SSH
SSH活動のトップへ 施設等見学・研修
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 施設等見学・研修

施設等見学・研修

北海道大学低温科学研究所において研修を実施

ファイル 126-6.jpgファイル 126-5.jpgファイル 126-4.jpgファイル 126-3.jpgファイル 126-2.jpgファイル 126-1.jpg

 平成27年6月16日(火)、北海道大学低温科学研究所の研究室・施設において、1年SSHクラス生徒33名が研修を行いました。この研修は、1941年に北大初の附置研究所として設立された低温科学研究所で最先端の研究に触れ、知的好奇心を喚起することを目的に行いました。
 はじめに、宇宙実験(氷の結晶成長)に用いた微小重力環境による氷結晶生成の小型実験装置が置かれた教室で、古川義純特任教授より特別講義『結晶は生きている』および北海道大学の概要・魅力についての講義を受けました。
 その後、生徒はグループに分かれ、各研究室や-20℃の低温実験室・-50℃の超低温保存室を見学しました。-50℃の超低温保存室では、南極大陸で全長3,000mを超えて掘削された、約70万年前の氷が含まれる「氷床コア(過去に降った雪が固まった氷の柱)」が保管されており、その氷を用いた様々な測定・実験についての説明を受けました。また、雪氷新領域部門・相転移ダイナミクス実験室では、氷の成長過程を分子レベルで捉える原子間力顕微鏡を用いた研究などが行われており、研究員の方々から熱意あふれる研究についての説明をいただきました。
 また、『石鹸膜内での氷の成長実験』を行い、丸い針金の枠に張った石鹸膜を冷蔵庫に入れて冷却し、氷の結晶の成長の様子を観察しました。実験における観察の重要性や実験の進め方などについて説明をいただき、後期(10月~)から始まる課題研究に向けて、研究に対する意欲が高まる有意義な研修となりました。

教員研修を実施

ファイル 123-1.jpg

 平成27年4月28日(火)教員研修を行いました。今回の教員研修では、主にルーブリック評価について研修し、これまでのSSH活動を評価していくことを目的とし実施しました。
 評価尺度や評価観点、評価基準から作成に至るまでの講義を受け、地学演習(グループ発表)を題材に、本校教員によるルーブリック評価の実例、実験室で行う科学実験用のルーブリックなど、さらに深い発展的ルーブリックについて研修を行いました。

フィールドワークⅡ(地学)を実施

 平成26年10月2日(木)、「火山灰の中から歴史を探る」のテーマのもと、2年SSHクラス生徒34名対象にフィールドワークⅡ(地学)を行いました。

実施目的

 本校周辺に存在する支笏火山噴出物および恵庭火山噴出物、樽前火山噴出物の重なりや広がりを観察し、支笏火山の活動史や周辺の地形に与えた影響を学習する。それらを通して、私たちの生活の土台となっている自然や地形にも歴史があることを学ぶ。

1.苫小牧市美沢

ファイル 110-1.jpgファイル 110-2.jpg
ファイル 110-3.jpgファイル 110-4.jpg
・支笏湖降下軽石層及び化石林、支笏湖火砕流堆積物、恵庭降下軽石層の観察。
 ※支笏湖降下軽石層に埋もれた化石林を発見。

2.美々貝塚

ファイル 110-5.jpgファイル 110-6.jpg
・樽前降下軽石層中の縄文遺跡(貝塚)の観察。

3.千歳市埋蔵文化財センター

ファイル 110-7.jpgファイル 110-8.jpg
ファイル 110-9.jpgファイル 110-10.jpg
・高橋センター長より、樽前降下軽石層の間から多くの土器や石器および遺跡や生活跡が発見された説明を受ける。
・千歳市朝日町から出土した全長7mにおよぶ350年前の丸木舟を見学。
・国の重要文化財に指定された「動物形土製品」や「土製仮面」など当時の人々の文化に触れる。

 フィールドワークⅡを通じて、支笏カルデラ・恵庭岳・樽前山から噴出した火山灰や軽石の地層を観察し、火山活動の変遷をたどるとともに、火山灰の中に埋もれた歴史を学びました。そこに暮らした人類(特に北海道の先住民族等)を想像することは、科学を学ぶ者にとって大きな意義があることに気づかされました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>