理事長挨拶

この学園で未来を拓いていこう

本学園の設立は昭和39年にさかのぼり、白老町において学校法人北海道日本大学高等学校(後に北海道桜丘高等学校に校名変更、平成12年4月には北海道佐藤栄学園に経営移管)を開校し、昭和62年4月には新たに札幌日本大学高等学校を開校するとともに、平成2年4月に法人名を札幌日本大学学園に変更し、平成15年4月には札幌日本大学中学校を開校して、現在に至っております。

特に札幌日本大学高等学校設立当時は、私学経営が先行き不透明で、厳しい時代が来ることは予想されておりましたが、日本大学の教育を北海道でも発展させたいとの希望を受け入れて頂いた日本大学及び北海道のご理解とご協力を頂き、長年の悲願でありました札幌圏進出を果たすことができ、今思い起こしても感激の極みであります。

本学園は平成25年で創立50周年を迎えましたが、これまでお世話になりました関係各位に対し、衷心より感謝申し上げますとともに、今後とも皆様の期待に応えられますよう、学園の発展に心血を注いでいく所存でございます。

さて、21世紀に入り、学校教育現場を取り巻く環境は益々厳しさを増してきており、特に少子化、国際化、情報化に対応した教育プログラムの導入及び特色づくりは必至でありますが、当学園といたしましても、建学の精神、教育理念を基にスパイラル学習システム、情報リテラシー教育、理科教育等の充実・強化及び体育・文化クラブの振興等、知力体力の向上はもちろんのこと、規律ある生活の中、社会性・教養の習得、国際交流等を通じて培われます国際感覚の醸成等、「世界に貢献できる人づくり」を主眼に、生徒に対する未来サポートの一助になることを願い、日々の教育活動に取り組んでおります。

ここで学ぶ生徒や保護者の皆さんが「本学園で学んで、また学ばせて本当に良かった」と思って頂けるような学園づくりを目指し、生徒の健全育成に日々邁進してまいりたいと存じますので、今後ともご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

札幌日本大学学園 理事長 浅利 徹

ページの先頭へ