学園ホーム高等学校ホーム > NEWS&トピックス

NEWS&トピックス

【SSH】「坊ちゃん科学賞 研究論文コンテストと発表会」で優秀賞を受賞

【サッカー部】高円宮杯JFA U-18サッカープリンス2019北海道プレーオフ

ファイル 1239-1.jpg ファイル 1239-2.jpg
10月26日(土曜日)に高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北海道プレーオフが行われました。結果は、札幌日大高校0対1帯広北高校で敗退。残念ながら3年生は引退となりますが、新チームで来季目標達成します。沢山の応援有難うございました。

北海道日本ハムファイターズから指名を受けた片岡奨人君が学校挨拶

ファイル 1237-1.jpeg
 2019年10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議において、北海道日本ハムファイターズから7位で指名された、本校27期卒業生の片岡奨人君(東日本国際大学 外野手)が学校挨拶に訪れました。校長先生との面談では、今後のプロ野球生活の中での決意と覚悟を述べていました。

イオン1%クラブ主催 日中高校生アンバサダー事業

ファイル 1236-7.jpgファイル 1236-6.jpgファイル 1236-5.jpgファイル 1236-4.jpgファイル 1236-3.jpgファイル 1236-2.jpgファイル 1236-1.jpg

 イオン1%クラブ主催の日中高校生アンバサダー事業に今年も参加しました。
 10名の生徒が、7月の東京プログラムに続き、北京・武漢で10月14日(月)から21日(月)まで小大使として活動に取り組みました。
 北京では北京市政府、北京市外事弁を表敬訪問しました。歴史文化体験では、万里の長城を見学し、「環境と経済発展」をテーマとした今回の取り組みの中で、北京排水集団という水処理の工場を見学しました。
 武漢では、今回の交流校となった武漢市第六中学(高校)での授業体験(運動会)に参加し、その後週末を2泊3日のペアの生徒の家庭にホームステイしました。フェアウェルパーティーのパフォーマンスでは書道を披露しました。
「百花繚乱~咲き誇れ日中友好の花~」
描かれた作品を前に記念撮影しました。

 ペアの生徒間で深まった交流は今度も続いていくと思います。貴重な経験を糧に今後も交流を続けてほしいと思います。
 12月に予定されている映像報告会では、今回のプログラムのダイジェスト映像を紹介する予定です。参加保護者の皆様は楽しみにお待ちください。 

地区別学校説明会を行いました

ファイル 1235-1.jpg ファイル 1235-2.jpg ファイル 1235-3.jpg
 10月20日(日)、ちえりあにて地区別学校説明会を開催いたしました。
 本説明会は、西区・手稲区・中央区・北区などの中学生および保護者を中心に、気軽に参加して頂けるよう比較的アクセスがしやすい場所で例年行っています。また、生徒によるSSHの説明を行うなど通常の学校説明会とはやや趣向を替え、本校の魅力をアットホームな雰囲気でお伝えする機会となりました。
 ご多忙の中、多くの方にご参加頂きましてありがとうございました。

【陸上部】男子第5位・女子準優勝 北海道高等学校駅伝競走大会

ファイル 1234-1.jpeg

 10月18日(金)、北見市において北海道高等学校駅伝競走大会が行われました。
 本校は男女それぞれが出場し、一年間の練習の成果を発揮し、男子は第5位、女子は準優勝という結果を収めました。
 詳細結果は以下の通りです。

男子

第5位
1区 堀野 愛斗君(2年)
2区 菅原 広希君(1年)
3区 坂井 大和君(2年)
4区 枡田 樹君(2年)
5区 阿部 太陽君(1年)
6区 加藤 悠君(1年)
7区 小林 蒼弥君(2年)

女子

準優勝
1区 二階堂 夏心さん(3年)
2区 大畑 実桜里さん(3年)
3区 野戸 愛織さん(3年)
4区 佐々木 冴佳さん(2年)
5区 井出 宥菜さん(2年)

2019年プロ野球ドラフト会議、本校卒業生の片岡奨人君が指名されました

 2019年10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議において、本校27期卒業生の片岡奨人君(東日本国際大学 外野手)が北海道日本ハムファイターズから7位で指名されました。走攻守3拍子揃った選手で東日本国際大学では主将も務めていました。プロ野球という厳しい世界での活躍を期待するとともに、温かい応援よろしくお願い致します。

2020年度帰国生入学試験(海外入試)シンガポール・ジャカルタ・本校会場について

〇シンガポール会場

【入学試験日】2019年10月19日(土)
SMU(Singapore Management University)
81 Victoria Street, Singapore 188065
TEL +65-6828-0100

