SSH
SSH活動のトップへ 施設等見学・研修
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 施設等見学・研修

施設等見学・研修

サイエンスツアーⅠ

ファイル 134-1.jpgファイル 134-2.jpg 
 1年SSHクラス生徒対象に、物理・化学・生物・地学・数学・情報の各分野における先端研究を学び、1年後期から実施する「課題研究」の研究テーマ設定の参考とすることを目的とし、サイエンスツアーⅠ(洞爺・函館)を行いました。

研修日程

・8月3日(月)洞爺湖有珠山ジオパーク・函館プラネタリウムの会
・8月4日(火)北海道大学水産学部・はこだて未来大学
・8月5日(水)函館国際水産・総合研究センター

洞爺湖有珠山ジオパーク

ファイル 134-3.jpgファイル 134-4.jpg
 有珠山・昭和新山と、その周辺地域でフィールドワークを行いました。洞爺湖有珠山ジオパークは、2000年の有珠山噴火災害からの早期復興に向け、災害にあった施設をそのまま残す火山遺構と現在も噴火を繰り返す土地で災害と共に生きる意識をもつ事を大きなテーマにかかげている施設です。隆起によって住めなくなった家など、噴火によって起きた様々な災害を目の当たりにして、改めて自然のもつエネルギーを感じ取り、いかにして自然を理解し、共生することができるのかということについて考える良い機会となりました。

はこだて未来大学

ファイル 134-5.jpgファイル 134-6.jpg
 本校の卒業生(24期生)の案内で大学内の施設見学を行いました。その後、学部生の方が講師・アシスタントとなってプログラミング実習に取り組みました。実習ではプロセッシングと呼ばれるプログラミングの言語を用いて、イラストや図形を描いたり、作成した図形をプログラムによって動かすなど、大学の講義で行っている実習を体験することができました。自分の作ったプログラムが動くことに感動を覚え、情報科学に触れる良い機会となりました。

北海道大学水産学部

ファイル 134-7.jpgファイル 134-8.jpg
 チョウザメやティラピアをはじめとする魚類の養殖に関する研究施設において説明を受けた後、食品微生物の研究と食の安全性の確保に関する研究、海苔の養殖に関する研究、海流と植物プランクトンなどの分布に関する研究など多岐にわたる研究についての講義を聞くことができました。その後、水産科学館の訪問を行い、海の生物や水産科学についての理解を深めることができ、後期からの課題研究に向け意欲を高める研修となりました。

【課題研究】北海道大学大学院工学研究院へ訪問研修

ファイル 133-1.jpgファイル 133-2.jpgファイル 133-3.jpg
ファイル 133-4.jpgファイル 133-5.jpgファイル 133-6.jpg
 平成27年7月23日(木)、2年SSHクラス生徒対象に、北海道大学大学院工学研究院で訪問研修を実施しました。
 課題研究12班に、北海道大学の大学院生を各班1名配置いただき、大学院生と徹底的に課題研究についてのディスカッション(各班:35分×3回)を行いました。そこでの疑問点の抽出および研究に欠けている部分を発見することができ、今後の課題研究の取組みの充実を図りました。生徒達にとって、とても有意義な時間となりました。

北海道大学低温科学研究所において研修を実施

ファイル 126-6.jpgファイル 126-5.jpgファイル 126-4.jpgファイル 126-3.jpgファイル 126-2.jpgファイル 126-1.jpg

 平成27年6月16日(火)、北海道大学低温科学研究所の研究室・施設において、1年SSHクラス生徒33名が研修を行いました。この研修は、1941年に北大初の附置研究所として設立された低温科学研究所で最先端の研究に触れ、知的好奇心を喚起することを目的に行いました。
 はじめに、宇宙実験(氷の結晶成長)に用いた微小重力環境による氷結晶生成の小型実験装置が置かれた教室で、古川義純特任教授より特別講義『結晶は生きている』および北海道大学の概要・魅力についての講義を受けました。
 その後、生徒はグループに分かれ、各研究室や-20℃の低温実験室・-50℃の超低温保存室を見学しました。-50℃の超低温保存室では、南極大陸で全長3,000mを超えて掘削された、約70万年前の氷が含まれる「氷床コア(過去に降った雪が固まった氷の柱)」が保管されており、その氷を用いた様々な測定・実験についての説明を受けました。また、雪氷新領域部門・相転移ダイナミクス実験室では、氷の成長過程を分子レベルで捉える原子間力顕微鏡を用いた研究などが行われており、研究員の方々から熱意あふれる研究についての説明をいただきました。
 また、『石鹸膜内での氷の成長実験』を行い、丸い針金の枠に張った石鹸膜を冷蔵庫に入れて冷却し、氷の結晶の成長の様子を観察しました。実験における観察の重要性や実験の進め方などについて説明をいただき、後期(10月~)から始まる課題研究に向けて、研究に対する意欲が高まる有意義な研修となりました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>