SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

第9回坊ちゃん科学賞において本校科学部の研究論文が3年連続で受賞

ファイル 237-1.jpgファイル 237-2.jpg
 東京理科大学が主催する「坊ちゃん科学賞」は、理科・数学・情報の授業や科学クラブなどでの自然科学に関する調査、また科学技術、環境・生態保護、災害、省エネ関係、実験器具の開発、及び地域に根ざした研究テーマ等、これらに関する興味と関心、知的探求心などをもって取り組んだ個人・グループでの研究成果を論文にまとめ、発表する研究論文コンテストです。

 今年度は、全国から139点の論文の応募があり、平成29年9月19日(火)、「第9回坊ちゃん科学賞」研究論文の審査が行われました。

 その結果、本校の科学部が応募した物理分野の研究論文2点
「手動Zステージを用いた重力加速度の測定 」(1年5名のグループ)
「ネオジム磁石球間およびネオジム磁石球/鋼球間に働く磁気力と距離の関係 第3報」(2年3名、3年1名のグループ)
がそれぞれ「入賞」および「優良入賞」に選ばれました。

 両グループとも、10月29日(日)、東京理科大学 野田キャンパスで行われる表彰式に招待されることになりました。なお、この論文コンテストでの本校科学部の受賞は、3年連続になります。

 私たちは、この受賞によって科学への興味・関心を益々高めることができました。これからも意欲的に研究に取り組み、その成果を論文にまとめ発表していきます。

「神楽坂サイエンスアカデミー2017研究発表会」で発表

ファイル 236-1.jpgファイル 236-2.jpg
 平成29年9月23日(土)、「神楽坂サイエンスアカデミー2017研究発表会」がIIJグループ本社(東京都千代田区)で開催されました。
 全国から選抜された高校10チームが、6月11日からおよそ3か月間かけてサボニウス型風車風力発電機の製作に取り組んできた研究成果を発表しました。
 本校から2年生4名のチームが、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)札幌支店からテレビ会議システムを使って発表会に参加し、研究成果を発表しました。本校のチームは、受風部分に最先端の素材であるCFRP(炭素繊維強化樹脂複合材料)を使った発電機の製作に挑戦しました。製作した発電機を本校の屋上に設置したところ、3m/s前後の風を受けて羽根が見事に回転し、発電に成功しました。まだ、開発を始めたばかりであり、パワーなど今後改善すべき多くの課題が残されていますが、実用化を目指してこれからも努力を積み重ねていきます。

SSH通信 特集号vol.23

SSH通信 特集号vol.23 ※PDFファイルが開きます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>