学園ホーム中学校・高等学校ホーム > 学校紹介 > 理科教育

理科教育

育てよ、科学するココロ

本校では、「理数離れが目立つ子どもたちに対し、実験・観察などを通じて科学への興味を持たせる」「実験は仮説の実証であり、この繰り返しによって、洞察力や思考力を育てる」という考えのもとに、理科授業を行っています。

単に実験をこなすのではなく、最先端科学とのつながりや実際の活用場面などの知識・情報を提供し、実験目標を明確にすることで、学習意欲、実験内容の理解度を高めていきます

理科実験授業

理科実験の第一の特色は「体験」。

五感をフルに働かせて、自分の体を動かすことによって、子どもたちの科学するココロ=探究心は初めて満足し、本物の思考力が育まれます。

 テキストの丸暗記という受動的な学習ではなく、能動的な「体験」を通じて、謎や不思議を解き明かしていく学びによって、子どもたちの潜在能力は鮮やかに目覚めていきます。

sample第二の特色は「対話」。
 先生が一方的に教えるのではなく、「その場にいるみんなで考える」というスタイルを基本にしています。
 自分で「体験」し、みんなで「対話」する実習だからこそ、いろいろなことがドキドキするほどよくわかる。少し難しくてハードルの高いことも、「体験」と「対話」のバネさえあれば飛び越えていけるのです。

第三の特色は「楽しさ」。
 カリキュラム自体の工夫はもちろん、先生一人ひとりが自分の個性を生かした仕掛けを施し、1回1回の実習で最高のパフォーマンスを発揮しています。

ページの先頭へ