯広畜産大学

 帯広畜産大学では,大学の概要説明を受けた後,農学博士の梅津一孝教授から,大量に発生する家畜の糞尿から熱や電気になるバイオガスと肥料効果が高い液肥を作り出す工程と仕組みについて学びました。講義を受けた後は研究室や実験室を見学し,作業の手順や実験方法に加えて,自分たちが実験を行う上で注意を払う点についてアドバイスをして頂きました。
       ファイル 369-1.png ファイル 369-2.png

りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)

 りくべつ宇宙地球科学館では,陸別町産業振興課銀河の森振興主任主査で理学博士の村田拓也先生から『太陽活動と宇宙船』という題の講義を受け,太陽活動と宇宙線変動の関係性とオーロラについて学び,その後,霧箱の実験で宇宙線の飛跡を見ることができました。展望台では,木星と土星の環を見ることができ,感動の声が挙がっていました。
       ファイル 369-3.png ファイル 369-4.png

研修2日目

足寄動物化石博物館

 足寄動物化石博物館では,施設や博物館で説明を受けた後,学芸員である新村龍也先生から『骨から姿を呼び起こす!』という題で講義を受け,たった1つの部分的な化石から,これまでの知識と経験をもとに,動物や恐竜の姿を復元させる工程について学びました。午後は,白糠方面に移動し,実際に化石発掘を体験しました。貝の化石が次々と発掘され,至る所で喜びの声が挙がっていました。
       ファイル 369-5.png ファイル 369-6.png

研修3日目

帯広百年記念館

 帯広百年記念館では,学芸員で主査である池田亨嘉先生から,池や木々,生態系についての説明を受けながらフィールドワークを行い,その後は,博物館常設展示室で北海道の自然や動物について説明をして頂きました。普段の生活では,草木が覆い茂っている場所を「自然」と表現していますが,すでに人間の手が入り,本来生育すべき環境で動植物が生活することができていないという言葉が大変衝撃的でした。
       ファイル 369-7.png ファイル 369-8.png

清水町美蔓バイオガスプラント

 清水町美蔓バイオガスプラントでは,帯広畜産大学で学んだ糞尿からエネルギーを得る実際の工場を見学することができました。工場では,株式会社エネコープ事業本部新エネルギー部マネジャーの須藤貴宣先生が工程や仕組みを詳しく説明して下さり,工場内部も見学させて頂くことができました。
       ファイル 369-9.png ファイル 369-10.png

原子力・エネルギー課題研究活動の「交流会・施設見学会」に参加

ファイル 370-1.jpg ファイル 370-2.jpg
 2019年8月1日(木)および2日(金)、原子力・エネルギー課題研究活動の「交流会・施設見学会」が掛川商工会館(静岡県掛川市)および浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)において開催されました。全国から書類選考を通過した10校の高校が集まり、本校からは1年SSH 生徒2名が参加しました。
 初日は、各校の活動紹介、東京大学 飯本武志 先生による「今後の活動へのアドバイス」、グループワーク(原子力発電について他校と意見交換)、日本エネルギー経済研究所 下郡けい 先生による基調講演「日本と世界のエネルギー・原子力政策」が行われ、原子力発電に関する基礎知識をさらに深めることができました。
 2日目は、浜岡原子力館および浜岡原子力発電所を見学しました。原子力研修センター内には、過去に経験した事故概要が展示され、失敗から多くを学んでいることがわかりました。従業員の方々が、安全性のさらなる追求および「エネルギーミックス」に向けて全力で取り組んでいることを知ることができました。
 私たちはこのような活動を通して、原子力とエネルギーの将来について真剣に考え、様々な角度から分析することが重要であると考えています。原子力が抱えている課題の一つである「放射性廃棄物の最終処分」について真摯に調査、研究を進めるため、8月下旬に幌延深地層研究センターを訪問する予定です。

日本地球惑星科学連合2019年大会 高校生セッションで優秀賞を受賞

 2019年5月26日(日)、幕張メッセ国際会議場・展示場(千葉市美浜区)で開催された「日本地球惑星科学連合2019年大会 高校生セッション」において、本校SSH選択者・科学部3年生1名および2年生1名がそれぞれポスター発表を行いました。
 この大会は、年に一度、「地球惑星科学」に関わる国内外の研究者が集まり研究発表を行う場であり、高校生ポスターセッションが設けられています。このセッションには全国から80件の発表がありました。本校の発表は、「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」および「太陽高度と太陽光RGB値の関係」であり、それらの研究成果を整理してわかりやすく発表し、質疑応答を行いました。その結果、「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」の発表が優秀賞を受賞しました。
 専門の先生方からの助言を参考にし、まだ残されている幾つかの課題解決に向けてこれらの研究テーマをさらに深化させていきます。
ファイル 359-1.jpgファイル 359-2.jpgファイル 359-3.jpg

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>