SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

SSH通信 特集号vol.24

SSH通信 特集号vol.24 ※PDFファイルが開きます。

「第9回 坊ちゃん科学賞 研究論文コンテスト(高校部門)」入賞・優良入賞を果たす

ファイル 245-1.jpg
 平成29年10月29日(日)、東京理科大学 野田キャンパスHome Coming Day会場において、「第9回坊ちゃん科学賞 研究論文コンテスト」表彰式が行われました。表彰式には、「入賞」および「優良入賞」を果たした本校の1年生2名および2年生2名が出席しました。この1年間、SSH活動および科学部の活動を通して課題研究に粘り強く取り組み、その研究成果をまとめた論文が評価されました。また、3年連続で受賞できたことは、大きな自信になりました。受賞した研究はまだ途中の段階であり、最終目標に向かってさらに研究を継続し、得られた成果は論文にまとめていきたいと考えています。
 私たちは研究課題に日頃から取り組み、得られた成果を論文にまとめることの重要性を再認識し、これからも努力を積み重ねていきます。

「第11回中高生による科学教室」で科学部がポスター発表

ファイル 244-1.jpg
 平成29年10月29日(日)、札幌市青少年科学館において、「第11回中高生による科学教室」が開催されました。「中高生による科学教室」は、中学校、高等学校の科学部が日頃研究している内容やその成果、今後の課題などを一般来場者にポスター発表するイベントです。
 本校から科学部員、1年生6名、2年生5名、計11名が参加しました。4件のポスター発表を行い、小さな子供から大人まで一般来場者へ向けて日頃取り組んでいる研究内容を紹介しました。基礎的な研究から応用研究であるスポーツ科学、風力発電まで、生徒がいろいろな課題に幅広く取り組んでいることに、強い関心をもってもらうことができ、とても嬉しく思いました。また、12月10日(日)には、今回と同じ会場でブースを3つ設けて、子供たちとともに実験や工作を楽しむイベント「第4回中高生によるサイエンス広場」に参加します。
 これからもいろいろな研究課題に取り組み、科学の面白さや楽しさを一人でも多くの人に伝えることができるように、努力を積み重ねていきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>