SSH
SSH活動のトップへ 施設等見学・研修
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 施設等見学・研修

施設等見学・研修

海外科学研修(ハワイ)3日目

平成26年9月23日(火)

ファイル 106-1.jpgファイル 106-2.jpg
ファイル 106-3.jpgファイル 106-4.jpg
 この日のテーマは「天文学」。イミロア天文学センターではプラネタリウムを観覧した後、学芸員からハワイの自然・地形について説明を受けました。国立天文台ではマウナケア山頂にある、すばる望遠鏡の仕組みや研究の成果を学びました。すばる望遠鏡の遠隔コントロールルームの見学もできました。夕方には標高2,800mのオニヅカビジターセンターへ移動し天体観測を行いました。北緯18度のハワイでは北斗七星・カシオペア座が山に隠れており、北海道の見え方とはずいぶん違いました。天の川がくっきり見え、ハワイの大気が澄んでいることを改めて知ることができました。

海外科学研修(ハワイ)2日目

平成26年9月22日(月)

ファイル 105-1.jpgファイル 105-2.jpg
ファイル 105-3.jpgファイル 105-4.jpg
ファイル 105-5.jpgファイル 105-6.jpg
 この日のテーマは「国際交流」。ヒロ高校では高校生によるフラダンスで私たちを歓迎してくれました。本校生徒1人に、日本語授業を選択しているホスト生徒1人をつけてくださり、マンツーマンの英語を体験しました。次に本校生徒が北広島市と札幌日大高校を英語で紹介しました。午後からはハワイ大学に移動し、天文学・ハワイ動植物の在来種・外来種の講義を受けました。講義の後は、これまで行ってきた課題研究の内容を英語で口頭発表しました。英語による質疑応答に苦戦しながらも貴重な意見をもらい、これからの研究によい刺激となりました。

海外科学研修(ハワイ)1日目

 平成26年9月21日(日)~9月26日(金)、テーマを「新エネルギー」「国際交流」「天文学」「火山・地質学」とし、SSHクラスの希望生徒1年生7名、2年生9名、合計16名でハワイ島へ研修に行きました。

平成26年9月21日(日)

ファイル 104-1.jpgファイル 104-2.jpg
ファイル 104-3.jpgファイル 104-4.jpg
 新千歳空港を出発。8時間のフライトの後、ハワイ・ホノルル空港に到着。到着後すぐ、ハワイ島・コナに向けて出発。コナ空港にほど近い、ハワイ州立自然エネルギー研究所を見学しました。この日のテーマは「新エネルギー」。温度差発電のメカニズム、海洋深層水活用の講義を受けました。次にアワビの養殖工場を見学しました。見学後、2日目からの拠点となるハワイ島・東岸、ヒロに向けて移動しました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>