SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

東京工業大学理学院 山崎詩郎 先生研究室訪問

 2019年10月16日(水) 12:30~14:45、東京工業大学理学院 助教 山崎詩郎 先生の研究室を訪問しました。毎年、SSH課題研究「物理分野」のテーマで3年間取り組んできた生徒が、山崎先生の研究室を訪問し、先生の前で研究成果を報告してきました。今年度は、3年9組 宮本悠史 君が代表して、「ネオジム磁石による地磁気水平分力の無電源測定」というテーマで、入学してから取り組んできた研究成果をまとめ、口頭発表を行いました。
 スライド1枚ごとに納得のいくまで議論を重ねた結果、研究内容に関する理解を一段と深めることができ、また数多くの課題を新たに発見することができました。これらの研究成果と課題は、来年度から後輩へと引き継がれていくことになります。
 先輩から引き継がれてきた物理分野の課題研究をさらに発展させ、後輩へとしっかり引き継ぐことができるように、3年生の残りの期間、最後まで努力を積み重ねていきます。

ファイル 389-1.jpg

SSH通信 令和元年度第3号

SSH通信 令和元年度第3号 ※PDFファイルが開きます。

第58回全道高等学校理科研究発表大会に参加

 2019年10月12日(土)および13日(日)の2日間にわたって、第58回全道高等学校理科研究発表大会が北海道小樽潮陵高等学校で開催されました。今年度の大会は、参加生徒数554名、参加校61校、研究発表78件、およびポスター発表117件(審査79件、オープン38件)でした。
 本校から科学部1年生14名、2年生13名の計27名が参加し、研究発表5件、ポスター発表11件(審査部門5件、オープン部門6件)を行いました。今年度も道内最多の参加者および発表件数で臨みました。発表テーマおよび結果は、以下の通りです。

[口頭発表3件]

物理部門 ネオジム磁石を用いた非磁性金属の抵抗率測定法 第3報 [総合賞]
化学部門 ケルセチンの抽出の効率化と実用化 [奨励賞]
地学部門 ネオジム磁石を用いた地磁気の測定 第2報 [総合賞]

[ポスター発表審査部門5件]

歩幅と歩行速度の関係 第2報 [ポスター賞]
フーリエ変換を用いた倍音成分の比較による音色解析手法の研究 [ポスター賞]
太陽高度と太陽光RGB値の関係 [ポスター賞]
部活動別の指の菌について [ポスター賞]
ゴマシジミの保護を目指して [ポスター賞]

[ポスター発表オープン部門6件]

街路樹のRGB値測定による気象調査
ネオジム磁石による地磁気の測定
地球を覆う光の膜 大気光
放射性廃棄物の最終処分
メタン発酵消化液の活用法
人工知能による画像認識

 今年度も多くの発表が表彰されました。来年度も、新規テーマを開拓するとともに、継続テーマがさらに深化するように努力を積み重ねていきます。

ファイル 384-1.jpgファイル 384-2.jpgファイル 384-3.jpg

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>