SSH
SSH活動のトップへ 施設等見学・研修
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 施設等見学・研修

施設等見学・研修

北海道大学低温科学研究所を訪問

 平成25年6月27日(木)、1年8組(SSHクラス)の生徒が北海道大学低温科学研究所を訪問し、雪結晶の講義及び施設見学をしました。
ファイル 56-1.jpgファイル 56-2.jpg
 所長の古川義純教授より、北海道大学の概要・魅力を聞き、宇宙実験(氷の結晶成長)に用いた微小重力環境による氷結晶生成の小型実験装置を目の前に講義を受けました。
ファイル 56-3.jpgファイル 56-4.jpg
 ある生徒は、「雪結晶は本当に六角形なのか?」と疑問を持ったものもおり、知的好奇心を刺激することが出来たことと思います。また、約70万年前に南極大陸で採取された約3,000mの氷コアが保管されている-50℃の超低温保存室、氷コアの分析が行われる-20℃の低温実験室を見学し、研究員の方々より熱心に丁寧な説明をいただきました。
ファイル 56-5.jpgファイル 56-6.jpg
 生徒達は、普段見ることができない大学・研究室の様子や、最先端の研究に触れることができ、目を輝かせていました。
ファイル 56-7.jpgファイル 56-8.jpg
ファイル 56-9.jpgファイル 56-10.jpg

生徒の声

◆Voice1
『氷の結晶の研究は、普段私たちの生活に関係がないと思っていましたが、実感がないだけでとても役に立っていると知りました。北海道に住んでいることもあり、これからもっと身近な雪について調べたいと思いました。』
◆Voice2
『どのように研究に取り組んでいるかが分かり、これからの研究に約立てたいと思いました。』
◆Voice3
『様々な先端技術や、教授や大学院生のお話を聞けてすごく良い刺激を受けました。好きなことを研究していた教授の姿を見て、自分もそうなりたいと感じました。』
◆Voice4
『砂糖と洗剤という身近なものでも結晶がつくれるということを知ることができました。-50℃の部屋はとても寒くて、-20℃が温かく感じるほどでした。普段では体験できない貴重な体験ができ、とてもよかったです。』
◆Voice5
『すごく楽しかったです。シャボン玉で雪の結晶を見る実験など、先生方と“なんでこうなるのか?”一緒に考えて答えることが一番面白かったです。』
◆Voice6
『今回の施設見学で、いろいろなことに興味を持つことができました。特に、原子を一個一個好きなように動かすことができると聞いた時、とても驚き、なぜ動かせるのか、もっと知りたいと思いました。』
◆Voice7
『話を聞いたり、いただいたパンフレット見て、より北大に行きたくなりました。今、目標としているのは、理学部の地球惑星科学科なので、それに向かって頑張っていきたい。やる気がでました!』
◆Voice8
『中谷宇吉郎さんの実験装置を見た時に、なぜウサギの毛になったかを聞きました。「いろいろな毛で試しても成功しなくて、たまたま防寒着についていた毛を使ってやってみたら出来て、それがウサギの毛だった。」と聞いて、実験成功のもとはこんな所から生まれるのかと思いました。』
◆Voice9
『一番、興味を持ったことはシャボン玉液で結晶を作ったことです。感動しました。-50℃の部屋がすごく寒くて貴重な体験でした。説明いただいた研究者の方はすごいと感じました。説明もすごく聞きやすくて、楽しい方々ばかりで良かったです。』
◆Voice10
『研究所の方々が自らの仕事に自信を持ち、楽しんで研究をしていること、「科学者はいつもワクワクしているんだよ。」という言葉が印象的でした。』

海外科学研修活動報告会を実施

 平成25年3月14日(木)のSS基礎の授業で、海外科学研修の活動報告発表会を行いました。
各班員がまとめたレポートを元に、各班の代表がそれぞれの見学先での出来事や学んだことをまとめ発表しました。
ファイル 47-1.jpgファイル 47-2.jpg
 報告の中には、現地で行われた実験の演示などもあり、海外科学研修に参加できなかった生徒や教員と質疑応答を通して、コミュニケーション能力を高める有意義な報告会となりました。

SSH海外研修(ハワイ島 第1日目)

 平成25年1月7日(月)~1月10日(木)、1年SSHクラスの希望生徒31名で海外研修(ハワイ島)に行きました。

研修日程

平成25年1月7日(月)
・ハワイ州立エネルギー研究所「=NELHA(ネルハ)」見学
・Big Island Abalone Corporation (BIAC) の養殖施設 見学
平成25年1月8日(火)
・オネカハカハビーチ(海洋生物学の研修)
・ワイアケア高校と交流
平成25年1月9日(水)
・太平洋津波博物館 見学
・イミロア天文学センター 施設見学
・すばる望遠鏡ハワイ観測所山麓施設 見学
・マウナケア山 マウナケア・ステートパーク(標高2,000m)での天体観測
平成25年1月10日(木)
・ハワイ火山国立公園 見学

ハワイ州立エネルギー研究所「=NELHA(ネルハ)」見学

 平成25年1月7日、最先端の自然エネルギー研究所であるハワイ州立エネルギー研究所「=NELHA(ネルハ)」で、 講師のJane Kelleher氏より自然エネルギーの研究について講義を受けました。
 「NELHA(ネルハ)」は1974年に設立され、エネルギーに利用する研究を主として行っている施設で、海洋深層水の有効利用をはじめ、他の目的に利用する研究と教育を行なっています。海洋深層水はハワイ沖に到着した後、直径1.4m、長さ2000mの巨大なパイプで汲み上げられ、冷水の海洋深層水と表層水の温度差を利用した海洋温度差発電など、多くの研究に利用されている事を学びました。
ファイル 39-1.jpgファイル 39-2.jpg

Big Island Abalone Corporation (BIAC) の養殖施設 見学

 「NELHA(ネルハ)」の近隣にある、Big Island Abalone Corporation (BIAC) の養殖施設を見学しました。Big Island Abalone Corporation (BIAC)は、ハワイ島のコナ・コーストに位置し、コナ・コースト・アバロニのブランドで最高級品質のエゾアワビを養殖しています。
 コナ・コーストは、年間を通じて豊富な太陽光の日射に恵まれ、またミネラル成分豊富な冷水の海洋深層水を利用できることから、アワビの養殖に最適な自然環境が備わっています。
 これらの最適な自然環境を利用し、海洋深層水と表層水を混合することでアワビの飼育に適正な水温を年間通して維持する事を可能にし、アワビの成長を促進しています。アワビの品質の良さから、一流日本料理店、寿司店をはじめ、ハワイを代表する有名レストランのシェフ達から高い評価を受けているとのことです。生徒達は、施設概要及び研究の説明の後、こちらで養殖された美味しいエゾアワビのステーキをいただきました。
 海外研修の初日、海洋温度差発電を始めとした海洋深層水をエネルギーに有効利用する研究や、日本などに出荷されるアワビを養殖している施設見学など、貴重な経験をすることができました。
ファイル 39-3.jpgファイル 39-4.jpg

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>