学園ホーム中学校・高等学校ホーム > NEWS&トピックス

NEWS&トピックス

【速報】 2020年度 大学合格情報

2020年度 大学合格入試 速報

東北大学 工学部 機械知能・航空工学科
早稲田大学 商学部
慶應義塾大学 総合政策学部 総合政策学科
慶応義塾大学 環境情報学部
                    など多数

【高校】 NewYork国連本部で開催される高校模擬国連国際大会 出場権獲得!!

 2019年11月16日(土)・17日(日)、東京ビックサイトにおいて第13回全日本模擬国連大会に高校1年生の波多野天哉くん、高校2年生の西村航くんのペア1チームが参加しました。
 全国から有名な高等学校、中高一貫校の生徒が多数参加する中、本校は地域特別賞を受賞、2020年5月にアメリカ合衆国ニューヨーク州国連本部で開催される高校模擬国連国際大会の日本代表団に選ばれ、世界各国の代表者が集まり開催される高校模擬国連の国際大会への出場が決定しました。

ファイル 1218-7.jpg ファイル 1218-8.jpg

第13回全日本模擬国連大会結果

 模擬国連大会とは、全国から第1次選考を通過した80チーム(2人1組)が集まり、それぞれのチームが各国の代表として、与えられたテーマについて自国の利益と国際調和をはかり、政策を打ち立て、他国との交渉を通して会議の合意を決議という形で採択することを目指します。模擬国連大会は世界各国、様々な地域で開催されている大会です。
 全国から多数の高校が第1次選考に応募する中、今年は86チームが選ばれ、全国大会に出場しました。86チームは43チームずつ会議Aと会議Bに分かれ、模擬国連を行います。今年の全国大会の課題「死刑モラトリアム」をテーマに各チームが各国の大使となり、自国の利益と国際調和をはかり政策を出し合い、交渉しました。
 本校はアメリカ代表となり、全国大会が決定した10月1日から1ケ月半もの間、各国の死刑モラトリアムに関する現状や問題点、進行中の政策や各国との関係などを調べながら、じっくりと時間をかけて、政策を考え大会に臨みました。当日は、見解の相違がどうしても大きくなってしまう死刑制度の問題の中、議場の流れを読み、粘り強く交渉を重ねて、15カ国を集め決議案を作成することに中心的な役割を演じました。その交渉力と発信力が高く評価され、高校模擬国連国際大会への切符を手にしました。
 国際大会では、世界各国の代表者との交渉や協働を通して、グローバルな視点や交渉術を身につけ、将来の大きな糧になることを期待しています。

ファイル 1218-1.jpg ファイル 1218-2.jpg ファイル 1218-3.jpg

ファイル 1218-4.jpg ファイル 1218-5.jpg ファイル 1218-6.jpg

【入試】2019年度出願相談会が行われました。

2019年11月23日(土)に、中学校入試の出願相談会が行われ、全体会・個別相談含めて100名近くの保護者・児童に参加いただきました。
全体会では今回の入試プレテストにおける4教科入試方式の結果、総合学力試験方式の結果分析が説明され、それぞれの入試形式における合格点に届くために必要な学習方法についての具体的な説明を行い、個別相談では、担当者と保護者・児童が各科目の答案を見ながら、残り一か月半の学習方法について具体的なアドバイスをしました。保護者・受験生共に本校への入学の意識を強く持たれていました。
残り期間は特に健康にご留意していただき、多くの方に受験していただけることをお待ちしております。

教員及び非常勤講師募集のお知らせ

教員及び非常勤講師を募集いたします。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

【保護者】中高一貫保護者会セミナーが実施されました

 11月16日(土)に令和元年中高一貫保護者会セミナーが開催されました。講師として、札幌市立大学名誉教授でいらっしゃる城間祥之先生に来ていただき、「子供の学力と保護者の関係」というテーマで講演をしていただきました。
 学力向上のために有効な生活の規律や考え方についての話に保護者の皆さんも興味深く聞き入っていました。
 セミナー後は、5Fのレセプションホールにてプチランチ会が開かれ、多くの保護者・先生が参加し、それぞれに生徒や学校、進路の事について情報交換をしていました。

ファイル 1216-1.jpg

【中学】いのちの授業

2019年11月14日
中学校1年生を対象に「いのちの授業」が実施されました。命の大切さや他者を思いやる心、動物への優しさなどを育むことを目的に行われている毎年恒例の特別授業です。
今年は、北海道盲導犬協会から講師の福見さんとロン君をお招きし、映像や歩行体験などを交えながら、視覚障害者の生活の大変さや、盲導犬の仕事について学びました。生徒たちにとっては、盲導犬や視覚障害者への理解を深める貴重な経験となりました。

ファイル 1215-1.jpg ファイル 1215-2.jpg ファイル 1215-3.jpg
ファイル 1215-4.jpg ファイル 1215-5.jpg ファイル 1215-6.jpg

ボランティア部が「ミーナ募金」を行いました

11月13日(水)ミーナ募金を行いました。
「ミーナ募金」とは視覚障害があるかたのパートナーである盲導犬育成のための募金活動です。文面を間違えた年賀状や官製はがき、未使用の切手の募集も同時に集め、北海道盲導犬協会での通信費と活用されます。

ご協力ありがとうございました。

ファイル 1214-1.jpg ファイル 1214-2.jpg ファイル 1214-3.jpg

11月15日(金)本日の登校について

本日は通常授業です。

天候が悪い地域もありますので、
十分注意して登校するようにしてください。
また交通機関に大幅な影響がある際には、
学校HP・メール配信でお知らせしますので
配信確認をしてください。

【SSH】『EUがあなたの学校にやってくる』講演会 が実施されました。

11月7日(木)、マルチン・トムチョ駐日チェコ共和国大使をお招きし、『EUがあなたの学校にやってくる』講演会が催されました。 EUの成り立ちから、その理念と現状、またチェコと北海道の関わりに至るまで、詳しく話してくださいました。 今、話題となっているイギリスのEU離脱にまつわる問題についても触れられており、最新の国際情勢を材料に、生徒たちに現在の世界について考えるヒントをいただきました。 2時間近くの講演は、知的好奇心を刺激される内容で、生徒は真剣に聞き入り、質疑応答では積極的に質問をしていました。生徒の質問一つ一つに対して丁寧に答えるトムチョ大使の姿がとても印象的でした。 たいへん有意義な講演会となりました。

ファイル 1212-1.jpg ファイル 1212-2.jpg ファイル 1212-3.jpg

【SGH】 WORLD TSUNAMI AWARENESS DAY 2019(国際連合本部)に参加

 2019年11月5日、津波防災への意識向上のため「世界津波の日」の啓発活動として、米国ニューヨーク国際連合本部において、「WORLD TSUNAMI AWARENESS DAY 2019 High-level event on disaster risk reduction」が開催され、本校高校1年生 桐越 航くんが参加しました。桐越君は2019年9月10・11日に行われた「『世界津波の日』高校生サミットin北海道」で議長も務めています。イベントでは、『世界津波の日』高校生サミットの報告や話し合いの内容をまとめた「イランカラプテ宣言」をパネルディスカッションで発表し、世代間対話セッションにも参加しました。

ファイル 1211-1.jpg

ページ移動
ページの先頭へ