学園ホーム中学校・高等学校ホーム > 学校紹介 > 進路指導

進路指導

未来を描く 描いた未来に挑む

少子高齢化社会の到来、産業・経済の構造的変化、雇用の多様化・流動化など、子どもたちの進路をめぐる環境は大きく変化しています。

一方、若者の勤労観・職業観の未成熟や、社会人としての基本的な能力の不十分さなども社会問題となっています。

大切なのは、大学で何を学び、将来、どのような職業に就くのか——自分自身の未来の生き方(キャリア)について考え、設計図を描く(デザイン)こと。

本校では、中学1年から高校3年までの6年間、生徒一人ひとりを見つめ、夢を分かち合い、描いた未来を実現するための体系的なキャリア教育に取り組んでいます。

ページの先頭へ