SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

重点枠事業

研究開発課題

地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成

目指す生徒像

高度な科学的視点から常識にとらわれずに本質に迫り、新たな価値を創造する人

育てる資質・能力

デザイン的思考力・コラボレーション力・課題解決力

基礎枠事業

研究開発課題

科学的好奇心を醸成し地域特有課題の発見・解決を導き世界に貢献する科学者育成

目指す生徒像

科学的な見方・考え方を身につけ、自分の頭で考え自分の言葉で語れる人

育てる資質・能力

創造力・学びに向かう力・国際性

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

サイエンスツアーⅡを実施

 平成24年8月2日(木)~4日(土)、高校2年生13名がサイエンスツアーⅡへ行きました。

研修日程

ファイル 16-1.jpg
平成24年8月2日(木)
・国立大学法人 北見工業大学
平成24年8月3日(金)
・東京農業大学 オホーツクキャンパス
・旭川市旭山動物園(霊長類の行動観察)
平成24年8月4日(土)
・旭川市旭山動物園(草食動物の行動観察)
・国立大学法人 旭川医科大学

北見工業大学

 亀田教授の指導のもと雪結晶の生成実験を行いました。2種類の金属に電流を通すと熱が移動する「ペルチェ効果」を利用して実験器具の温度を下げ、温度と湿度の関係から雪結晶の形状を観察しました。
ファイル 16-2.jpgファイル 16-3.jpg

東京農業大学 オホーツクキャンパス

 東京農業大学オホーツクキャンパスでタンパク質やDNAの電気泳動実験。電気泳動時間を利用して大学の施設見学をさせてもらい、国内に数台しかない分析機器の説明等を受けました。
ファイル 16-4.jpg

旭川市旭山動物園

 佐賀飼育員から霊長類の行動の違いを聞きました。チンパンジーやオランウータンはニホンザルと比較して肩甲骨が地面と平行についているため腕が上がる=樹上生活ができる、といった生態の違いに生徒達はこれまで以上に動物への興味関心が高まっていました。
ファイル 16-5.jpgファイル 16-6.jpg
 普段見ることの出来ない草食動物の檻のバックヤード(裏側)も見せてもらいました。ここでも種や性別の違いによる行動と飼育方法の違いを生徒達は肌で感じ取っていました。
ファイル 16-7.jpgファイル 16-8.jpg

旭川医科大学

 最終研修場所である旭川医科大学では、船越教授をはじめとする様々な大学の先生・職員さんの協力により、分析機器を実際に体験しながら最先端医療を肌で感じる事が出来ました。
ファイル 16-9.jpgファイル 16-10.jpg

 日々の研究や業務でお忙しい中、生徒たちのためにご協力いただいた方々に心より感謝いたします。

SSH生徒研究発表会に参加

ファイル 11-2.jpgファイル 11-1.jpg

 平成24年8月8日(水)・9日(木)に、パシフィコ横浜にて行われた「SSH生徒研究発表会」に1年生7名が参加しました。

 本校のSSHクラスでは、10月からの後期に課題研究に取り組み、その成果を研究発表していきます。今回の全国SSH校との交流を通じ、自分たちの今後の研究発表に向けて、意欲をさらに高めることが出来ました。

 また、海外参加校によるポスターセッション発表や課題研究の口頭発表、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所所長による「ユビキタス数学、そして数学の夢」の講演など、科学を育む充実した二日間を過ごすことが出来ました。

科学の甲子園 北海道大会に参加

ファイル 10-2.jpgファイル 10-1.jpg

 平成24年8月6日(月)に、北海道札幌西高等学校で開催された「科学の甲子園」北海道大会札幌会場に1年SSHクラスの5名が参加しました。

 「科学の甲子園」は、科学に対する興味・関心を高める目的で、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)が行っているもので、札幌会場では本校を含め4校8チームが参加しました。

 数学・物理・化学・生物・地学・情報に関する筆記試験が一次予選として行われ、全道の各会場(札幌・旭川・室蘭・函館・釧路)の1位チームと、1位チームを除く全道参加の上位7チームが、11月4日(日)北海道札幌啓成高等学校で行われる北海道大会決勝に進むことが出来ます。昨年から行われている「科学の甲子園」に、本校は本年度から参加しており、今後より一層の力をつけ上位入賞を目指していきたいと思います。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>