学園ホーム中学校・高等学校ホーム > NEWS&トピックス

NEWS&トピックス

【高校】 首相官邸・外務省を表敬訪問しました

 1月19日(土)、札幌エルプラザで行われた第33回“北方領土を考える”高校生弁論大会に、高岡菫さん(1年)が出場し、優秀賞・北海道知事賞(第2位)を受賞しました。
 高岡さんは、3月14日(木)に首相官邸に安倍晋三内閣総理大臣を表敬訪問し、懇談する機会を得ました。翌15日には外務省に阿部俊子外務副大臣を表敬訪問しました。高岡さんは、自分の祖父母が道東に住み、幼少の頃から北方領土問題について興味を抱いていたことや、弁論大会で訴えた、元島民の切なる願いである四島への自由な行き来の早期実現に向け、一刻も早く変化を望むことを述べました。政府首脳との懇談という極度の緊張感に包まれる場面で、堂々と自らの意見を述べるなど、対話をすることができたことは、高岡さんにとって貴重な経験となりました。
 本校は、今後もSGHの活動などを通じ、広く北方領土問題への啓蒙活動を行い、地域や世界の課題を主体的に考えて行動することができるリーダーの育成を目指していきます。

ファイル 1129-1.jpg ファイル 1129-2.jpg ファイル 1129-3.jpg

【中学・高校】 第22回ロボットグランプリ スカベンジャー部門 全国大会出場

2019年3月24日(日)、日本機械学会主催の第22回ロボットグランプリ(全国大会)が東京足立区のギャラクシティで実施されました。
 スカベンジャーとは掃除ロボットのことです。オレンジピンポン球を燃やせるごみ、白ピンポン球を燃やせないごみ、角材を牛乳パックなどに見立て7種類のものを1チームで2つのロボットを使って3分間で協力し分別します。
本校からは1月に行われた全道大会一般クラスで優勝した中学3年の大越温斗君と波多野天哉君と山田悠悟君のチームと全道大会ビギナークラスで優勝した中学1年の大久保碧君と辻洸大君のチームが参加しました。
 ビギナークラスは午前中に行われた予選で900点満点中590点で予選敗退となりました。一般クラスは予選免除の本校を含めた3チームと予選を通過した5チームの合計8チームによる決勝トーナメントが午後に行われました。決勝トーナメントでは、1560点満点中585点で敗退となりました。今回は他チームのロボットを見て勉強になることが大変多かったので、来年に生かしていきます。

ファイル 1128-1.jpeg ファイル 1128-2.jpeg ファイル 1128-3.jpeg

【中高】 ボランティア部が東日本大震災復興支援募金の活動をおこないました

 2019年3月11日(月)に、本校ボランティア部の生徒が東日本大震災復興支援募金の活動を行いました。

 2011年3月11日(金)の14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震と、それに伴った発生した津波及びその後の余震によって引き起こされた大規模地震災害から8年が経った今日、大災害を風化させないように、そして復興地支援のために全校生徒が日本赤十字から送られたバッヂを胸につけ黙祷を行いました。

ファイル 1127-1.jpg
ファイル 1127-2.jpg
ファイル 1127-3.jpg

【高校】 第30回札幌日本大学高等学校卒業証書授与式が挙行されました

 2019年3月2日(土)の午前10時より、本校高校校舎体育館にて第30回札幌日本大学高等学校卒業証書授与式が挙行されました。
 多くの来賓、保護者の方々のご臨席のもと、高等学校第30期卒業生432名(中高一貫第11期78名)に卒業証書が授与されました。
 日本大学学長賞、6ヶ年皆勤賞といった高等学校3年間および中高一貫6年間の取り組みに対する各種表彰もおこなわれ、最後は式歌『3月9日』の斉唱で締めくくられました。
 また、その後は場所を移して卒業生と保護者、教職員で卒業祝賀会が保護者会により催されました。祝賀会においては、卒業生一人ひとりからお世話になった担任へお花が渡され、担任から卒業生へ向けて最後のメッセージが送られました。
 一貫校舎の生徒である11期生は6年間通ったこの学舎ともお別れとなります。来月からはそれぞれ新しい生活が始まりますが、札幌日大中学・高等学校の教職員はいつまでも君たちを応援しています。
 11期生の皆さん、卒業おめでとうございます。

