SSH
SSH活動のトップへ 施設等見学・研修
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 施設等見学・研修

施設等見学・研修

北海道大学低温科学研究所において研修を実施

ファイル 224-1.jpgファイル 224-2.jpgファイル 224-3.jpg
ファイル 224-4.jpgファイル 224-5.jpgファイル 224-6.jpg
 平成29年6月15日(木)、北海道大学低温科学研究所の研究室・施設において、1年SSH選択生徒38名が研修を行いました。この研修は、1941年に北大初の附置研究所として設立された低温科学研究所で最先端の研究に触れ、知的好奇心を喚起することを目的に行いました。
 はじめに、斎藤研究支援推進員により、南極における観測隊の生活や日本の南極観測基地についての説明を受けました。南極への行き方、観測隊になるためにはなど、興味深い話を聞くことができました。その後、北海道大学古川義純名誉教授による特別講義『結晶は生きている』を受講し、雪・氷の結晶生成のメカニズムと、スペースシャトル内での微小重力環境による氷結晶生成実験について講義を受けました。講義では実際にスペースシャトル内で使われたものと同じ小型実験装置の紹介もあり、生徒たちは興味深く見ていました。
 その後、生徒たちは3グループに分かれ、相転移実験室の見学や-20℃の低温実験室・-50℃の超低温保存室の見学、『石鹸膜内での氷の成長実験』をそれぞれ体験しました。
 相転移実験室では、氷の成長過程を分子レベルで捉える原子間力顕微鏡を用いた研究などが行われており、研究員の方から研究の面白さややりがいなどについて、熱意あふれる説明をいただきました。
 -50℃の超低温保存室では、南極大陸の氷床から採取された約70万年前の氷が含まれる長さ約3,000mの「氷コア」が保管されており、その氷を用いて様々な測定・実験が行われていることを知りました。普段体験することのできない超低温下での説明は生徒たちにとって貴重な経験となりました。
 また、『石鹸膜内での氷の成長実験』では、丸い針金の枠に張った石鹸膜を冷蔵庫に入れて冷却し、氷の結晶の成長の様子を観察しました。結晶が形成されていく過程を目の当たりにして、生徒たちは実験における観察の重要性や実験の進め方などについての重要性を再認識することができました。
 今回の訪問を通じて、後期(10月~)から始まる課題研究に向けて、研究に対する意欲が高まる有意義な研修となりました。

つくばScience Edge 2017 オーラルプレゼンテーションで探究指向賞を受賞

 つくばScience Edgeは、中高生による国際科学アイディアコンテストです。今年度(第7回)は、平成29年3月21日(火)~22日(水)の2日間にわたって、つくば国際会議場(茨城県つくば市)で行なわれました。
 江崎玲於奈博士が審査委員長を務めるオーラルプレゼンテーションで、本校から1年10組の佐藤琉聖君、三戸柚香さんが「磁石球間及び磁石球/鋼球間に働く磁気力と距離の関係(第2報)」を、サテライトプレゼンテーションで牧野楓也君が「入射球が磁石球であるガウス加速器の加速メカニズム(第2報)」を発表しました。さらに、三戸柚香さん、横山貴紀君、佐藤琉聖君、牧野楓也君が「Motion of a spherical neodymium magnet falling through a metal pipe」の研究で英語ポスター発表を行いました。
 審査の結果、「磁石球間及び磁石球/鋼球間に働く磁気力と距離の関係(第2報)」の研究が探究指向賞を受賞しました。実験精度を極限まで追求し、理論的考察をきちんと行った本校の課題研究が、探究指向の観点からすべての発表の中で最も高い評価を得ることができました。先輩達から引き継いできた研究を、今回参加した1年生4人全員が自分達のテーマとして考え、力を合わせて臨んだ結果、全国No.1の受賞につながったと思います。
 一人が複数のテーマを担当し、苦しみながらも入学時から精力的に課題研究に取り組んできました。今回の受賞は、これまでの苦しみを払拭し、私達に大きな自信を与えました。私達の研究がさらに多くの人達に理解してもらえるように、これからも努力を重ねていきます。

           ファイル 216-1.jpg

第13回日本物理学会Jr.セッション(2017) で優秀賞と奨励賞を受賞

 平成29年3月18日(土)、大阪大学豊中キャンパス大阪大学会館において「第13回日本物理学会Jr.セッション(2017)」が開催されました。全国から二次審査を通過した100件のポスター発表が行われました。本校から1年生5名が参加し、5件の発表を行い、優秀賞及び奨励賞を受賞しました。
 1年10組(SS選択者)の佐藤琉聖君と三戸柚香さんが「磁石球間および磁石球/鋼球間に働く磁気力と距離の関係(第2報)」(優秀賞)、横山貴紀君が「電磁誘導による落下速度の制御(第2報)」(奨励賞)、牧野楓也君が「入射球が磁石球であるガウス加速器の加速メカニズム(第2報)」、三科陽大君が「球体/レール間の様々な摩擦係数(第2報)」、三戸柚香さんが「ネオジム磁石と反磁性体間に働く斥力(第1報)」についてそれぞれ発表しました。いずれのテーマも中学で学習する物理分野の内容から出発しており、高校生らしい研究テーマです。まだ始めたばかりの研究や多くの課題が残っている研究もありますが、これまでの研究成果をわかりやすく丁寧に伝えることができました。今回、受賞した二つの研究は、いずれも先輩達から引き継いだものであり、この1年間で着実に進展し、内容も少しレベルアップしました。信頼できる実験データに加え、結果の妥当性を裏付ける理論の構築も行い、研究を進めていく上での基礎が確立しつつあります。
 私たちは、得られた研究成果を中学・高校の物理学へ還元するだけでなく、子供たちや一般の人たちへ普及し、さらに社会貢献へと広げていけるようにこれからも努力を重ねていきます。

ファイル 217-1.jpgファイル 217-2.jpg
ファイル 217-3.jpgファイル 217-4.jpg
ファイル 217-5.jpgファイル 217-6.jpg

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>