個人情報保護について

学校法人札幌日本学園学園(以下本学園という)は、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に従い、個人情報の取扱いに関するガイドラインを次のとおり定めることにより、個人情報の保護を図るとともに、本学園の教育における円滑な管理運営を行うものとする。

1.個人情報の保護に関する法律その他関係法令の遵守

本学園は、個人情報の保護に関する法律その他関係法令等を遵守し、個人情報を適正に取り扱う。

2.個人情報の定義

このガイドラインに定める個人情報とは、本学園の生徒及び保護者、保証人並びに役員・教職員、本学園の入学志願者等に準ずる者に関する情報で、本学園が業務上取得したもののうち、特定の個人が識別され、または識別され得るものをいう。

3.責 務

  1. 本学園は、個人情報の重要性を認識し、個人情報の取扱いに伴う個人の権利利益及びプライバシーの侵害の防止について、必要な措置を講ずるよう努める。
  2. 本学園の役員・教職員等は、在職中も、退職後も職務上知り得た個人情報を漏らし、または不当な目的のために使用してはならない。

4.個人情報取得の制限

  1. 個人情報は、本学園の教育等諸業務に必要な範囲内で、利用目的を明確化して、公正、適法に取得する。
  2. 思想、信条、信教等の個人情報について、これらの基本的人権を侵害するおそれがある場合は、取得しない。

5.個人情報の利用

  1. 本学園が取得した個人情報は、取得に際して示した利用目的、またはそれと合理的に関連性のある範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用する。
  2. 個人情報を第三者との間で共同利用し、または個人情報の取扱いを第三者に委託する場合は、共同利用の相手方、または当該第三者について、個人情報の適正な利用の実現のための監督を行う。

6.個人情報の第三者への提供

本学園は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ないで、第三者に提供しない。

7.個人情報の適正な管理

本学園は、個人情報の内容の正確性、最新性を保つとともに、個人情報の漏えい、滅失、き損等の防止その他安全管理のために必要な措置を講ずる。

8.個人情報の開示等

本学園は、本人またはその代理人から当該個人情報について、開示、訂正、利用の停止及び消去等を求める請求があった場合には、法令に従い、別に定める個人情報保護管理者において適切に対応する。

9.組織体制

本学園は、個人情報の保護について適法な取扱い、管理(不服申立ての処理を含む)を実施するため、学園情報処理組織図に従い構成する。

本学園の理事長は、必要に応じて情報処理組織に対し、意見することができる。

10.規程等の制定

本学園は、このガイドラインを円滑に実施するため、個人情報保護に関する規程、細則等を別に定めることができる。

11.教育研修等

  1. 本学園は、個人情報の適正な利用、保護を図るため、教職員等に対して必要な教育及び研修を行うものとする。
  2. 本学園は、その主催する活動に参加するボランティア、保護者が個人情報を取り扱うには、その参加者に対しその安全管理のために必要な措置について周知を図るものとする。

12.点検・評価及び見直し

本学園は、個人情報の取扱い、ガイドライン等について、継続的に点検・評価及び見直しを行い改善を図るものとする。

13.施行日

平成16年4月1日から施行する。

 

ページの先頭へ