ファイル 1126-1.jpg ファイル 1126-2.jpg ファイル 1126-3.jpg ファイル 1126-4.jpg ファイル 1126-5.jpg ファイル 1126-6.jpg

【中3】 研究論文発表会が行われました

 2月22日(金)に中学3年生による研究論文発表会が行われました。
 生徒たちは自分が興味あるテーマについて1年間かけて論文を完成させ、この日はその論文についてのポスターセッションを行いました。交流のある外部の企業、団体の方々に外部審査員としてご参加いただき、緊張感ある中で生徒たちは一生懸命発表を行っていました。
 最後には審査の結果から選ばれた3名が全体向けに発表を行い、そのうちの2名はポスター、発表ともに英語であるなど、とてもレベルが高いものでした。
 この経験は来年度以降のSSHやSGHの活動、大学入試、大学での学習活動、就職活動と、人生のあらゆる場面で役立ってくれるものと思います。札幌日本大学中学校では今後も学年に応じて調べ学習、研究と発表を組み合わせた、生徒たちにとって将来役立つ経験ができる活動を行っていきます。

ファイル 1125-1.jpg ファイル 1125-2.jpg ファイル 1125-3.jpg ファイル 1125-4.jpg ファイル 1125-5.jpg

【中3】 いのちの授業&4分の3成人式が行われました

 2019年2月20日(水)、中学3年生を対象に『いのちの授業』が行われました。
 誕生学アドバイザーである渋谷容子先生を講師としてお招きし、「両親からの愛情や多くの人の支えがあってここまで育ってこられたこと」、「生まれてきたことが嬉しくなると未来が楽しくなること」、「自分のいのちの力ってすごい!」、4分の3成人式を迎えた15歳の自分が今考えるべきことを講演して頂きました。
 授業の最後には,両親からの直筆の手紙と保健室から9年間の成長記録が手渡されました。

ファイル 1124-1.jpg ファイル 1124-2.jpg ファイル 1124-3.jpg

【高1】 オーストラリア研修旅行 10日目

2月13日 天気:晴れ

今日は終日シドニー市内での自主研修を行いました。適度な気温に加えて快晴だったので、絶好の自主研修日和だったと思います。10時までには全ての班がホテルを出発し、門限の19時までには帰館しました。どの班もオーストラリアでの最後の1日を満喫したようで、レストランで大きなステーキを食べたり、両手いっぱいのお土産を買ったりしている班もありました。
長いようで短かった研修旅行もいよいよ終わりを迎え、明日は最終日となります。朝6時20分にホテルを出発し、その後シドニー空港から成田空港を経由して新千歳空港に向かいます。予定通りであれば成田空港には17時、新千歳空港には20時35分に到着し、21時頃の解散を予定しています。

ファイル 1123-1.jpeg ファイル 1123-2.jpeg ファイル 1123-3.jpeg

ファイル 1123-4.jpeg ファイル 1123-5.jpeg ファイル 1123-6.jpeg

【高1】 オーストラリア研修旅行 9日目

2月12日 天気:晴れ

コッカトゥー島で迎えた朝は海風の影響もあってか少し肌寒いものでした。朝5時頃に起きて日の出を見たという生徒も何人かいて、その眺めは素晴らしいものだったそうです。
7時頃からレストランで朝食をとり、その後船が出発する11頃まで自由時間でした。島内を散策してまわったり、日向ぼっこをしたり、おしゃべりをして楽しんだりと、各自くつろいでいました。
シドニー市内に戻ってからは、まず海辺のレストランで昼食をとりました。大きなハンバーガーに苦戦している生徒もたくさんいました。次にミルソンズポイントからオペラハウスやハーバーブリッジを背景に全体写真を撮り、バス移動の後オペラハウス内を見学しました。道中で現地ガイドさんからシドニーについての様々な情報や豆知識を教えてもらい、明日の自主研修に向けての予習にもなったのではないでしょうか。夕食は中華料理で、久し振りに和食(に近いもの)を食べたという生徒も多かったことと思います。
日中の最高気温は37度とオーストラリアに来てから最も厳しい暑さとなりましたが、明日の予想最高気温は24度とのことで、自主研修で動き回るにはちょうど良いくらいの気候かもしれません。実りの多い自主研修にして欲しいと思います。

