学園ホーム高等学校ホーム > NEWS&トピックス

NEWS&トピックス

【SSH】アジアサイエンスキャンプ2018に参加

【SSH】「ポスター発表賞」受賞 平成30年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会

ファイル 1013-1.jpg
 2018年8月8日(水)~9日(木)、神戸国際展示場(兵庫県神戸市)において、平成30年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会が開催されました。今年度の大会には、国内SSH参加校208校、海外招へい参加校11校の高校が参加しました。本校を代表してSSH選択者3年生2名、2年生1名が大会に参加し、これまで取り組んできた課題研究について発表し、「ポスター発表賞」を受賞しました。受賞は昨年度の「奨励賞」に続き、3年連続となります。
 課題研究発表や科学を通じての交流など今後もSSH活動が続きますが、初心を忘れることなく努力を積み重ねていってほしいと願っています。

【陸上部】健闘 第71回全国高等学校陸上競技大会(インターハイ)

 8月2日(木)~6日(月)、三重県伊勢市において第71回全国高等学校陸上競技大会が行われ、本校からは3名の生徒が出場しました。いずれも予選敗退ではありましたが、体感したことのない暑さの中で自己記録を更新するなど、練習の成果を発揮しました。
 出場生徒は以下の通りです。

男子
1500m
杉本 龍陽 君(3年)
小林 蒼弥 君(1年)
3000m障害
杉本 龍陽 君(3年)

女子
1500m
二階堂 夏心 さん(2年)

【SSH・科学部】「優秀賞」受賞 第42回全国高等学校総合文化祭2018信州総文祭

ファイル 1011-1.jpg ファイル 1011-2.jpg ファイル 1011-3.jpg
 8月7日(火)~8月9日(木)の3日間にわたって開催された第42回全国高等学校総合文化祭2018信州総文祭自然科学部門において、横山貴紀君(3年)が「金属パイプ内を落下するネオジム磁石球の速度(第三報)」の発表を行い、物理部門優秀賞(全国二位)を受賞しました。横山君はSSH活動および科学部の活動で粘り強く実験や研究を行い、3年間の集大成として研究発表を行い、見事優秀賞を受賞することが出来ました。これからは、大学に進学し、大学生として研究を行い将来、世界に貢献できる研究者として活躍して欲しいと思います。

【剣道部】女子団体初優勝 第33回桜門旗争奪高校剣道大会

ファイル 1010-1.jpg ファイル 1010-2.jpg
 8月14日(火)神奈川市とどろきアリーナにおいて、第33回全国桜門旗争奪剣道大会が行われました。この大会は関東の高校を中心に東海・近畿・四国・九州地区からも参加校があり、男子99校、女子66校が出場しました。男子団体は3回戦敗退という結果でしたが、女子団体は決勝で岩瀬日大高校を下し優勝しました。初優勝になります。

【剣道部】女子団体、個人ベスト8 第65回全国高等学校剣道大会(インターハイ)

ファイル 1009-1.jpg ファイル 1009-2.jpg ファイル 1009-3.jpg
 8月9日(木)~12日(日)三重県営サンアリーナにおいて第65回全国高等学校剣道大会(インターハイ)が開催され、本校からは男女団体戦と男女個人戦に出場しました。男子団体は1勝1敗の本数差で惜しくも予選リーグ敗退。女子団体は予選リーグ、決勝トーナメント1試合目を順調に勝ち上がり準々決勝まで進みましたが、青森県東奥義塾高校に2対3で惜しくも敗退でベスト8という結果でした。個人戦では男子で濱田公佑君(2年)がベスト16、女子で濱田裕佳さん(3年)がベスト8という結果で、濱田裕佳さん(3年)は優秀選手にも選ばれました。
 大会結果は以下の通りです。

男子団体

<予選リーグ>
札幌日大 3-1 小禄(沖縄)
札幌日大 0-4 甲府商業(山梨)

