SSH
SSH活動のトップへ SSHクラス SS基礎特別講義の様子
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

重点枠事業

研究開発課題

地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成

目指す生徒像

高度な科学的視点から常識にとらわれずに本質に迫り、新たな価値を創造する人

育てる資質・能力

デザイン的思考力・コラボレーション力・課題解決力

基礎枠事業

研究開発課題

科学的好奇心を醸成し地域特有課題の発見・解決を導き世界に貢献する科学者育成

目指す生徒像

科学的な見方・考え方を身につけ、自分の頭で考え自分の言葉で語れる人

育てる資質・能力

創造力・学びに向かう力・国際性

学園ホーム高等学校ホーム > SSH

第11回「坊ちゃん科学賞 研究論文コンテストと発表会」で優秀賞を受賞

ファイル 393-1.jpg ファイル 393-2.jpg
 2019年10月27日(日)、東京理科大学神楽坂キャンパスにおいて第11回「坊ちゃん科学賞 研究論文コンテストと発表会」が開催され、SSH・科学部3年9組 宮本悠史 君(代表)が優秀賞5件に選ばれ、共同研究者である3年9組 石黒駿斗 君とともに口頭発表を行いました。受賞論文である「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」について専門の先生方など参加者の前で発表し、質疑応答を行いました。この研究は、7年前に先輩達が始めたネオジム磁石の課題研究を後輩達がこれまで引き継ぎ、深化させてきた努力の結晶といえるものです。宮本君と石黒君はこの3年間、二人三脚で頑張り抜き、研究内容に加え先輩達への思いも込めた素晴らしい発表でした。また、優良入賞を受賞した2年8組 上原昂大 君が研究グループを代表して表彰式に出席しました。
 先輩達から引き継いだネオジム磁石の研究をこれまで粘り強く続けてきて本当に良かったと思います。まだ解決しなければならない課題が幾つか残っていますが、これらの課題は後輩たちが引き継いでいきます。

第3回生物資源科学部長杯「生物研究発表会」に参加

 2019年10月26日(土)神奈川県藤沢市にある日本大学生物資源科学部において、第3回生物資源科学部長杯「生物研究発表会」が行われました。今回は日本大学の付属高校のうち、本校を含め10校が参加しました。本校からは科学部生物班の2名が「部活動別の指の菌について」という研究について発表を行いました。
ファイル 391-1.jpg
 発表後は大学の先生方から多くの質問などが寄せられて、活発な質疑応答が行われました。発表会終了後は、発表会に参加した付属校生と大学の先生方との懇親会が催され、そこで表彰式が行われました。参加した10校とも素晴らしい研究が多かった中で、本校の発表は見事に第1位を獲得し、研究の着眼点のユニークさなどが高く評価されていました。今回の受賞は生物班の研究に大きな励みとなりました。
ファイル 391-2.jpg
ファイル 391-3.jpg

名古屋大学 宇宙地球環境研究所 長濱 先生にご来校いただきました

ファイル 392-1.jpg ファイル 392-2.jpg
 2019年10月24日(木)、名古屋大学 宇宙地球環境研究所 基礎研究部門 准教授 長濱智生 先生が来校されました。SSHでは、地球環境グル―プが4月から「赤外線分光計データを使って、大気中の微量成分の異常変化を捉えてその原因を探る」という研究に取り組むための調査を進めてきました。今回は、この研究を進めていくために必要な基礎知識について、長濱先生から3時間半にわたって詳しく解説していただきました。大気中に存在する微量成分が地球環境に大きな影響を及ぼしていることなど、数多くの興味深い知識を得ることができ、研究意欲をさらに増大させることができました。最後に、名古屋大学の紹介ならびに宇宙地球環境研究所の研究内容等の紹介があり、名古屋大学をはじめ難関大学を目指している生徒9名が参加しました。多岐の分野にわたって多くの研究機関と興味深い最先端研究が行われていることに驚くと同時に、名古屋大学が行っている高いレベルの研究に強い関心を持つことができました。
 今後は、11月上旬、名古屋大学宇宙地球環境研究所「陸別観測所」を訪問し、課題研究で使うFTIR(赤外線フーリエ分光計)が動いているところを見学する予定です。今回、長濱先生がお忙しい中、私たちのために来校されたことで、研究に取り組む姿勢や心構えなど大事なものを何か学んだように思います。これからも一つひとつのことを深く理解し、丁寧に実験準備を進め、粘り強く課題研究に取り組んでいきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>