ファイル 1122-1.jpeg ファイル 1122-2.jpeg ファイル 1122-3.jpeg

ファイル 1122-4.jpeg ファイル 1122-5.jpeg ファイル 1122-6.jpeg

【高1】 オーストラリア研修旅行 8日目

2月11日 天気:晴れ

ホームステイ組は7:45~8:30に各ホストの通う校舎に集合し、メルボルン空港へと向かうバスに順次乗り込んで行きました。ホームステイ中にはメルボルン市内を案内してもらったり、動物園に連れて行ってもらったり、海に連れて行ってもらったりと様々な経験をしたようです。各家庭ごとに行ったことは様々でしたが、どの生徒も大変良くしてもらったようで、ホームステイ中の話をする生徒の表情は皆一様に輝いていました。
10時半過ぎにはメルボルン空港に集合し、ここで全員が久し振りに顔を合わせることとなりました。それぞれ思い出とお土産をたくさん抱えて、メルボルンに別れを告げシドニーへと飛び立ちました。
14時にはシドニー空港へと到着し、その後フェリーターミナルからコッカトゥー島へと移動しました。30度近い気温で日差しも強く、メルボルンとの気候の違いを感じました。メルボルン空港やフェリーターミナルでは自由時間がありましたが、この数日間に日本語をほとんど使わず英語に頼らざるを得ない生活をしたことで、自分の英語力に自信を深め、お店での注文などを実に余裕を持って行っている姿がとても印象的でした。
コッカトゥー島はフェリーで20分くらいのところにあり、数十分で歩いて周ることもできるくらいの大きさの島です。夕食はバーベキューを自分たちで行い、天気も良かったのでキャンプファイヤーもしました。綺麗な星空を見ることもでき、南十字やオリオン座も見つけることができました。日本では経験できない自然の中での生活をすることができたと思います。
明日は、シドニー市内を全員で周ります。最高気温が36度という予報なので、とにかく体調管理には留意して行きたいと思います。

ファイル 1121-1.jpeg ファイル 1121-2.jpeg ファイル 1121-3.jpeg

ファイル 1121-4.jpeg ファイル 1121-5.jpeg ファイル 1121-6.jpeg

ファイル 1121-7.jpeg ファイル 1121-8.jpeg ファイル 1121-9.jpeg

【高1】 オーストラリア研修旅行 7日目

2月10日 天気:晴れ

ファームステイ組は午前10時半にカイントンヘ集合し、メルボルンへ出発しました。ファームステイでは羊や馬、犬などの動物とたくさん触れ合ったり、野生のカンガルーを探しに行ったり、一緒に料理を作ったりしたようです。まるでロッククライミングのような登山をした家庭もあったとのことです。大変充実した4日間だったようで、お世話になったファームの方との別れの際には、感極まって泣いている生徒もいました。
12時くらいにはメルボルンに到着し、その後9つの班に分かれて自主研修を行いました。よく晴れていつつも最高気温は24度と、非常に過ごしやすい気候でした。お土産をたくさん買ったりスイーツをたくさん食べたりと、どの班もメルボルン観光を満喫できたようですが、歩き回って疲れたという表情の生徒も多く見られました。今夜はしっかり休息を取って明日以降に備えて欲しいところです。
ホームステイ組は今日まで各家庭で過ごします。明日は全員がメルボルン空港で合流しそのままシドニーへと飛行機で移動します。

ファイル 1120-1.jpeg ファイル 1120-2.jpeg ファイル 1120-3.jpeg

ファイル 1120-4.jpeg ファイル 1120-5.jpeg ファイル 1120-6.jpeg

ファイル 1120-7.jpeg ファイル 1120-8.jpeg ファイル 1120-9.jpeg

ページの先頭へ