女子団体

<予選リーグ>
札幌日大 3-2 済美(愛媛)
札幌日大 5-0 安房(千葉)
<決勝トーナメント1回戦>
札幌日大 3-0 五泉(新潟)
<準々決勝>
札幌日大 2-3 東奥義塾(青森) ベスト8

男子個人

濱田 公佑  ベスト16
藤島 稜明  1回戦敗退

女子個人

濱田 裕佳  ベスト8
※優秀選手10名の中に見事選ばれました。

【柔道部】全国高校総体(インターハイ)女子個人戦63kg級・78kg級出場

ファイル 1008-1.jpg ファイル 1008-2.jpg ファイル 1008-3.jpg
 8月12日(日)三重県津市サオリーナにおいて、全国高等学校総合体育大会柔道競技(インターハイ)が開催されました。女子個人戦63kg級に原口茜さん(3年)と、78kg級に福士明里さん(3年)が出場致しました。
 結果は以下の通りです。

 63kg級
 原口 茜  1回戦敗退
 78kg級
 福士 明里 2回戦敗退

テレビ放送のお知らせ

本校が過去3年間参加している日中高校生小大使事業を
主催しているイオン1%クラブが2週に分けて紹介されます。

本校生徒の活動の様子、過去3年間の活動の様子が紹介されますので
是非ご覧ください。

 日時:8月12日(日)6:30~6:45 前編 
    8月19日(日)6:30~6:45 後編

 放送局:HBC北海道放送

 番組名:北のビジネス最前線
  http://www.hbc.co.jp/tv/info/biz/index.html

【放送局】全国大会で3部門とも準決勝出場

ファイル 1006-1.jpg
 7月23日(月)~26日(木)、東京で第65回NHK杯全国高校放送コンテストが行われ、放送局は朗読部門、ラジオドキュメント部門、創作ラジオドラマ部門で参加しました。3部門ともすべて準々決勝を通過し、準決勝まで進出することができました。くわしい結果は以下のとおりです。

<朗読部門>
杉原 葵衣 さん(3年) 夏目漱石作 「夢十夜」 (準決勝出場・入選)

<ラジオドキュメント部門>
「微力だけど無力じゃない」 責任者 中村 綜太 君 (3年) (準決勝出場・入選)

<創作ラジオドラマ部門>
「私が決めた、この道を」 責任者 野田 梨佳子 さん (3年) (準決勝出場・制作奨励)

【放送局】学習院大学朗読会

ファイル 1005-1.jpg ファイル 1005-2.jpg
 作家・辻邦生の命日を記念して、7月27日(金)、学習院大学史料館で「朗読 声でつむぐ辻文学 背教者ユリアヌス」が行われ、本校放送局の生徒1名と卒業生(放送局OB・OG )3名が辻の代表作「背教者ユリアヌス」を朗読しました。大勢の辻ファンが集まり、熱心に耳を傾けていました。

【SSH】Global Link Singapore 2018のOralおよび Poster Sessionで発表

ファイル 1002-1.jpg
 2018年3月21日(火)~22日(水)の2日間にわたって開催されたつくばScience Edge 2018で探究指向賞を受賞した結果、Global Link Singapore (GLS) 2018への招待権を獲得し、7月22日(日)に行われたOral Sessionで3年生1名が研究発表、質疑応答を行いました。

 また、Poster Sessionでは、本校からScience Categoryに2年生1名、3年生1名が発表し、質疑応答を行いました。海外から参加した生徒達と課題研究だけでなく、文化交流会等を通じて英語で楽しく交流することができました。

 GLS2018の会場である国立シンガポール大学(National University of Singapore) や北海道大学より敷地面積が広い南洋理工大学(Nanyang Technological University)といったアジアを代表する2つの大学を訪問し、アジア最先端の研究施設を見学しました。また、シンガポールの象徴的存在であるMerlion、壮大な植物園Gardens by the Bay、国立シンガポール大学などが設けたインキュベーション施設Blk 71、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)の研究施設が創りだした発明品等を展示する体験型施設Fusion Worldなどを訪れ、アジア№1の勢いを体感しました。

