学園ホーム中学校・高等学校ホーム > スクールライフ > 高等学校の国際交流

高等学校の国際交流

グローバルな視野を持った国際的な人材を育成

21世紀に入り、「グローバル」という言葉はさまざまな場面で使われています。グローバルな視野を持つためには、海外の文化・言語、そして何よりも人間同士のふれあいが重要であると考えています。

本校では、開校10周年記念事業としてオーストラリアの3校と姉妹校提携し、短期・中期・長期の留学生派遣・受け入れといった交流事業を行っています。また、日本大学の提携校であるイギリス ケンブリッジ大学にて実施される「日本大学付属高校語学研修プログラム」に毎年3名を派遣しています。海外において、異文化に触れ、今の自分を見つめ直すことで、ひとまわり大きくなった自分を感じることができるはずです。

海外留学制度を利用し、のべ290名が貴重な留学体験をしています。

姉妹校
オーストラリア
イラワラ・グラマー・スクール (ウーロンゴン/ニューサウスウェールズ州)
ナサリア・セカンダリー・カレッジ (ナサリア/ビクトリア州)
ヘイルベリー・カレッジ (メルボルン/ビクトリア州)
長期留学

期間は3ヶ月~1年間、姉妹校の生徒として生活します。すでに25名が国際的視野と実践的英語力を身につけて帰ってきました。

短期留学

姉妹校で2~4週間ほどの研修を行っています。毎年多くの生徒が貴重な海外体験をしています。
※このほか、日本大学の提携校ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジでの語学研修(17日間)にも毎年3名の生徒を派遣しています。

留学生の声

アメリカ カリフォルニア州留学

私は高1の夏から高2の夏にかけての1年間、アメリカのカリフォルニア州に留学しました。 留学するに当たっては、戻ってきたときに大学受験の勉強に付いていけるかなどの心配もありましたが、それよりも行ってみたいという思いの方が強かったので、留学試験に挑戦することにしました。

留学の体験を通して、日本とアメリカの違いを少しでも学習することができたので、本当に良かったと思っています。様々な人種の中で学ぶことによって、改めて日本の良さも感じられました。また、日本に戻ってきたときに、祖母たちに「大人になって帰ってきたね」と言われ、自分でもこの体験を通して、内面的に成長できたと感じています。

3年生 山岸 佳奈さん

ページの先頭へ