〇ジャカルタ会場

【入学試験日】2019年10月21日(月)
ジャカルタ日本人学校
Jl. Titihan Raya, Bintaro Jaya Sektor 9,Parigi Pondok Aren, Tangerang Selatan INDONESIA 15227
TEL +62-21-745-4130

〇本校会場

【入学試験日】2019年10月19日(土)
札幌日本大学高等学校
〒061-1103
北海道北広島市虹ヶ丘5丁目7番地1
TEL:011-375-2611(学校代表)

詳しくは、以下より帰国生入学試験(海外入試)募集要項をダウンロードしてください。

帰国生入学試験(海外入試)募集要項 ※PDFファイルが開きます。

多数の受験をお待ちしています。

出願手続きに必要な各種書式は、以下よりダウンロードしてください。

※PDFファイルが開きます。

1.受験票・入学願書・受験料納入証明書
2.個人調査票
※海外の全日制日本人学校の様式でも可
3.志願者身上書

【訂正】「お天気フィラー」(天気情報番組)放映について

 令和元年10月から12月までの3か月間、本校の学校紹介シーン(本校校舎全景、授業風景やクラブ活動など)及び日本大学各学部のイメージ映像が、「お天気フィラー」(天気情報番組)において放映されていますが、以下の②に訂正(番組名)がありました。

○CMについて  ①札幌テレビ(STV)「STV天気予報」
         ②テレビ北海道(TVh)「TVhお天気情報」

○放送期間    令和元年10月~令和元年12月までの3か月間
          ①毎週水曜日20:54~21:00の間
          「笑ってこらえて」の後 
          ②毎週日曜日 21:54~22:00の間
          「日曜ビッグバラエティ」の後
          ※特別番組等で放送時間が変更になる場合がございます。

【野球部】準優勝 第72回秋季北海道高等学校野球大会

ファイル 1228-1.jpg ファイル 1228-2.jpg ファイル 1228-3.jpg
ファイル 1228-4.jpg ファイル 1228-5.jpg ファイル 1228-6.jpg
 10月13日(日)、円山球場にて第72回秋季北海道高等学校野球大会の決勝が行われ、白樺学園高校と対戦しました。
 本校は行事の一環として全校応援を行い、吹奏楽部の演奏とともに全校生徒が一丸となって声援を送りました。大接戦の中惜しくも敗戦となってしまいましたが、準優勝という結果を収めることができました。
 試合結果は以下の通りです。
 
札幌日大高校 8-12 白樺学園高校

【サッカー部】第98回全国高校サッカー選手権大会北海道大会

ファイル 1229-1.jpg ファイル 1229-2.jpg
 10月12日(土曜日)より、第98回全国高校サッカー線選手権大会北海道大会が、芦別なまこ山グラウンド等で行われました。
 結果は、下記の通りです。沢山の応援有難うございました。

1回戦 札幌日大高校 2対0 白樺学園高校
2回戦 札幌日大高校 2対3 東海大学札幌高校
ファイル 1229-3.jpg

【科学部】第58回全道高等学校理科研究発表大会

 2019年10月12日(土)および13日(日)の2日間にわたって、第58回全道高等学校理科研究発表大会が北海道小樽潮陵高等学校で開催されました。今年度の大会は、参加生徒数554名、参加校61校、研究発表78件、およびポスター発表117件(審査79件、オープン38件)でした。
 本校から科学部1年生14名、2年生13名の計27名が参加し、研究発表5件、ポスター発表11件(審査部門5件、オープン部門6件)を行いました。今年度も道内最多の参加者および発表件数で臨みました。発表テーマおよび結果は、以下の通りです。

[口頭発表3件]
物理部門 ネオジム磁石を用いた非磁性金属の抵抗率測定法 第3報 [総合賞]
化学部門 ケルセチンの抽出の効率化と実用化 [奨励賞]
地学部門 ネオジム磁石を用いた地磁気の測定 第2報 [総合賞]

[ポスター発表審査部門5件]
歩幅と歩行速度の関係 第2報 [ポスター賞]
フーリエ変換を用いた倍音成分の比較による音色解析手法の研究 [ポスター賞]
太陽高度と太陽光RGB値の関係 [ポスター賞]
部活動別の指の菌について [ポスター賞]
ゴマシジミの保護を目指して [ポスター賞]

[ポスター発表オープン部門6件]
街路樹のRGB値測定による気象調査
ネオジム磁石による地磁気の測定
地球を覆う光の膜 大気光
放射性廃棄物の最終処分
メタン発酵消化液の活用法
人工知能による画像認識

 今年度も多くの発表が表彰されました。来年度も、新規テーマを開拓するとともに、継続テーマがさらに深化するように努力を積み重ねていきます。

ファイル 1226-1.jpgファイル 1226-2.jpgファイル 1226-3.jpg

ページの先頭へ