 生徒の研究内容が海外の人達に少しでも多く理解してもらえるように、また英語を公用語とするアジアトップレベルの高校生達と英語で対等に議論できるように、これからも粘り強く努力を積み重ねていってほしいと思います。

【SSH】東北大学探究型「科学者の卵 養成講座」に合格

 今年4月からスタートしたスポーツ科学分野の課題研究で、東北大学が実施する「グローバルサイエンスキャンパス」事業である『探求型「科学者の卵養成講座」』(学校推薦枠)に応募し、2年SSH生徒が見事合格を果たしました。

 「グローバルサイエンスキャンパス」は、大学が、将来グローバルに活躍しうる傑出した科学技術人材を育成することを目的として、JSTの支援により大学等が、地域で卓越した意欲・能力を有する高校生等を募集・選抜し、国際的な活動を含む高度で体系的な、理数教育プログラムの開発・実施等を行う事業です。

 東北大学探究型「科学者の卵 養成講座」(学校推薦枠)は、各高校等で実施している研究課題を持ったグループ(3名まで、単名可)を対象とし、研究内容について大学教員や大学生・大学院生からサポートを受け、より高い研究レベルへと指導されるプログラムになっています。また、ほぼ毎月1回、主に土曜日に開催される東北大学で行う講座や最先端科学の講義や英語での交流活動などに参加し、あわせて研究指導も実施され、優秀な生徒は海外研修、国内、国際会議への参加の支援を受けることができます。

 現在進めている課題研究が、学会発表できるような高い研究レベルへと発展するように幅広く多くのことを学びながら、これまで以上に粘り強く努力を積み重ねていってほしいと思います。

【SSH】3年生徒研究発表会(英語口頭発表)を実施しました

ファイル 1001-1.jpgファイル 1001-2.jpgファイル 1001-3.jpg
 7月21日(土)、SSH活動3年間の課題研究活動のまとめである英語口頭発表会が行われました。この発表会は、1年生の後期から取り組んできた課題研究について、英語でプレゼンテーションするというものです。この発表会のために、3年生は英語教諭の指導・助言を得ながら研究内容について発表スライドを作成するなど多くの準備をしてきました。また、当日に備えて発表練習を何度も行いました。その成果もあり、当日は13班すべてが発表と質疑応答を立派に終えることができました。
 発表会の最後には生徒代表挨拶として10組の横山君が、3年間の課題研究活動を振り返りながら、発表に関わった方々にお礼を述べ素晴らしい発表会になりました。
 また、発表テーマは以下の13テーマとなります。

1. Influence by talking about the hands that will be presented first with a janken
2. Autonomous control of vechicle type robot
3. Strategy to win in Othello
~To find the best movement of all the movements~
4. Making of a scavenger robot
5. Material experiment of mortar
6. How to extract caffeine
7. Design the Rain-gauge by Sound of rain
8. Nopporo Hill under Sapporo Nichidai High School building
~Discuss palaeoenvironment by pollen analyzing~
9. The effect of the depth of water on the motion of fluid.
~The westerly wave model experiment~
10. The phenomenon of worker ants laying eggs
11. Relationship between Meteorological Elements and the RGB Value of the Sun
12. The relationship between Magnetic Force and Distance
13. Motion of a Spherical Neodymium Magnet Falling through a Metal Pipe

【野球部】第100回全国高等学校野球選手権記念大会南・北海道大会準決勝

ファイル 999-1.jpg ファイル 999-2.jpg ファイル 999-3.jpg
ファイル 999-4.jpg ファイル 999-5.jpg ファイル 999-6.jpg
 7月21日(土)、第100回全国高等学校野球選手権記念大会南・北海道大会の準決勝が行われ、本校は北照高校と対戦し、惜しくも敗退しました。
 試合結果は以下の通りです。

準決勝 札幌日大  2 - 6 北照

ページの先頭へ