学園ホーム中学校・高等学校ホーム > NEWS&トピックス

NEWS&トピックス

緊急事態宣言を受け、教員の半数がリモートワークとなります。

明日5月16日(日)より北海道にて緊急事態宣言が発令されることになりました。

生徒の皆さんはこれまで以上に感染防止に努めてください。マスクの着用・うがい手洗い・換気の徹底等はもちろんのこと、不要不急の外出をせず、感染予防に努めてください。

緊急事態宣言に伴い、17日(月)以降のオンライン授業については、教員の半数が在宅にて授業をおこなうことになりますのでご了承ください。教職員の安全も考えての対応となります。
なお、接続トラブルなどお困りの際は、ご対応しますので学校までご連絡ください。

リモート学習を行っています

本校では、まん延防止等重点措置が適用される前よりリモート学習に取り組んでいます。教員は昨年度の取り組みを最大限に活かして授業を展開しています。感染予防と学習不安の両方に対して有用な学習システムが構築されています。

ファイル 1403-1.jpg ファイル 1403-2.jpg
ファイル 1403-3.jpg ファイル 1403-4.jpg
ファイル 1403-5.jpg ファイル 1403-6.jpg
ファイル 1403-7.jpg

【中高】 オンライン授業に関するお知らせ

 ゴールデンウィーク中の新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、現在5月7日から14日までの予定でオンライン授業を実施しております。オンライン授業の間も札幌市及び北海道の感染者は急増し、予断を許さない状況は続いております。つきましては、生徒・保護者の安全を第一に考え、オンライン授業を5月22日(土)まで延長いたします。
 学校としては1日も早く通常登校を再開したいと考えております。その後の判断については状況を見て来週の半ばにはお伝えしたいと思います。
 また、中学生に関しましては、オンライン授業が長期にわたっていることから、生徒の心身の状態を考慮し、健康観察や相談対応を行うために各学年1日、以下のような日程で分散登校(2~4時間目)を実施いたします。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため保護者の皆様にはご迷惑とご不便をおかけいたしますが、今後ともご理解とご協力賜りますようお願い申し上げます。

詳細はこちら

【高校部】 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムに8名が選出されました。

 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム「高校生コース」第7期派遣留学生の結果が届き、本校からは8名の生徒が採用されました。
 昨年度の第6期派遣留学生は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止され、海外に夢を膨らませていた生徒にとっては本当に悔しい思いをしました。今回の第7期派遣留学生もコロナ禍により実際にトビタテるかどうかはわかりません。しかし、留学のチャンスを掴んでいなければチャレンジはできません。「いけないかもしれないからやらないのではなく、チャンスを信じてチャレンジする」そんな気持ちで挑戦した今回応募した生徒を誇りに思います。
 「トビタテ!留学JAPAN」は、日本の若者の海外留学への気運を醸成する官民協働の留学促進プログラムで、企業からの寄附により約800名の高校生に返済不要の留学奨学金が給付されます。本校は第2期からこのプログラムに応募を始め、第5期は全国No1の15名が採択されています。
 今回採択された8名の生徒が海外で有益な留学をしてくれることを期待しています。

採用された生徒たちへ
留学決定、おめでとうございます!!
今回の留学を通して、広く国際感覚を身につけ、視座を高める学びと成長の機会となることを願っています。

ファイル 1399-1.jpg ファイル 1399-2.jpg
ファイル 1399-3.jpg ファイル 1399-4.jpg
ファイル 1399-5.jpg ファイル 1399-6.jpg
ファイル 1399-9.jpg ファイル 1399-7.jpg
ファイル 1399-8.jpg

【高校】日本大学基礎学力到達度テストを実施しました

4月21日(高1・高2)、22日(高3)に、全国の日本大学の付属高等学校等で、一斉に「基礎学力到達度テスト」が実施されました。
4月は全学年が、「国語」「英語」「数学」の3教科の実施です。日本大学の付属高等学校から日本大学へ進学する場合には、成績資料として「基礎学力到達度テスト」を使用します。日々の学習の成果が反映される仕組みであり、生徒たちは集中して試験に取り組んでいました。

