SSH
SSH活動のトップへ 施設等見学・研修
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 施設等見学・研修

施設等見学・研修

さくらサイエンスプラン 新モンゴル高校・高専の生徒と研修を実施

ファイル 158-1.jpgファイル 158-2.jpgファイル 158-3.jpg
ファイル 158-4.jpgファイル 158-5.jpgファイル 158-6.jpg
ファイル 158-7.jpgファイル 158-8.jpgファイル 158-9.jpg
 平成28年1月28日(木)から国際性の育成を観点に、科学技術振興機構(JST)が推進する日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)を活用し研修を実施しています。青少年海外協力協会(JOCA)の協力を受け、『寒冷地における科学技術の取り組みと将来の可能性を探る』をテーマとし、モンゴル国の新モンゴル高校および新モンゴル工業高等専門学校の生徒10名(本校:ホスト生徒13名)を招聘しました。なお、1月28日のプログラムは以下のとおりです。この取り組みは2月3日(水)まで行います。

1月28日(木)のプログラム

○全体会
1.学校長挨拶
2.ガイダンス(研修の日程等説明)
3.札幌日本大学高等学校の紹介
4.スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の説明
5.新モンゴル高校の紹介
6.新モンゴル工業高等専門学校の紹介

○校内ツアー
施設見学など

―昼食(学生食堂)―

○北海道大学低温科学研究所において研修
 北海道大学低温科学研究所に到着後、顕微鏡を用いて雪の結晶を観察しました。また、古川義純特任教授より特別講義『宇宙ステーション「きぼう」で氷を作る実験』および北海道大学の概要・魅力についての講義を受けました。
 講義終了後、古川先生が実際に宇宙での実験(氷の結晶成長)に用いた微小重力環境による氷結晶生成の小型実験装置を見せていただきました。この小型実験装置は、宇宙から持ち帰った貴重な実験装置です。
 その後、グループに別れ、日本に2ヶ所しかない(他には国立極地研究所)-50℃の超低温保存室を見学しました。ここには、南極大陸の氷床から採取された約70万年前の氷が含まれる「氷コア」が保管されており、その氷を用いて様々な測定・実験が行われています。
 1941年に北大初の附置研究所として設立された低温科学研究所で最先端の研究に触れることで、知的好奇心を喚起することができ、科学および研究に対する意欲が高まる有意義な研修となりました。

北海道大学触媒科学研究所を訪問

ファイル 154-1.jpgファイル 154-2.jpgファイル 154-3.jpg
ファイル 154-4.jpgファイル 154-5.jpgファイル 154-6.jpg
ファイル 154-7.jpgファイル 154-8.jpgファイル 154-9.jpg
 平成27年11月5日(木)2年SSHクラスを対象とし、北海道大学触媒科学研究所を訪問しました。はじめに、住宅外壁の汚れを落とす光触媒としても利用されている酸化チタンを用いた実験(光触媒薄膜の作製)を行いました。次に大谷文章教授による光触媒に関する講義を受け、先の実験の理解が深まりました。研究室見学では最新の測定機器に触れ、研究者の日々の活動を目の当たりにしました。2年生にとっては久しぶりの研究機関の訪問でしたが、生徒達は研究員・大学院生に積極的に質問し、最先端のサイエンスの息吹に触れ、自分たちの課題研究を進める上でよい刺激となりました。

研究室見学

1.十面体酸化チタン気相合成装置
2.ガスクロマトグラフ、高圧水銀灯
3.凍結乾燥機
4.X線回折測定装置
5.多波長照射分光器
6.光音響分光測定装置

平成27年度 海外科学研修(アイスランド)4日目

ファイル 152-1.jpgファイル 152-2.jpgファイル 152-3.jpg
ファイル 152-4.jpgファイル 152-5.jpgファイル 152-6.jpg
 平成27年10月25日(日)午前、スコゥガフォス、セリャランスフォス、グトルフォスなど滝・柱状節理の観察を行いました。グトルフォスは「黄金の滝」という意味で、過去にイギリスの企業がこの滝一帯に水力発電所の建設を計画した時、シグリットという名の少女がこの工事に反対し、滝壺に自らの身を投じようとして工事を中止させたという話があるほど綺麗な滝です。
 また、午後よりストロックル間欠泉・シンクベトリル国立公園で研修を行いました。ストロックル間欠泉では、水面が上下運動を始めた後、高さ20mほど温水が吹き上がります。生徒達はアイスランドのダイナミックな自然を体感しつつ間欠泉の仕組みを考察していました。

 シンクベトリル国立公園では、アイスランド大学で地質学について研究している学生に火山や氷河、プレート移動などについて説明していただきました。
 シンクべトリル国立公園は、地殻変動や火山活動の活発な地域であり、地表で数多くのギャウ(地溝)が見られる地域です。アルマンナギャウでは、割れ目の最大幅は約10メートルで、東側が落ち込んでいます。アイスランド大学の観測結果から現在も地殻変動によってアイスランドの大地が動き続けていることが解っています。
 アルマンナギャウの壁面では、アイスランドの大地をつくった溶岩流の断面を観察しました。生徒達は地学の教科書に載っているギャウを実際に観察することで、この地の特異性について理解を深めることができました。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>