SSH
SSH活動のトップへ 実験・実習・授業
施設等見学・研修
実験・実習・授業
講義・講演
SSH通信

本校のSSHの目的

大学・研究機関等との連携の下、知的好奇心の喚起及び醸成を図るとともに、科学的な疑問点の解決・実践に結びつけ、また地域特有の課題で世界に通用する科学者としての素養を磨き、かつ創造性・独創性及び科学的リテラシーを身につけ、地域社会及び世界に科学イノベーションで貢献できる人材を育成する教育プログラムの開発をする。

本校のSSHの概要

  1. 知的好奇心の喚起にとどまらず、好奇心解決の実践に結びつけ、さらには学力(三要素)の向上につなげていくプログラムの開発をする。
  2. 地域特有の課題から世界規模の課題に発展させ、世界に広く発信し世界で通用するコミュニケーション力・創造性・独創性及び科学的リテラシーを養成するプログラムの開発をする。
  3. 豊かな人間性や国際性、倫理観の醸成を計画的に取り組むとともに、それらを課題研究や学習に効果的につなげていくプログラムの開発をする。

教科内・外で充実する指導

SS基礎(基礎科学実験、SS数学、SS英語、SS倫理)などのほか、科学者を招聘しての全校科学講演会、日本大学などをはじめとする大学出前授業、フィールドワークやサイエンスツアーなどを通じて、科学者としての知識と心を育成するための取り組みを充実させる。

学園ホーム高等学校ホームSSH > 実験・実習・授業

実験・実習・授業

SSH科学技術人材育成重点枠に選定されました

 SSH指定校は、昨年(令和元年度)212校でした。この中でも、より先進的な取組を行うことが認められた学校には、「重点枠」として従来の「基礎枠」に加えて特別な支援を受けて研究をすることができます。次年度の重点枠として全国で5校選定されましたが、この中に本校も入ることができました。
 本校は「地球規模課題に関わる社会との共創」という重点枠区分の中で「地球規模の課題を独自の連携によって解決に迫り、新たな価値を創造する人材の育成」をテーマにこれまでの研究をさらにパワーアップして進めて参ります。具体的には、研究テーマを、1資源循環 2エネルギー 3健康・医療 4気候変動 5地磁気 6人工知能(AI) の6つに絞り込み、各テーマによって個別の研究機関や専門家と緊密な連携を結び、実践的な研究を行おうとするものです。本校は2年前からこの重点枠の取組を始めており、すでに研究が進んでいます。この指定を機に、なお一層活発に取り組んで北海道から世界に貢献する科学者の育成を目指します。

令和2年度SSH 重点枠を含む概要 ※PDFファイルが開きます。

SSH生徒研究発表会(2年口頭発表)を開催

ファイル 418-9.jpgファイル 418-8.jpgファイル 418-7.jpgファイル 418-6.jpgファイル 418-5.jpgファイル 418-4.jpgファイル 418-3.jpgファイル 418-2.jpgファイル 418-1.jpg

 2020年2年2月1日(土)、2年SSH生徒による生徒研究発表会が行われました。普段から取り組んでいる課題研究の研究成果を発表する機会であり、研究内容の深化およびプレゼンテーション能力等の向上を目的とし実施し、生徒たちの日々の努力が感じられる発表会でした。緊張している生徒・堂々としている生徒など様々な表情が見受けられましたが、今後に活かせる良い経験をしました。
 生徒たちは13件の口頭発表を行い、発表ごとに生徒から多くの質問があり、活発な意見交換の場となりました。その後、大学の先生方より研究について指導・助言をいただき、今後の研究の進め方を見直す機会にもなりました。この発表会を通じて、課題研究に取り組むことにより論理的思考力が確実に身についてきていることを実感できました。
 今後、生徒たちは3年前期まで、科学論文の執筆と研究発表会(英語口頭発表)を実施します。
 発表した研究テーマは以下の通りです。

口頭発表

1  部活動別の指の菌について
2  ケルセチンの抽出について
3  ネオジム磁石を用いた地磁気の測定
4  抵抗率の測定法
5  ゼーベック効果を用いた発電効率
6  ゴムボールの跳ね方
7  天晴れ!すばらしき防音ツール
8  音色と音の物理的性質の関係
9  磁気・磁力と熱の関係
10  豊平川の古流向を調べる
11  ゴマシジミの保護を目指して
12  物体の自由落下について
13  ゼータ関数の臨界領域での挙動の考察

「第12回高校生バイオコン&第13回東工大バイオものコン2020」で作品を発表

ファイル 410-1.jpg ファイル 410-2.jpg
 このコンテストは、東京工業大学生命理工学院が主催し、高大連携による高校生の競創的学習の促進を目的としています。1月25日(土)、東京工業大学すずかけ台キャンパスすずかけホールにおいて開催され、高校生11チーム、大学生7チーム、計18チームが参加しました。本校から「おがフレ」チームが作品「おうちで簡単!森林浴~おがくずから森の香りを~」を発表し、審査員特別賞を受賞しました。今回は、東工大バイオものコンと同時開催となったため、大学生チームの作品内容およびプレゼンテーションを見学することができ、教材開発を進めていく上で非常に参考になりました。また、懇親会にも参加し、他の高校生チームと十分に交流を深めることができました。

 この作品には、種々の香りをすべての人が直感的にイメージできるような表現法の開発、小中学生に「香り」に対する科学的興味をもってもらえるような教材の開発など多くの課題が残されています。このような課題を一つひとつ解決し、小中学生に興味をもってもらえるような教材開発を目指し、これからも努力を積み重ねていきます。

ページの先頭へ

<施設等見学・研修> <実験・実習・授業> <講義・講演> <SSH通信>