4月24日の各種行事に関する中止のお知らせ

 新型コロナウイルスに関する4月22日の発表によると北海道の新規感染者153人(うち札幌市126人)となり、変異株による感染者も91人と感染拡大が急激な増加傾向を示しています。この状況を踏まえ、明日(4月24日)の保護者のご来校を中止し、予定しておりました各種行事につきまして、中止又は延期することといたしました。急な変更となり、保護者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、生徒・保護者の安全を第一に考えた決定とご理解いただき、ご協力をよろしくお願いいたします。
 なお、4月24日の各種行事についての今後の対応については、下記の添付ファイルをご確認下さい。
 また、4月24日についてはA週土曜日の通常授業といたします。

「4月24日の各種行事に関する中止のお知らせ」についての文書はこちら

学校業務に関連する会社の皆様へのお願い

 新型コロナウイルスに関する4月22日の発表によると北海道の新規感染者153人(うち札幌市126人)となり、変異株による感染者も91人と感染拡大が急激な増加傾向を示しています。北海道知事は政府に対してまん延防止等特別処置の要請を検討し、4月24日から5月11日まで不要不急の外出自粛を実施する予定です。
 これに伴いまして、本校でも感染をおさえるためにできる限り外部の方の来校を制限していきたいと考えています。本校へご来校の関係者の方につきましては、4月24日から5月11日までのご来校に関しまして、至急を有し電話やメール等で対応できない場合を除き、ご来校をお控えいただきますようお願いいたします。
 生徒の安全を第一に考えた決定とご理解いただき、ご協力をよろしくお願いいたします。

【期間】
4月24日(土)~5月11日(火)

【対象の方】
学校業務に関連する会社の方

【お願い】
至急を有し、電話やメールなどで対応できず、来校しなければならない場合を除き、ご来校をお控え下さい。

【みんなで広げようシトラスリボンプロジェクト】

シトラスリボンプロジェクトとは、コロナ渦で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛県の有志が作ったものです。「ただいま」「おかえり」といいあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。また感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。
コロナ渦であっても、そうでなくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ、その後を見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?
感染が確認された方々、私たちの暮らしを守り、支えてくれる方々(医療従事者、エッセンシャルワーカーのみなさま)がそれぞれの暮らしの場で「ただいま」「おかえり」といいあえるまちでありますように。
このプロジェクトが広まって、たくさんの賛同が得られるとともに、ひとの輪がより深まっていくことを願っています。
一貫ボランティア部では北広島市社会福祉協議会からリボン制作の依頼を受けました。プロジェクトの趣旨を説明していただき部員みんなでリボン制作を行いました。
札幌日大からもこの輪を広げていきます。
4/23(金)北海道新聞の朝刊に活動の様子が掲載されました。
ファイル 1394-5.jpg

ファイル 1394-3.jpg ファイル 1394-1.jpg
ファイル 1394-2.jpg ファイル 1394-4.jpg

【中学部】新入生歓迎会

4月21日(火)、高校体育館にて新入生歓迎会が実施されました。この歓迎会は二部構成で、第一部は生徒会書記局が作成したスライド上映で、『報道ステーション』を題材としたストーリーの中で中学部の先生方の紹介が行われました。在校生や新入生から歓声や笑いが起き、中学部としての連帯感を久々に感じていた様子でした。
第二部は部同好会の紹介でした。それぞれの部、同好会が限られた時間の中で紹介が行われました。スライド発表と実践を交えるなど、例年以上に工夫を凝らした部活動紹介が目立ち、在校生たちが新入生に向けて一生懸命に紹介をしていました。新入生の緊張も解ける一方、日大中学の一員としての自覚が促される歓迎会となりました。

ファイル 1393-1.jpg ファイル 1393-2.jpg ファイル 1393-3.jpg

テレビ放映のお知らせ

本日深夜に放送されるSTV「熱烈!ホットサンド」において
昨年の桜虹祭(高校)の様子が映像で一部紹介されますので
ご案内します。

放映予定時間は25:29~25:57(深夜1:29~1:57)
深夜の放映ですので、録画等での閲覧をお勧めします。

ページ移動
ページの先頭へ