学園ホーム高等学校ホーム > スクールライフ > クラブ一覧 > クラブ紹介(テニス部)

クラブ紹介

テニス部

主将からの一言

私たちテニス部は、全道大会出場を目標に毎日練習に励んでいます。練習場所は本校のクレーコートで悪天候の際には隣接した中学校の体育館などで活動しています。

毎年数回行う遠征では練習試合などを通じてテニスの技術面だけでなくチームとしての規律や生活態度も学んでいます。こうした恵まれた環境を活かし、チームの団結をより高めて、男子は全国ベスト8、女子はベスト4を目指しています。

顧問からの一言

文字通りゼロからのスタートで24年が経ちました。何とか北海道で優勝できるチームにまでは成長しましたが、これからが大変です。思えば、「北海道で1番になる」という途方もない夢を見たことが、今につながったのでしょう。

次は全国、そう簡単にはいきませんが、夢を見なければ扉は開かれません。ただし、勝負は時の運。テニスコートは「今の自分」を表現するために用意された最高のステージ。

夢に向かってチャレンジすることが大切です。

活動内容

平日の活動は放課後の3時間。サーブやストロークなど基本技術の反復練習とトレーニングが主な内容です。休日の練習はシングルスとダブルスの戦術を中心に専属コーチによるレッスンが2時間、マッチ練習2時間が基本となります。

冬期間は、週3~4回のオンコート(体育館1面)練習に加え、週2回のトレーニングをグループまたはレベル別に行うことにより、雪国の厳しい環境の中でも十分な時間の確保と質の向上に努めています。

全道優勝と全国大会での上位進出が部の目標ですが、日常の生活は、部の方針でもあるCode of Conduct(行動の規範)によって支えられています。

(1) 時間を守ること
(2) 大きな声で返事をすること
(3) 元気よくあいさつをすること
(4) 身だしなみを正すこと
(5) 感謝の気持ちを忘れないこと

テニスを通して「体」を鍛え、「心」と「技」を磨きましょう。

クラブ一覧に戻る
ページの先頭へ