SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

科学部・SSHクラス生徒で赤毛米の田植えを実施

ファイル 19-4.jpgファイル 19-3.jpgファイル 19-2.jpgファイル 19-1.jpg

 平成24年5月26日(土)、午前9:00から科学部とSSHクラスの生徒で赤毛米の田植えを実施しました。札幌日本大学高等学校近所にある片桐さんの水田の一部をお借りし、北海道米の原点である赤毛種の苗を植えてきました。秋頃に収穫を行う予定です。
*苗は赤毛種を13年にもわたって唯一栽培する住田さんにわけていただいたもので大切に育てたいと考えています。

SSHの取組みと活動内容について

 札幌日本大学高等学校は、平成24年度より5年間文部科学省の指定するスーパーサイエンスハイスクール(以下、SSH)として採択されました。SSHは、平成14年度より実施されている文部科学省による研究指定事業です。
 本校のSSHの取組みとしては、大学・研究機関等と連携の下、先端科学に触れる機会や地域の教育資源を活用して知的好奇心を喚起し、創造性・独創性及び科学的リテラシーを育む教育を推進していきます。また、科学技術イノベーションを支え世界レベルで活躍する人材を育成する教育プログラムを開発し、科学技術者となり得る人材の育成をすることを目指しております。
 現在実施している活動内容として、大学・研究機関の研究室へ最先端の科学技術現場への訪問、外部講師による講演会と出前講座、SS英語では国際性を育むと共にコミュニケーション能力を高め、英語による課題研究の成果発表に役立つよう、グループ毎に英語のみでプレゼンテーション実施、またSS数学では、物理・地学でも応用できる三角関数や、今後習う分野を先駆けて学習しております。
 今後の活動としては、創造性・独創性を育む上で、グローバルな視点をもって解決するための課題研究を実施、発展的なテーマを設定した科学合宿「サイエンスツアー」の実施や科学コンテストへ積極的な参加、また自然環境を学ぶためのフィールドワークを実施していきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>